負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

音楽の話

2017年5月16日のNHK「うたコン」をみた

更新日:

先週の「うたコン」の感想記事にも書いたとおり→2017年5月9日のNHK「うたコン」をみた

ソプラノデュオ、山田姉妹のデビューアルバムを買いました。


amazon.co.jp あなた~よみがえる青春のメロディー

全編、昭和の名曲のカバーで、伴奏はピアノとギターだけ。

ひたすら透き通った美しいハーモニーを聴かせてくれます。

とっても素晴らしかったし、もっと売れてしかるべきだと思うんですけど、

私にはそのあまりの「無菌」な感じが心地よすぎて、気がつくと聴きながしてしまってました。

真面目すぎて、曲によっては気持ちいいBGMにしかならない感じ(それが悪いとは言わない)。

聴き終わると毒々しいデスメタルがむしょうに聴きたくなります。

それはともかく、清廉潔白な歌声に癒されたい方はぜひ買うべき作品でしょう。

 

で、今回の「うたコン」は、「大切なあなたへ 心に響く愛の言葉と名曲を」。

出演予定者は、相川七瀬,市川由紀乃,亀と山P,伍代夏子,純烈,島津亜矢,竹島宏,はなわ,杜このみ。

スポンサードリンク

純烈がやっと「うたコン」で持ち歌を披露

今回の曲目は以下の通りでした。

「愛のさざなみ」・・・・・市川由紀乃

「ひとり酒」・・・・・・・伍代夏子

「黒い花びら」・・・・・・竹島宏&純烈

「恋心」・・・・・・・・・相川七瀬

「秋桜」・・・・・・・・・杜このみ

「時には母のない子のように」・・島津亜矢

「お義父さん」・・・・・・はなわ

「はぐれ花」・・・・・・・市川由紀乃

「愛でしばりたい」・・・・純烈

「背中越しのチャンス」・・亀と山P

 

女優の国仲涼子が手紙の朗読で出演。お産でしばらくお休みしていたようで

ひさしぶりにみましたが、子持ちになっても美人ですね。

で、出演回数は多いのにいつもカバーや賑やかしを

やらされて?いた、「スーパー銭湯アイドル」純烈が、やっと「うたコン」で持ち歌をやりましたね。

これまで純烈にはひとことも触れなかったけれど

純烈(前は6人でしたが、ひとりは卒業しちゃったようです)について、

これまでまったく言及しなかったのですが、これは

「なんだかよくわからないグループ」と思っていたし、

持ち歌をやってくれないのでなんとも感想を言いようがなかったから。

 

私自身がいままで純烈をみていて持った印象を言うと、

年齢的にはもうオッサン(結成10年目ということなので、当初は若かったかもしれないが)

で、踊りにはシャープさはあまり感じられない。

イケメンといえばイケメンでしょうが、若くてカワイイというわけではないので、

それだけではやっていけないでしょ、、という気も。

歌に関しては、上手いんだけど強烈に印象に残る個性的な歌声、っていうのがない・・

というところでしょうか。

 

で、今回歌った「愛でしばりたい」は、

ライヴではシンガロングで非常に盛り上がりそうな曲で、

なかなかよかったのではないでしょうか。

アイアイアイ~というサビも印象的ですぐ覚えられる。

 

まあ、こういう曲もあってもいいと思うんですけど、

個人的には、踊らなくていいから正統派の、

ぶ厚くカッコいいコーラスを聴かせる

ムード歌謡グループになってほしいな、と。

ライヴではいいかもしれないが、激しく踊るとどうしても歌はお留守になるし。

 

さきほど、歌は個性的でない、と言いましたけど、

白川裕二郎(今回リードヴォーカルをやってた人)は、

しっとりした哀しげな曲を歌うとものすごく甘美な声。

楽しい曲はたま~にでいいから、哀愁のムード歌謡をどんどんやってほしい。


amazon.co.jp 純烈の健康センターで逢いましょう♪ [DVD]

トリにアイドル系をもってくる作戦は成功しているみたい

これまでは、「歌謡コンサート」時代も含めて、

最後は演歌系の大御所・・というのが決まりみたいになってましたが、

最近は若者に支持される歌手をトリに持ってきてますね。

 

人気者を番組途中に入れるとそこで若い視聴者が離脱しちゃうからなんでしょう。

最後にすれば、ザッピングしながらでもいちおうはみてくれる、というのが狙いか。

今回は、亀と山Pがそれだったわけで、

ツイッターで「うたコン」を検索してみたらそればっかりになってました。

これは演歌系歌手ではありえないことで、視聴率の向上に貢献していることは間違いない。

そういう意味では成功しているのでしょう。

 

まあ、トリが誰だろうとどうでもいいのですが、

アイドル系は曲自体はたいしたことない曲であることが多いので、

私はなんとなく、番組自体が盛り下がって終わる、みたいな印象をもってしまいます。

やっぱり最後はドラマティックな曲でバーンと盛り上がって終わってほしい。

亀と山Pの曲は特に悪くはなかったけれど、曲としては盛り上がりに欠ける感じ。

 

それはともかく、

杜このみの「秋桜」はなかなかよかったし、

島津亜矢の「時には母のない子のように」も、カルメン・マキのバージョンとは

違った感じの哀しみをたたえていてよかったし、

全体的には満足できる内容でした。

市川由紀乃の新曲はちょっと印象が薄かったかな。

それではまた来週。

スポンサードリンク

おすすめ記事:

 

-音楽の話
-, , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.