2019年3月のパチンコ・パチスロ収支

   

「平成」にかわる新しい元号が「令和」(れいわ)と発表されましたね。

アクセントは「わ」?「れ」?

「令」っていいつけるとか命じるっていう意味で、

日本は自公政権の「令」によって「和」(おさまる。ととのう。)をなす国になる・・・っていう意味か?さすがはテング内閣だな・・・

というひねくれた見方をしたのは私だけでしょうかね。

しかしいちおう「令」には「よい、立派な」っていう意味もあるんですね。もしくは人を敬ってつける言葉。「令嬢」とか。

ラ行は滑舌の悪い人だと言いにくいのではという気も。

 

まあ、どんな元号にせよ国民は受け入れるしかないわけですが、

識者に候補を決めてもらったにしろ結局最終的に決定する権限をもつのは内閣、

っていうのが個人的にはとっても嫌でしたね。

天皇皇后両陛下のような圧倒的に高邁な精神とすぐれた教養をもつ人たちが

「これ」と決めて示したのならば私も「さすがだ・・・」と受け入れたと思うんですけど、

このウソツキ・ゴマカシ・ニヤニヤ・ヘラヘラ・低モラル内閣が決めたんじゃあ・・・

どんなご立派な談話を出そうとも白々しいだけ。

歴史的な重みは全然感じられませんね。

この内閣のときに改元をむかえたのは歴史的に不幸な出来事といえるでしょう。

 

どちらにしろ、社会の底辺でうごめく私のようなクズ人間には関わりない話。

いつもどおり底辺で1か月間もがいた結果は・・・

 またまたヒドイ収支に

2月は後半から収支が急降下、→2019年2月のパチンコ・パチスロ収支

その流れがそのまま続くような感じでスタート。

中盤で昇ったものの終盤にひたすらヒドイ展開を喰らいまくって降下、月末に大勝して盛り返すも

収支は結局約トントン。1か月を費やしてトントンということはつまり負けと同じですね。

収支 プラス 5,765円(2019年累計 プラス 831,891円

稼働時間 231.5時間(移動などもすべて込み) 時給 25円

パチスロ差枚数 プラス 7,531枚

パチンコ差玉数 マイナス 31,851個

 

終盤の大失速は後述するようにパチンコで徹底的に下振れ展開を喰らったため。

パチスロはまあまあの数字になったものの、

幸運な大爆発が何度かあったのにこの程度ということは結局はあんまりいい台が打ててなかったということかも。

パチスロでは思いがけない大量出玉に救われる

パチスロでは、聖闘士星矢海王覚醒Specialで

高設定台をつかんだのが2回あった→日常の稼働日記:6号機の高設定を初体験!「聖闘士星矢 海王覚醒Special」実戦!

以外は「高設定(っぽい)台をぶん回した!」というのはありませんでした。

思いがけない幸運に見舞われて大量出玉を獲得したのが数回あっただけ。

 

増台された「沖ドキ!トロピカル」を狙ってみたら、

初回REGからREG3連チャン、REGだけで終わんのやめて・・・と思ってたら

REG後の1G目のレバーオンでズシュ~ン、とフリーズ。

これが計44連もしちゃって、その後もなかなか悪くなさそうな展開で結局プラス 4,123枚。

 

月末に収支を戻してくれたのが「獣王 王者の覚醒」。

こちらは宵越し天井狙いの途中でBIG、獣王モードからサバチャンに入って

ボーナス連打、覚醒2回(357、170)とかゴリラで410とか、

さらに初めての象ボーナス(強チャンス目重複。200G)も引いて

プラス 6,914枚。

この台はハマリ台もリセット台も狙い目となるので、

凱旋やハーデスのハマリ台がなかなか拾えなくなったいま注目度が増しています。

リアルボーナス搭載、アツくなれる出目演出、9枚役連がアツいART、

という死角のないゲーム性で、超ロング継続のARTも飽きずに打つことができます。

今後も積極的に狙っていくつもり。6号機獣王にも大期待です。ここらでサミーは面目躍如してほしい。

 

