2018年12月のパチンコ・パチスロ収支

      2019/01/04

2019年が明けました。

あけましておめでとうございます。

読者の皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

・・・とご挨拶したところで、

昨年についての反省をはやく終わらせてしまわなくてはなりません。

まずは12月の月間収支について。

長いトンネルをようやく抜け出した・・・かな?

ここしばらく、なにを打っても全然結果の出ない状況が続いていて、

2018年11月のパチンコ・パチスロ収支・・・この苦境を楽しめるくらいの器の大きさがほしい。

2018年10月のパチンコ・パチスロ収支:またまた負けの大波が到来!

そろそろこのトンネルを抜け出したい・・・といった

焦燥感をもちつつ12月をむかえました。

 

序盤5日間ほどは凱旋やハーデスでヒドイ展開を喰らいまくり、

パチンコ「綱取物語 横綱7戦全力」で60回ハマリを喰らったりとか、

まだまだトンネルが終わらないなあ・・・と絶望的な気分でいたところ、

「大海物語ブラックLIGHT」で大甘釘台をつかんで3万発ほど出た日があり、

そこからは怒涛の反撃となりました。

収支 プラス 388,749円(2018年累計 プラス 2,751,605円

稼働時間 233.5時間(移動などもすべて込み) 時給 1665円

パチスロ差枚数 プラス 11,713枚

パチンコ差玉数 プラス 66,113個

 

数字としてはそんなにたいしたことないけど、

ようやく普通に引けてそこそこの収支になって

とりあえず飢え死にせずに済んでホッとしました。

まだ全然安心できませんけどね。

海物語が救ってくれた

パチンコは海物語シリーズが大活躍してくれました。

「大海物語ブラックLIGHT」の甘釘台で数日間粘って全部でプラス 39,797個。

「スーパー海物語in JAPAN 金富士Ver.」でプラス 17,468個など。

大海ブラックで甘釘をつかんでふつうに引けてくれたことで

「落ち着いていつもどおりきちんと打てば大丈夫」

という自信を取り戻すことができ、

焦りを排除して静かな気持ちで稼働することができました。

さらに月の中盤には「冬のソナタ Remember」の甘釘台で3日間ほど粘りプラス 20,603個。

 

残念だったのは年末にものすごく回る「清流物語3」で4日間頑張ったのに壮絶な下振れを喰らって結局全然プラスにならなかったことかな。

1000円当たり26~28回くらいの回転力で、右はちょっと削られていたけどこれだけ回れば・・・といったところで粘ってみたのです。

しかし初日、2日目で3200回転くらい回したのに初当たりが5回(大当り確率1/229)で全部単発

という嫌がらせを喰らってマイナス約25000発となり、

3日目にはようやく普通に連チャンしてプラス21,551個を獲得したものの

4日目はチョイ負けで終わって結局4日間トータルではマイナス 4,301個で終わり。

この清流物語で収支を上乗せしたかったなあ・・・。

↑なつきはカワイイけど、通常時の煽りがウザい

(なぜ、海物語という手本があるのにそれを踏襲しないのか。チャンス目2連続で煽っといてリーチもなしとかバカなの?)のと、

イライラ必至のV-ST方式である点が残念。

この手の台はどうせ年配客しか打たないんだから、わかりやすいふつうの確変ループタイプにするべきだ。

パチスロもそこそこ引けた

「ミリオンゴッド凱旋」は15回の天井狙いでプラス 3,498枚。

これは1回だけ、天井到達から1セット目にアメグレが流れ、

すぐに赤7を引いて4回揃ったりして23連まで伸びてプラス 5,442枚というのがあっただけ。

ほかには見せ場はなかったです。

でも月に1回でもそういうのが引ければ

収支的にもメンタル的にも全然違いますね。

 

「アナザーゴッドハーデス」は17台でマイナス 1,508枚。

こっちは激ショボ展開連発でした。

確定役もけっこう引いたのに。

年末打ち納めとなった日には

オスイチで全回転ハーデスを引いて20ゲームも継続したのに1回も揃わず・・とか、

もう1台打ったらヘルゾーン中に紫7を引いて1回も揃わず・・・とか、

ヒキがいいんだか悪いんだかわからない、どうにもシマらない展開を喰らいました。

↑5号機パチスロ屈指のカッコいい演出。一足早いお年玉をもらえるか・・・と期待したら裏切られました。確定役は「なんか引け!」と願っているうちは引けませんね。今回もよそ見して打ってたら画面が割れてました。我欲を忘れ無心で打つのがGODで勝つ秘訣?

 

今月はほかの台でもけっこういい結果が出ました。

サンダーVリボルトで1日打ち切ってプラス 3,531枚。

これは「今日あたり高設定が来る!」という予想がバッチリ的中。

こういう勝ち方は気持ちいいけれど、そんなことは稀であって、

ここで「店のクセを読めば高設定がつかめる」とか調子に乗るのはただのアホです。

これだってほんとに高設定だったかどうかは結局わからないわけだし。

 

近所のホールの月一旧イベントデーで「黄門ちゃま喝」を狙ってプラス 4,226枚。

これもかなり高設定クサい挙動だったうえに

「運命の分かれ道」(印籠チャンス2回でした)と

ロングフリーズ(全部裏挑戦、4回家康降臨で746のせ)・・など

幸運に恵まれました。

 

さらに「獣王 王者の覚醒」を再導入したホールの新台入替の日、

80ゲームくらい回されただけでほったらかしになっていた台を打ったら

すぐにREG、これがREG連ポイント満タンだったようで全ナビの獣狩りとなり、

そこからのビーストチャンスが「覚醒ラッシュ」。

370くらいのせてさらにまた覚醒ラッシュ引いて340くらいのせ、

ボーナスはあまり引けなかったもののプラス約4,000枚で終了。

 

この台のリセット恩恵は実はかなりオイシイんですけど微妙といえば微妙なので

意識してない人も多く、

あさイチリセット濃厚なのにけっこうハマってる台が拾えたりとかするので、

この台がシマで設置されてたりするようなら絶対に無視できませんね。

↑「覚醒RUSH」のイケイケ感はなかなかのものがあります。今回は2回とも「70%」で終わっちゃうという悔しい展開に。

 

しかしけっこう打ち込んでいるにもかかわらず、

いまだに「象ボーナス」が引けてないということは、

結局のところいつも低設定ばっかり打たされているということなんでしょうね

(設定1→1/32768、設定5→1/21845、設定6→1/16384)。

 

そういうわけで、幸運にも恵まれ

12月はようやくそこそこの収支をおさめることができました。

とりあえず一息つけてよかった。

次の記事で、全体的な年間の稼働と収支について反省を書いていきます。

2018年パチンコ・パチスロ年間収支まとめ

おすすめ記事:

 - パチ・スロ収支 , , , , , , , , , , , , ,