負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチ・スロ稼働記録

パチスロ「3x3EYES(サザンアイズ)~聖魔覚醒~」が出色の出来!

更新日:

先日の記事 「3×3EYES(サザンアイズ)~聖魔覚醒~」(設定C)を打ってきました

にて、その技術介入度の高さに苦しんだ話を書きました。

私の地域には2店舗に1台ずつ導入され、片方のホールは設定C毎日投入、

片方は最初は毎日設定Cだったものの、いまはやめたようです。

どちらのホールも、データカウンターでスランプグラフが見られるんですが、

トータルの差枚数はたぶんトントンくらいではないでしょうか。

ボーナスのヒキや、プレイヤーのレベルによって、客側のプラスだったり店側のプラスだったり

を行ったり来たり。そう考えると、やはり客側にとっては激甘設定と言えるでしょう。

今回は、チャレンジBONUS以外の部分、通常時やBIGなどについて書いていきます。

スポンサードリンク

amazon.co.jp 3×3EYES BOX(期間限定版) [Blu-ray]
amazon.co.jp 3×3EYES 文庫版 コミック 全24巻完結セット (講談社漫画文庫)

通常時も、難易度は高くないものの、まったく気が抜けない

チャレンジBONUSと設定Cばかりが取りざたされていますが、

はっきりいって通常時のゲーム性も出色の出来です。

液晶演出は、基本的に1ゲームで完結、連続演出はほとんどおまけみたいなもので、

初期の5号機を思い起こさせるシンプルさと、絶妙の発生頻度がいい感じです。

さらに重要なのは、液晶演出と出目の絡みがちゃんと楽しめるということ。

最近のパチスロは、リール出目とはほとんど無関係に液晶演出が展開される

台が多いからつまらないんですが、この台はそうではない。

 

通常時は、左リールに白バーもしくは黒バーを狙い、

右リールはフリー打ち(右はスイカ取りこぼしポイントなし)、

スイカがテンパイしたときのみ、中リールにスイカを目押し、

という打ち方でOK。ですが、左リールは黒バー狙いがおすすめです。

特に設定Cを打つ場合、1日に数十回も引けるチャレンジBONUSは、

できるだけ迅速に揃えたいので、強い予告演出が発生した場合(設定Cならできれば毎ゲーム)、

全リールに黒バーを狙うのがベストと思われます。

全リールに黒バー狙いで、チェリー、スイカがフォローできます。

(ちなみに白バーでサンドされているチェリーと、黒バー上のチェリーは、

それぞれ別フラグの単独チェリーと、どちらを狙っても揃う共通チェリーがあり、

単独チェリーはすべてをフォローするのは不可能です)。

スイカは、1日打つと恐ろしい回数(確率は約1/40)が成立し、

しかも12枚の払い出しなので、通常時のスイカこぼしは厳禁です。

パチスロの液晶演出はこうあるべき

で、この黒バー狙い、出目だけなら単調になりますが、

液晶演出がよくできているので、まったく飽きない。

そして、一見ハズレ目の出目でも、単独チェリーこぼしや1枚役の

こぼしでもハズレみたいな出目が出現する(ような)ので、

そこから演出に発展して当たるパターンもあり、

ハズレ目でも油断できないようになっています。

TS3V0011

↑左リールハズレ濃厚出目、で、右を押した瞬間に依子(スイカ対応)が出現してびっくり。

TS3V0009

↑坊主がタオルもってくる演出は実戦上スイカorボーナス。1リール(たぶん)確定!

(追記 実戦を重ねたところ、まれにですがこの演出からベルもありました~。おわびして訂正します)

 

TS3V0012

↑会話演出は(たぶん)小役orボーナス。ハサミ下段黒バーテンパイは2確。ここからビッグもあり。

 

といった感じで、リールと液晶演出が絡み合うことによって、

あれっ!?と思ったり、ひょっとして・・・と思ったりできるわけです。

同じ大都技研の「クレアの秘宝伝」のように、とにかく連続演出を見せたい、見せたい、

液晶を見てほしいからRTをつけてみたり、リーチ目を察知しにくくする台とは対極にありますね。

 

クレアの場合、入りパターンがチャンス目→さらにチャンス目、液晶に熱い演出で当たり、

というパターンばかりなので、チャンス目後にトロッコが出てきた時点で

もうウンザリしちゃう。何百回も同じのを見せられるから。

しかし、この台の場合、演出の法則と、リール出目によって、

無限の入りパターンが生まれるため、飽きるということがないのです。

 

リール出目と液晶の絡みで、1リールでびっくりしたり、3リールまでドキドキできたり、

レバーオンから3リール停止までいつでもアツい、というのが、

液晶付きパチスロの本来の姿であるはず

(これに関しては、初代「新世紀エヴァンゲリオン」が史上最高、完璧でした)。

スポンサードリンク

香港ステージが面白い

この台の通常時は、5つの液晶ステージで展開していきます。

「新宿」・・・サイドランプ演出発生でチャンス(たぶんボーナス確定)

「香港」・・・演出発生時、子役非当選でチャンス(たぶんボーナス確定)

「妖撃社」・・予告音・魔法陣演出発生でチャンス(たぶんボーナス確定)

「チベット」・移行すれば大チャンス

「作戦会議」・移行したことないのでわからないが、超チャンス?当たればBIG?