6号機と言えば、ハマリ台さえ狙ってればおそらくイケそうだと思って

「聖闘士星矢 海王覚醒Special」を狙っています。

3月は14回打ちました。そのうち2回は先述の高設定台なのでハマリ台狙いは12回。けっこう打てましたね。

で、天井狙い12台のトータルはマイナス 1,273枚。聖闘士ラッシュに入ったのが2回でした。

狙い目は350Gくらい、現金投資しなくていい状況なら300Gでもいいかな、ていう感じで打っていますが(5.5枚交換)、

天井到達で負け→1G目アイキャッチカノン・火時計赤→続行→天井まで持ってかれて負け・・・とかいう嫌がらせ展開も喰らったり、

なかなか難しいですね。

 

しかし試行回数をもっと稼げればトータルではプラスとなるのは間違いなさそうなので、

今後も続けていきます。その気になれば意外と拾えることもわかったし。

しかし・・・もうちょっと飽きずに打てるゲーム性ならいいんだけどなあ。

通常時もAT中も出目でアツくなれる場面が少なすぎるので飽きる。

いい年こいたオトナが末永く楽しめる台じゃあないですね。

 

ちなみに「ミリオンゴッド凱旋」は9回の天井狙いでマイナス 528枚。

「アナザーゴッドハーデス」は11台でプラス 1,621枚。

どちらも3千枚とか4千枚とかの出玉を獲得した時が1回づつあったんですけど、それ以外は冴えない展開ばかりでした。

パチンコは負けまくり

パチンコはマイナス 31,851個。ヒドイ。全然引けなかった。

 

藤丸くん6000を収支度外視で打ちたいから打った(マイナス 2,000個)とか、

ムダなことをしたのもあるにはありましたが、

もちろん基本的には回る台だけを打ちました。

しかし・・・なにを打とうともひたすら引けず。

最も収支を押し下げてくれたのが

緋弾のアリアAAの設定付き(10台 マイナス 18,899個)。

 

ミドルのほうではいまのところかなりいい収支となっていて、

2019年1月のパチンコ・パチスロ収支

似たようなシステムのシンフォギアの悪いところを改善したようなスペックはなかなかよかった・・・

ちょっとした工夫でパチンコは面白くなる?・・「CR緋弾のアリアAA JPH」実戦!

のに、この設定付きライトミドルは

シンフォギアのクソなところをことごとくマネしまくり。負けたから言うわけじゃなく、まさにクソ台になってしまいました。

ミドルは奇数図柄が揃えば時短突入となり、

クソイライラするバトル演出がなくってとてもよかったのに、

ライトミドルではシンフォギアそっくりのバトル演出(小当たり1回までの時短)に100%突入。

ミドルの時短中のバトル演出は勝つ確率がものすごく高いのでそれほどでもないけれど

ライトミドルでは負けまくるのでひたすら疲れるし、勝利して時短に入ったところで連チャンは激ショボ。

しかも時短中の大当りはラウンド振り分けがあって半分はガッカリボーナス・・・・

とムカつくポイントが満載。しかも設定付き。これは明らかに改悪。しょうがねえなあ・・・。

 

今回は(シビアにステージ止めを徹底すれば)1000円当たり26~27回ほど回ったので

設定1であってもなんとかイケるかなと(27.5玉交換)

思って粘ってみたんですけどね、初回のバトルで負けまくってヒドイ成績になりました。

設定推測要素は奇数示唆(初当たり後のインターバル時に「本番はこれからよ」みたいなセリフ)しか出なかったのでほんとに設定1だったのかも。

通常時も連チャン中もやたらと時間がかかるので甘釘をひたすら打っても結果が出るには途方もない期間が必要で、

そういった意味では甘釘であっても優先して狙うべき台ではないのかも。

 

それはともかく、

いつもパチンコを打つA店でみているかぎり、

どうやらこのホールでは設定付きパチンコの出玉調整は

設定ではなく釘で行っているようにみえます。

当たり前だけどとりあえず座ってもらうためには釘をアケたほうが有効なんでしょうね。

こういう方針で営業してくれるホールなら、設定付きパチンコであっても我々にも勝機はあるのかも。

今後も厳しそうだが・・・

新年度、新時代が目前・・となり、あらたな気持ちでとりあえず

パ~っと開放するか!などと考えるぱちんこホールがあるはずもなく、

4月も引き続き厳しくなりそうです。

しかし、聖闘士星矢のように天井が狙える6号機も出てきているし、

設定付きであっても釘調整しているホールもある・・・

ということで、勝機が全然みえない、というわけでもないかな、と思ってます。

いつもどおり粛々と勝てる見込みのある台を打つのみです。

おすすめ記事:

 - パチ・スロ収支 , , , , , , , , , ,