大ハマリ台→「そろそろ当たる」・・・という危険な考え方①

      2018/05/27

先日パチンコを打っていたとき、

隣の「CRスーパーわんわんパラダイス おかわりver.」が

700回くらいハマってたんです。

この台の大当たり確率は約1/199。

へえ~、この台がこんなに回されるなんて珍しいな、と思っていると、

いつもは誰も座らない不人気台なのに次から次へと

入れ代わり立ち代わり客が座る。

 

このように、不人気な台であっても

大ハマリしているとみんな好んで打ちに来る、

ということはよくありますね。

パチスロでも、とくに「ジャグラー」なんかはそういうことが多い。

 

これはやはり(全員がそうではないでしょうが)

「これだけハマっていればそろそろ当たる」という

思考が働いているんではないか、と推察できます。

 

今回はひさしぶりに初心者向けのパチンコ・パチスロ講座の記事、

「そろそろ当たる」という考え方について。

多くのギャンブラーが陥る、代表的な誤謬

この、「これだけハマっていればそろそろ当たる」は、

かなりレベルの高いパチンカー、スロッターであっても

なかなか完璧に捨て去ることのできない誤謬であり、

その根の深さ、やっかいさ加減はまさに病気ともいうべきものです。

 

「甘デジで500ハマり。いくらなんでも『そろそろ当たる』はず」

「ジャグラーで800ハマり。これだけハマっていればそろそろ当たって連チャンするはず」

「ここ3日間GOD引いてなくてGOD間大ハマリ。そろそろGOD引くはず」

「北斗無双で5連続で通常当たり。次の大当りはそろそろ確変のはず」

・・・だから狙い目、というわけです。

 

これから書いていくように、この考え方は非常に危険、

(天井を搭載している台を打つとき以外では)明らかに間違っている・・のですが、

私も負けていたころはそれが理解できていませんでした。

アステカやオオハナビが登場したころ、

1000以上ハマっている台を発見すると

まさに「そろそろ当たるだろ」と思って座っていました。

その作戦で勝てたかというとそれは言わずもがな。

そりゃあたま~には速攻で当たったりすることもありましたが、

打てば打つほど負けが込んできました。当たり前ですけどね、それが当たり前であることに

気が付くのは非常に難しい。

「そろそろ」とはいつなのか

冒頭に書いた先日の「CRスーパーわんわんパラダイス おかわりver.」は、

4人くらいがかわりばんこに数百回ずつ回し、

結局1800回転くらいで当たりました。

 

みんながみんな「そろそろ当たる」と思って座ったとは限りませんが、

ふだんはほとんど回ることのないこの台に

こんなにいろんな人が次々と座るのを見るのは非常に珍しく、

そういう考えで座った人がいたことはほとんど間違いないところで、

仮にみんなが「そろそろ当たる」という思考のもとに台選びをしたんだと仮定すると、

 

たとえば700回から回した人は「そろそろ当たる」と思って打って当たらずヤメ。

900回くらいから打った人も「そろそろ当たる」と思って打って当たらずヤメ。

1200回くらいから打った人も「そろそろ当たる」と思って打って当たらずヤメ。

1500回くらいから打った人が「そろそろ当たる」と思って打って300回くらい回して当たり。

 

・・・ということに結果としてはなったわけです。

結局全員が「そろそろ」当たらなかったのです。

当たった人も300回くらい回して当たったので、

大当たり確率が1/199なんだから、とくに早く引けた、というわけではない。

 

「そろそろ当たる」というときの、

「そろそろ」とはいったいいつなのか。

 

(天井やゾーンを搭載しているパチスロ以外は)

そういう回転数は存在しません。

1回1回の大当たり抽選がいわゆる「完全確率」で行われる

(つまり、前の抽選結果にかかわらず、毎回毎回同じ確率で抽選する)

パチンコ・パチスロにおいては、

1回転目であろうとも2000回転目であろうとも、

その1回転だけをみれば大当たり確率は同じ。

(関連記事:こちらでも同じ内容を書いています→パチンコ・パチスロの当たり抽選について理解しましょう

 

 