 

で、個人的に面白いと思うのは「香港ステージ」。

(たぶん)小役成立時は必ず演出が発生します

(単独チェリー時は、取得できたときのみ、ストップボタン停止時に演出発生?)。

つまり、小役狙いを実践していれば、ハズレ目でも演出が発生すればボーナス確定、

演出非発生で小役ハズレ目が止まればその時点で確定となります。

TS3V0014

 

↑演出非発生で、しれっと小役ハズレ目が停止したりします。

もしくはただのハズレ目で演出発生、「あれ?いま香港だったよな?」と思ったりとか。

つまり、液晶演出が発生してもしなくても、気が抜けないというわけで、

液晶でなにかが起こるのをボケ~っとしながら待つ、ということはあり得ません。

「三只眼チャンス」は超激熱

普段は割と静かに展開していくなか、

いきなり轟音とともに発生して尻が浮く「三只眼チャンス」。

クロススイカ(1/5461.8)=BIG確定 が発生した場合、必ず発生するようです。

確定演出かと思ってたら、種無しの通常スイカのごく一部でも発生します。

TS3V0034

 

チャレンジBONUS中と同様の手順で、クロススイカを狙います。

見事スイカがクロスで揃えば、嬉しいBIG確定!

TS3V0035

 

クロスで揃わなかったら、クロススイカの目押し失敗or種無しのスイカ。

連続演出へ発展します。まあ、BIGの可能性激高なので、

目押しがパーフェクトで、俺がミスるはずがない、という人以外は、

1枚掛けでBIGを狙っていいと思います。

 

BIG中も楽しい

ボーナスを察知したら、1枚掛けで(設定Cの場合、これが非常に重要です)

左リール中下段あたりに青7を狙い、青7が止まったら青7狙い、黒バーが落ちて来たら

黒バーを揃えます。どちらも揃わなければ次ゲーム赤7狙い。

逆押しで右リール下段に黒バー狙いでもいいですね。

BIGであることが分かっている場合は、右リール下段に青7をビタ押しすれば

一発で揃えられます。

この台のBIGは嬉しい、なにしろ350枚です。これほどの出玉感のあるBIGは、

現行機種では他にはありません。

 

BIGが始まったら、予告音非発生時に1回だけ黒バー・青7・青7の14枚役を

逆押しで揃えます。難しくはないですが、ミスすると獲得枚数が減るので、

慎重に目押ししましょう。

TS3V0015

 

予告音発生時は、黒バー・黒バー・赤7or青7の、2択15枚役が成立。

TS3V0016

右リール下段に青7をビタ押しすれば、青7・赤7どちらが成立していてもフォローできるので、

逆押しで下段に青7を狙います。成功すれば、「バキューン!!」という音とフラッシュが発生、

いずれかの7が停止します。

TS3V0017

 

7が停止したら、中・左に慎重に黒バーを目押しします。

ちなみに、「バキューン」音とフラッシュが発生せずに7が停止した場合は、

ビタ押しには失敗したけれども2択に正解

(早く押したときに青7が成立していれば正解、遅かった時に赤7成立で正解)

ということで、ああ助かった~、ということになります。

 

失敗しても2枚の損なだけですが、ヒキによっては10回以上も成立(合算で1/4)するため、

恐ろしい損が発生する場合もあります。チャレンジBONUSよりも難易度は低いですが、

ここは毎回350枚をとりたいところです。

TS3V0025

運否天賦だけではない、己の実力で勝負する台

仮に設定Cをつかんで、目押しがパーフェクトであっても、

BIGがまったく引けない展開となればマイナス収支となるのですが、

「結局BIGがひけるかどうかじゃねえか」というなかれ。

そういう思考になる人は、いつも言うことですがつまり

「目先のことしか考えてない」「長い目で考えることができない」のです。

たしかに1日単位でみれば、BIGのヒキ次第で勝負が決まりますが、

もっと長い目で考えれば、設定Cで目押しパーフェクトならほとんど常勝が可能と思います。

 

パチンコ・パチスロは、自分の力ではどうにもならない部分が多いギャンブルですが、

この台の場合(特に設定Cは)そうではない。

まさにプレイヤー自身の精神力、体力、目押し力という、

実力で勝利をもぎとる台ですね。

ボケ~っと液晶を眺めているだけの台ばかりの中、

チャレンジ精神をそそられる、自分が試される、緊張感あふれるゲーム性を

実現した「サザンアイズ」。

大人気になって増台、を願っています!!

スポンサードリンク

それではまた。

おすすめ記事:

 

-パチ・スロ稼働記録
-, , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.