グレートキングハナハナ実戦!もちろん神台だった。

   

年末に、場所的に行く頻度が低いホールが

プチリニューアルオープン。

こういうときにはメリハリのある設定を投入する実績がある

(→スーパーオアシスでREG後パネル点滅!粘って粘って頑張った結果

「クランキーセレブレーション」が神台すぎる!~高設定の香りがプンプンの台で粘った話

などもこのホールでの実戦)

ので、年末押し迫った時期だったんですが狙いに行きました。

時差オープンの開店直前に行くと、どうも200人くらい並んでいた様子。

パチンコの釘をチェックするといつもよりかなりアイている感じ。

こりゃあ期待できそう・・パチンコから打ったほうがいいかな・・と考えながら

ホールを歩いていると、グレートキングハナハナのシマに誰も座っていないのを発見。

 

この高設定投入期待度が高い状況でハナハナに誰も座らないということ自体が、

このホールのお客さんのレベルを如実に表しています。

こういう状況だから私は飢え死にしなくてすんでいるわけです。

グレートキングハナハナは先日設置されたばかり。

さらに、アツい日のノーマル機には確実にメリハリ台を投入している実績から考えて、

ここはハナハナから狙うべきかな・・と思い、

ふつうなら避けられそうな、前営業日にものすごく出ていた台をあえて選び着席しました。

序盤からREGが連チャン!これは「ある」だろ・・・!

開始早々のREGからポンポンとチカり、さらに怒涛のREG連が。

ハナハナで高設定を狙ううえでは最も重要視すべきと思っている

REG(1/496~1/336)が連チャンということで、

これはイケるかも・・と色めき立ちます。

662ゲームのハマリもなんのその、それを抜ければ快調にボーナスを引き続けました。

BIG中のスイカとかパネル点滅とか全然来ないけど、やめる理由はないので

ひたすらブン回すと・・・

プレミアム点滅の呼称は以下の動画に準拠しました↓

http://www.pachibee.jp/movies/index/14165

途中それなりのハマリもあったものの、

出玉は高設定っぽさ全開でプラス 3,478枚。短縮営業だったのが悔しい。

やはり設定推測は容易ではない

久々にハナハナ実戦!やっぱり神台だった。

や、また他の記事においても何度も同じことを書いていますが、

設定推測要素が豊富と言われているハナハナといえども、

設定を看破するのはやはり容易なことではないな、と。

 

ハナハナの設定推測は

「ボーナス出現率」

「BIG中スイカ出現率」

「REG中のスイカ時のサイドランプの色」

「ボーナス終了時のパネル点滅発生率」

などが主になります(詳しくは適当な解析サイトを参照してください)

が、今回の実戦でも

最初のBIG5回はスイカがゼロ、

ボーナス後のパネル点滅に至っては上も下も一度も発生せず。

 

今回はボーナス確率は6をぶっちぎり、BIG中スイカも最終的にはかなりいい数値、

サイドランプも偶奇で比較するとピッタリ半々、ということでかなり高設定くさく、

6の可能性もある感じでしたが、

途中で喰らったようなハマリが最初のうちに起こっていたら

ヤメていたかもしれないわけで、

設定「判別」をして高設定を看破して勝つ、

などということがいかに至難なことであるかわかります。

新搭載のプレミアム演出は・・・

ゲーム性はいつものハナハナ。

芸術の域まで到達しているものに対して

いまさらなんだかんだ言うのはナンセンス。

グレートキングハナハナでは、その芸術的ないつものゲーム性に、

あたらしいプレミアム演出

 

・プレミアムバイブレーション(レバーオン時に筐体が振動)

・バウンドストップ(リールがバウンドして停止)

 

が追加されています。

今回の実戦ではバウンドストップは体験できず。

プレミアムバイブレーションは2回きました!

レバーオン、ハナがチカるのと同時に筐体がブオーンと震えます。

 

思うに、これは後告知時の演出にするとか、

第3停止の指を離した時に震えるとかでもよかったんじゃないか、と。

ハナがチカるのと同時だと、一瞬早く視覚で入りを察知しちゃってるので、

ちょっとビックリ感が少ないかな、という印象

(もちろんけっこうビックリするし、BIG確定でうれしいけれども)。

 

まあ、プレミアム演出はあくまでもオマケ。

パチスロを評して「アツい叩きどころがある」とかいう言い方がよくされますが、

ハナハナの場合は毎ゲームが「アツい叩きどころ」。

何万ゲーム打ってもそのアツさ、楽しさが褪せることはありません。

 

↑アツいのはレバーオンだけじゃない!たま~に出るリーチ目に痺れます。

 

↑左リールにチェリーが停止すれば、残りのストップボタンはいちいちアツく押せます。たとえリーチ目にならなくとも、次ゲームレバーオンもいちいちアツい。

ひとつだけ文句を言うとすれば・・・

というわけで、相変わらずの神台っぷりを堪能した次第ですが、

ひとつだけ文句、というか要望。

 

グレートキングハナハナは、

デザインやサウンドなど

全体的にポップというかカワイイというか角がないというか、

ハッキリ言えば沖スロっぽさが希薄なんですよね。

私が勝手に言う「沖スロっぽさ」なのでイチャモンともいえるんですけど、

このポップさはハナ系には似合わない。

ドラゴンハナハナやシオサイやキンバリーやユルビスカスみたいな妖しさ、神秘的な雰囲気が欲しい。

 

スーパーオアシスの記事でも同じことを書きましたが、

「スーパーオアシス」を打って、思ったこといろいろ

カッコよくていかがわしくて禍々しくて、

いかにもわけのわからない連チャンor理不尽なクソハマリをしそう、

っていうのが、沖スロに必要なビジュアルじゃないかと。

次回作はもっと尖ったヤツを期待します!

 

ともかく、私の場合ハナハナでは、打ちたい気持ちに負けて打たなくていい台を打って負けたり、

オモシロさに溺れて粘らなくていい台で粘って負けたり、

というパターンが非常に多くなるので、

そうならないように気をつけていこうと思っています。

これほど悪魔的な魅力をもつ台が、

なぜ日本一売れる台にならないのかがほんとうに不思議です。

 

6号機以降のハナハナはどうなっていくのか、にも注目ですね。

またなにかあったら、実戦記事を書きます!

おすすめ記事:

 - パチスロ稼働 , , , , , , , , ,