パチンコ「デモ出し」は百害あって一利なし

      2017/08/30

久しぶりにパチンコの話題を

(そういえば釘読みについての記事が途中でしたが、それはまた今度。)。

先日、パチンコを打っていると、

機種名は忘れましたが、隣の人(打ち方からすると初級者のオジサン)

が大当たり。STに突入しました。

で、なんだか知らないけど、ST継続中なのに、やたら離席する。

ちょっと回して離席。離席しなくても、

周りの台見渡しながらハンドルからしばらく手を離したりしている。

なにやってんだろこの人・・・と思いましたが、

ああ、ひょっとするとこれがいわゆる「デモ出し」ってやつか?と思い当たりました。

今回はこの「デモ出し攻略法」について書いていきます。

スポンサードリンク

 

「デモ出し」とは?

誰が言い出したことかよくわかりませんが、

「デモ出し」とは、

パチンコにおいて、ST中や確変中に、なかなか当たらなくて終わりそうだと感じたときに、

打ち出しをいったんやめてデモ画面を表示させ、

「流れを変え」て、大当たりを呼ぶ攻略法、だそうです。

自分で書いていて、恥ずかしさに身もだえするほどバカバカしいですが、

オカルトだと承知しつつゲン担ぎだと思ってやるんならともかく、

本気で信じてしまう人もいるから問題です。

さらに、そういうオカルト攻略法を売ってカネをとろうとする輩、

それにカネを払ってしまう人もいたりするわけで、

パチンコの打ち方など個人の自由であることは百も承知の上ですが、

「デモ出し」はあくまでも「オカルト」であると、

年配パチンカーには知っておいてもらわなければなりません。

「流れを変える」って?

まずは、「デモ出し」には大当たりを誘発する効果はまったくないということを理解しましょう。

百万歩譲って、仮に大当たりを誘発する効果がプログラムされていたとしても、

それを狙い撃つことはできない。

 

「流れを変える」らしいんですけど(仮に、「流れ」というものが存在するとして)、

ST中って、最高に盛り上がってる時ですよね。

出玉期待度最高潮のときに、その流れを変えちゃうの?

そのときの「流れ」がいいか悪いか、どうやって判断するの?

デモ画面を出すことによって、流れがいいほうに向くという根拠はどこにあるの?

悪い流れに変わることはないの?

どうやって「いい流れ」になるように狙い撃つの?

 

「良い流れ」「悪い流れ」とか、「好調台」「不調台」とかいうのは、

そうなることを前もって予測することはできません。

「良い流れだった」「好調台だった」という言葉は、

すべて終わってから、結果をみながらしか言うことはできません。

だから、打っている時点で、「流れ」「好調、不調」などということを言うのは、

まったくナンセンスなことで、「流れを変える」もへったくれもないのです。

 

ただ、メンタルな部分においては有効かもしれません。

たとえば、何度もST中当たらずスルーが続いていて、

STに入っても「どうせ当たんねえんだろ!」とイライラしているとかいう場合。

イライラしながら打っていると、止め打ちでのミスが多くなったりして、

しなくてもいい損をする場合もありますから、

そういうときは休憩するのもいいでしょう。

「流れを変えて大当たりを狙う」のではなく、

「気分を変えてきちんと打つ」という目的で、ということです。

 

ただ、メンタルの維持のために休憩するとしても、通常時に休憩するべきであり、

ST中や確変中には休むべきではないのです。

この意味でも、勝つためには「デモ出し」は絶対にやってはいけないのですが、なぜか。

スポンサードリンク

大損する可能性

私もパチンコ最新台を逐一チェックしているわけではないので

よくわかりませんが、傾向として、最近のパチンコは

より一撃の爆発力を増すために、

ヘソからの保留での大当たりと、

電チューからの保留での大当たりとでは、

出玉期待値に大幅な差がつけられているケースが多いですよね。

ヘソでの当たりはほぼ4Rで、電チューではほぼ16Rとかいうように。

ヘソでの当たりでちょっとの出玉→運よくST突入、右打ち→電チューでの当たりで大量出玉、

という流れですね。

なので、ST中に、間違ってヘソ保留で大当たりしてしまうと、

ものすごく損をするケースがあります。

 

もう打てなくなる台ですが、「牙狼 魔戒ノ花」とかを考えるとわかりやすいですよね。

「牙狼 魔戒ノ花」の場合、ヘソ保留での当たりの場合、確変(ST)突入確率は53%、

のこり47%は時短100回。

電チューでの大当たりは100%確変(ST)で、しかもすべて16Rです。

確変(ST)突入時に、通常時に入れたヘソ保留が残っていた場合、

それを消化してしまうとそれも確変確率で抽選されますので、

間違って当たってしまう可能性はけっこうあります。

で、もしヘソ保留が当たってしまった場合、47%は確変から転落してしまうのです。

 

いちおう、ヘソ保留よりも電チュー保留を先に消化するようになっているので

(入賞順に消化する機種もあります)、普通に打っていればヘソで当たるということは

あまりないですが、

ST突入時にヘソ保留が残っていた場合、ST1回転目はどうしてもヘソ保留を消化する

ことになるため、この「ヘソ落ち」は、どんなにうまい人でも体験する可能性があります。

しかし、「デモ出し」などしていると、この「ヘソ落ち」に遭遇する確率が

飛躍的に高くなります。「デモ出し」のために打ち出しをやめれば、

電チュー保留がなくなり次第、残っているヘソ保留をすべて消化することになるからです。

 

じゃあ、ヘソ保留がない状態ならいいだろ、と思うかもしれませんが、

それもダメです。一度「デモ出し」をしたら、またスルーチャッカーに

玉を入れるところから再開しなければならないため、その分の玉が無駄になります。

勝ちたければ、ST中・確変中はトイレも食事も我慢するべし

このように、「デモ出し」は、当たるか当たらないかという点においても

まったく意味がないばかりか、大損をする可能性を高めてしまう

危険なオカルトです。

出玉的に損が発生しないオカルトはどれだけやってもいいですが、

勝ちたいのなら「デモ出し」だけはやってはいけません。

ST、確変に入ったら、とにかく電チューの保留を絶やさないように

打ち続けるのが基本です。

 

何度も言いますが、現在のパチンコでは

大当たりは自分の意思でコントロールできないので、

大当たりを誘発しようとする攻略法はすべてインチキと考えるべきです。

自分でコントロールできる小さいことをコツコツ積み上げるのがパチンコの勝ち方であり、

今回のケースで言えば

「電チュー保留を絶やさないようにして、ヘソ当たりの確率を極限まで小さくすること」

がそれにあたります。

 

しなくてもいい大損をしてイライラしてはつまらないので、

ぜひとも「デモ出し」はただのオカルトということを理解し、

勝ちを目指していただきたいと思います。

スポンサードリンク

それではまた。

おすすめ記事:

 

 - パチンコ , , ,