負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

大相撲

大相撲初場所は中止するべきだったんじゃないのか

投稿日:

もはや「相撲」というワードを

見ると嫌悪感しかおぼえないくらい、

大相撲はまさに「死に体」な状況

(関係者はそう思ってないんでしょうね。そこからしてもう異常)

になっていますね。

で、大相撲初場所がまもなく始まりますが、

恒例となっている天皇陛下の観戦「天覧相撲」を

日本相撲協会が「辞退」したというニュースが。

天覧相撲を協会辞退、宮内庁「両陛下も残念に」

いまの相撲には、忙しい両陛下がわざわざ観に行くほどの価値はない

報道によれば、

昨年10月に相撲協会が宮内庁を通じて天皇陛下を招待していたが、

「暴力問題に加えて、新たな不祥事を起こしてしまったことから、今週初め、1月場所の行幸啓をご辞退申し上げたいとお伝えしました。誠に申し訳なく、おわび申し上げます」

とのことで天覧を辞退すると協会は発表。

初場所を天皇陛下がご覧になることはできなくなりました。

 

そういえば愛子さまが幼いころ、琴光喜が好き、って言ってましたね。

天皇皇后両陛下も相撲がお好きだという話なので、

観られなくなって残念、と考えていらっしゃるでしょうか。

こうなっては「行きたい」と思っていても絶対に行けなくなってしまうのが

皇室にうまれた人たちの宿命ですね。

 

まあ、日本一忙しいお年寄りかもしれない両陛下がわざわざ時間を割いて、

ゴミみたいな八百長相撲やK1のような打撃相撲を

観に行くことはないと思うので、それはそれでいいんですけど、

私は相撲協会の姿勢に

「えっ?ちょっとおかしくないか?それは誠実な対応と言えるのか?」と感じました。

「両陛下にみせられない」と思っているのなら・・・

普通に解釈するなら、

不祥事が続いているから

「恥ずかしくてお招きできない」

と思って「ご辞退申し上げ」た、わけですよね。

 

いやいやいやおかしいでしょ。

まず、

天皇陛下にみせられない、と思っているようなものを、

客からは普通にカネをとってみせるんですか?

こういう違和感を感じるのは私だけでしょうか。

不祥事を恥じてこんなことを言ってるのなら、

客からカネを普通にとるのはおかしいわけで

初場所の開催を断念することを考えるべきだったんじゃないのか。

 

それに、不祥事を起こした横綱は引退しちゃっていないんだし、

男色&酒乱行事・式守伊之助も休場させてしまえば、

とりあえず不祥事にかかわった人間は土俵上にはいないんだから、

ほかの一生懸命やっている力士の相撲を

みていただくことには不都合は別にないのでは。

 

あ、でもだめか。

暴行事件に関わった2横綱が出場するし、

とくに片方は

両陛下にお見せするにはあまりにも恥ずかしい相撲・土俵態度しか

できないんですからね。

天皇陛下がみているまえで万が一負けて

土俵下で手を挙げてダダをこねだしたら

それこそたいへんな失礼になっちゃう。

カッコをつけるために両陛下を利用しただけでは

実際のところどうなのかはもちろんわかりませんが、

私はこのニュースを聞いて、

相撲協会は「反省しています。問題意識をもってきちんとやっています」

というポーズをとるために「天覧相撲辞退」をしたんじゃないか、

と勘ぐってしまいました。

 

普通に天覧相撲をやったら、

「反省していない」とか批判されることを予想したんでしょう。

要はポーズをとるために両陛下を利用しただけじゃないのか。

これはものすごく不誠実な対応ではないでしょうか。

「両陛下がいらっしゃる。恥ずかしくないガチ相撲を死ぬ気でみせろ」と全力士のケツを叩くのが正解だろ

だいたい、自分で招いたものを勝手に「辞退」するとか、

そっちのほうがよっぽど失礼な話じゃないんですかね。

どこが「相撲は礼に始まり礼に終わる」なのか。

「辞退」は理事長が辞任してからいうべきことでは。

 

相撲協会の幹部に誠実さがあるのなら、

いったんお招きしたものを断るんじゃなくて、

「こんな恥ずかしい事態になっていて申し訳ございません」

と腹を切る覚悟で謝罪したうえで、

両陛下に(もちろん客にも)観てもらっても恥ずかしくない、

「土俵外での不祥事はありましたが力士はこんなに必死でがんばっています!」

と堂々と言える相撲をみせればいいじゃないか。

そのために全力士のケツを叩くのが協会のやるべきことでは。

 

某大横綱は

批判されている張り手を

「癖なんで」みたいな見苦しい言い訳をしていましたが、

こういう恥ずかしい相撲しかとれない力士を指導するのも

協会幹部の役割のはず。

だいたい、張り手を注意されて「これは癖なんで」という

小学生並みの言い訳を横綱がしちゃうということに驚愕しますね。

あれが「癖」なんであればまさに「心技体」が完成されてないということで

横綱の資格などないでしょう。

 

それと、

不祥事続きで両陛下をお迎えできない、というのなら、

もう公益財団法人の資格もとりあげるべきでしょう。

「伝統」を守る気などない人たちが運営しているうえに、

(関連記事→横綱審議委員会は白鵬にこそ引退勧告するべきだった

相撲をやっているアマチュアや子どもたちに対して

悪影響しか及ぼさないブラック横綱が第一人者として君臨している状況で

教育にも悪い。

これでいったいどのへんが「公益」なのか。

彼らが考えているのは自分の利益だけでしょう。

 

この初場所が閑古鳥になり、

相撲協会が本格的な死を迎えてくれることを切に祈りつつ、

成り行きに注目したいです。

おすすめ記事:

-大相撲
-, , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.