負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

ジャグラー パチ・スロ収支

2019年のジャグラー収支。

投稿日:

2019年の収支をふりかえる記事をしばらく続けます。

今回はジャグラー収支。

 

ほかの地域はどうなのか分かりませんが、私が活動する地域ではどこのホールもこれまでにみたことのないほどジャグラーの出玉は悪化しているようにみえました。

客としての目線でみていても、客が減り続けて儲からない→ジャグラーから儲けを取らざるを得ない→ジャグラーからも客が離れる→ますます客が減る、というスパイラルに本格的に陥っている・・というふうにしかみえないホールばかりになっている気がします。

なにがあろうともジャグラーと海物語だけはそこそこ遊べるようにしておかなければならないと思うんですけどね。

勝ちを目指してキタイチキタイチうるさいような層は高設定投入を匂わせてみたり画期的な勝ちやすそうに見える台が出たりすればワッと群がって打ちに来てくれるだろうけど、ジャグラーや海でテキトー打ちで遊んでくれるような層は一度離れたらまた戻ってきてもらうのはとてつもなく難しいのではないでしょうか。

じっさい、私が巡回するホールも大部分がジャグラーコーナーですら閑古鳥の状況に。

何十台も設置があれば、全台が低設定であろうともたまには「間違って出る」台があるのが普通だと思うんですけど、稼働が全然ないのでそんなのも1台もないという日ばっかり。

私はジャグラーが大好きですが、勝てる見込みのない台におカネを突っ込めるほど余裕がない。すると全然ジャグれない状況に。

昨年に引き続き厳しい収支に

そういう状況だったので、2019年の1年間トータルで実戦台数はたったの123台。しかもこれは「帰り際によさげな台をちょこっと擦った」というのが大部分。「高設定っぽい台をつかんで粘った」というのは10回もなかったかも。

そして収支はたったのプラス 2,517枚。

低貸で打ったり現金投資をしたりはしてないので金額的にもプラスであることは間違いないけれども、こんな程度では「プラス収支」というのもおこがましい。

 

ちなみに2018年も121台の実戦でプラス 3,993枚。厳しい状況は今年も変わらなかったということですな。

2018年のジャグラー稼働をふりかえってみる

2017年が163台、プラス 6,960枚。

2016年が101台でプラス 18,907枚。

どんどん下降してきています。

 

まあ、もともとジャグラーで稼ごうなどとは考えてないし、私自身がジャグラーで勝てない、ということ自体はそんなに悲観するべきものでもない。負けてなければいいや、くらいで満足するべきでしょう。

しかし問題は、高設定くさい挙動をみせていた台を夕方から打つという戦略をとっている私でもやっとトントンという状況下では、テキトーに台を選んでテキトー打ちしている真性ジャグリストたちはおそらく壮絶に負けまくっているんだろうということになり、それが「ジャグラーコーナーすら閑古鳥」という窮状をつくりだしているんだろうな、ということ。

ジャグラーをテキトー打ちするような層がパチ屋に来て、ほかの機種もテキトーに打ち散らかしてくれたりしなければ、もちろんパチ屋はもうからないし、私も含めキタイチを追う層もオイシイ思いができないからパチ屋に来なくなるわけだ。

するとやっぱり、ジャグラーコーナーが全然出てないのに北斗天昇だのまどマギだのに高設定入れてアピールしているホールはちょっとなにか間違っているんじゃないかという気がしてきます。

 

2020年に登場するであろう6号機ジャグラーによってどのような動きが起こるかわかりませんが、このままでは来年以降はマイナス収支になっちゃうのかな。

どうあがいても出玉性能は5号機に劣る6号機時代となれば、それなりに稼ぐためにはこれまで以上にシビアに天井・ゾーン狙いに徹するしかなくなるわけで、そうすると「ジャグラーなんぞ打っている余裕はない」ということになるかも。

6号機ジャグラーに期待・・してもいいのか?

しかしジャグラー大好きな私としては期待せざるを得ない6号機ジャグラー。PVが小出しで公開されています。これだけではなにもわかりませんね。

なじみのホールの店長さんに「6号機ジャグラーはどうなの?」という話をしたところ、その店長さんは「ハイハイシオサイみたいなスペックだろうという噂だから・・・」と、どうもあまり期待していない様子でした。少なくとも現行のジャグラーが存在するあいだは期待できない・・ということらしい。

まあそうなんでしょうね。前に「バンバンクロスのBIG259枚というスペックなら出玉感に不足はない」と書いたことがありましたが、これは技術介入が前提の台だからできたスペックであって、ジャグラーのような台では検定をパスできないらしいので、どうしてもハイシオみたいにになるんでしょう。

その店長さんは、「それよりバジリスク絆2が・・」などと言っていました。いやいや、そんな子供だましのマンガ台で客を集めようという発想を続けているから、年配やライトユーザーがどんどん減ってるんだろ。そんなもんからは徹底的にもうけをとってジャグラーで大放出したほうがいいのでは?

 

と、先行きは不透明なものの、私はジャグラーに関しては適当に楽しめて、できれば勝てればいい・・というスタンスなので、ハイシオスペックでもいいから面白いジャグラーを期待したい。考えすぎて「みんなのジャグラー」のようなつまらない台になったりしないことを祈りつつ、このへんで終わります。

-ジャグラー, パチ・スロ収支
-, , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.