2017年9月26日のNHK「うたコン」をみた

      2017/09/27

ついに衆議院は解散ですね。

安倍首相は「国難突破解散」とか言ってますけど、解散自体はこの状況を打開するためという

側面においては全然関係ないですよね。

「今こそ、衆院選で対北朝鮮対応について国民の信を得て、そのうえで国際社会にも同調を呼びかけていきたい」

と言ってるけれど、いまだに拉致被害者も取り戻せず無策なくせに

どの面で「北朝鮮対応について信を得る」などとぬかせるのか。

 

つまり、解散はいまやったほうが都合がいい、というだけでは。

要は自分に都合のいいことをやりたいときに

ちょうど北朝鮮という、敵視すれば自分の正しさが演出できる絶対悪があったので、

それを自分の正当性を強化するのに使っただけでは。

北朝鮮が暴れてくれれば、「国難突破増税」「国難突破憲法改正」とか

なんでも正当化できるし、そのあいだに森友や加計などの自分への疑惑は

国民が忘れてくれるし、「森友や加計どころじゃないだろ」という流れになる。

まさに金正恩さまさまって感じでは。これはトランプさんもそうでしょうね。

こういう詭弁にだまされてはいけません。

 

で、今回のNHK「うたコン」は、「平尾昌晃メロディー 永遠に」。

出演予定者は、相川七瀬,アグネス・チャン,五木ひろし,岩崎宏美,小柳ルミ子,椎名佐千子,中条きよし,NOBU,畑中葉子,ミッキー・カーチス,森山愛子。

地味なキャスト構成ですね。

スポンサードリンク

今回の曲目は以下の通りでした。

「よこはま・たそがれ」~「夜空」・・五木ひろし

「瀬戸の花嫁」・・・・・・・・・・・小柳ルミ子

「草原の輝き」・・・・・・・・・・・アグネス・チャン

「愛するってこわい」・・・・・・・・森山愛子&椎名佐千子

「グッド・バイ・マイ・ラブ」・・・・相川七瀬

「うそ」・・・・・・・・・・・・・・中条きよし

「恋の片道切符」・・・・・・・・・・ミッキー・カーチス

「カナダからの手紙」・・・・・畑中葉子&平尾昌晃(声のみ)

「絆」・・・・・・・・・・・・・・・岩崎宏美

「いま、太陽に向かって咲く花」・・・NOBU

「わすれ宿」・・・・・・・・・・・・五木ひろし

 

7月に亡くなった作曲家、平尾昌晃氏の作品の特集。

選曲は無難というか、ほとんど予想通りでしたね。

追悼特集ですから変わったことをする必要は全然ないので、よかったんじゃないでしょうか。

でも、内容にはちょっと不満もあり。

関連記事→作曲家の平尾昌晃氏が死去

歌えなくなったオリジナル歌手は呼ばなくていいのでは

平尾氏を追悼するテーマですから、

実際に平尾氏から薫陶をうけた本人が出演することには意味があるとは思いますけど、

小柳ルミ子もアグネス・チャンもはっきりいって歌唱はかなり不安定で、

これなら森山や椎名に歌わせたほうがよかったのでは・・・という感じでした。

いま充実している森山と椎名がふたりで1曲だけだったのは残念。

 

相川七瀬がアン・ルイスの「グッド・バイ・マイ・ラブ」というのも驚きました。

えッ?と思った次の瞬間、ああやっぱり・・という違和感。

こういうミスマッチが魅力になることもあるんでしょうけど、これは合わないな~と。

もっと時代をくだったころのアン・ルイスの曲なら相川が合うと思いますが・・残念。

 

しかし、一生結婚しないという小柳ルミ子に平尾氏が

「なら歌の中でお嫁さんにしてあげよう」と「瀬戸の花嫁」を書いた、

という話は知りませんでした。

並みの作曲家なら「結婚や恋愛をしなきゃあ男女の愛は歌えん」とかいうところでしょう。

超一流の作曲家は言うことが違いますね。

あのイントロから「うそ」という流れは・・・

平尾氏が音楽を担当した「必殺仕掛人」のテーマ

「荒野の果てに」の、あまりにも有名なトランペットのイントロが流れ、

オっ!?まさかあの曲をを中条きよしが歌うの!?とびっくりしてたら、

そのあとに続いたのはいつもの「うそ」。

 

「必殺」に出ていた中条が歌うからあのトランペットを入れたんでしょうけど・・

この流れをやりたかったんならふつうに誰かに「荒野の果てに」を歌わせてほしかった。

 

「必殺」シリーズの楽曲の大部分を平尾氏が担当したのは有名な話ですね。

サウンドトラックとかを聴くとその才能の凄さを思い知ることができます。


amazon.co.jp 必殺仕掛人

 

ミッキー・カーチスはカッコよかったし、

畑中葉子は頑張っていましたが、

全体にはちょっとパッとしない内容だったと感じます。

次週に期待します。

スポンサードリンク

おすすめ記事:

 

 - 音楽の話 , , ,