しかし、「そんなこたあ誰でも知ってるよ。バカにしてんの?」

という人であっても、

「海物語の1200もハマってる台を拾った!」とか、

「このGODは今日3回もGOD引いてるから打ちたくない」とか

ふつうに言うのです(これは私の顔見知りの若者が実際に言ったセリフ)。

 

なぜこういう思考に陥ってしまうのか。

それはたぶん、

2000回ハマっている甘デジとか、

2000回ハマっているジャグラーとかを

見る機会はめったにないので、

つまりそこまでハマればたいがい当たる・・・

ということで「そろそろ当たる」という勘違いをしてしまうのだ、と考えられます。

しかし、2000回ハマる台がめったにないからといって、

1800回くらいハマっている台が

「そろそろ当たる」のかというと、そんなことはない。

理論上「ありえないハマリ」というのは「ありえない」

今回例に出した「CRスーパーわんわんパラダイス おかわりver」

で1800回(確率分母の約9倍)ハマる確率は、

だいたい0.012%ほど。

大当り8333回に1回くらいは、1800回ハマリをくらうことになりますね。

 

8333回に1回のハマリなんてめったにありえない、

だから「いくらなんでもそろそろ当たるはずだ」・・・

というのは理屈としてまったく成り立たないのですが、

多くのパチンカーはこのように考えてしまう。

 

まず、8333回に1回のクソハマリとは、そんなに「ありえない」ことかどうか。

たとえば500台あるホールで、全台の平均で10回の当たりを引いたとしたら、

2日に1台くらいは、このようなハマリをみせる台があらわれる、ということになります。

そう考えると、確率分母の9倍ハマリ程度のクソハマリなどというのは、

日常茶飯事的に起こることであり、

それだけハマっているからといって「だからどうした」というだけの話なのです。

パチンコ・パチスロは1回1回の抽選を独立しておこなうので、

どのような信じられないクソハマリ(連チャン)も起こりえます。

それをたまたま自分が体験する、という日がいつかは必ずやってくる。

なので、どれだけハマっていようとも、「いくらなんでもそろそろ」ということはありません。

「~回転以内に当たりを引ける確率」を誤解してはいけない

大当たり確率1/200の台が1800回ハマる確率は0.012%。

逆に言えば大当たり確率1/200の台で1800回までに当たりが引ける確率は

99.988%となります。

 

これを曲解すると、

大ハマリ台をみて「そろそろ当たる」という思考に陥ることになります。

「1800回までに当たる確率99.988%」だからといって、

1700回転目から打てば1800回転目までの100回転で当たる確率が99.988%、というわけではない。

 

1700回転目から打ち始めても、

1800回転目まで(つまり100回転、「そろそろ」というレベルで)に当たる確率は

大当たり確率1/200の台であれば40%弱。

それは1~100回転の100回であろうと、1000~1100回転の100回であろうと同じです。

(関連記事→ジャグラー連チャンについての考え方②~100ゲーム以内が一番当たりやすい?~

 

「1800回転までに当たる確率99.988%」というのは、

今から1800回回した場合、という話であって、

過去に回された分は一切関係ないのです。

繰り返しになりますが

いわゆる「完全確率方式」は1回1回の抽選を

それまでの結果に関係なく独立しておこなうため、

過去の経緯によって未来の結果が変わる・読めることはありません。

 

そして、「ここまで回せば必ず当たる」という回転数は存在しない。

なので、「そろそろ当たる」ということはどれだけハマっていても

(天井を搭載している台以外は)ない。

いつ、何回転目から打っても当たる確率は同じになります。

 

・・・なのですが、

これを徹底的に理解して

パチンコ・パチスロを打っている人は非常に少ない。

もちろん遊びで打つ分には

「1000回ハマリ後はジャグ連のチャンス」とか、

「GOD間3万ゲームハマリ後はGOD高確率」とか

オカルトをもとに立ち回るのも

それで楽しければOKです。

しかし、勝ちたいと思っているのなら

「そろそろ当たる」という思考は

絶対に捨てなくてはなりません。

 

長くなってしまうので、

もうひとつ別の記事で、

「そろそろ当たる」という思考の

危険性について書いていきます。

大ハマリ台→「そろそろ当たる」・・・という危険な考え方 その②

おすすめ記事:

 - 勝つための考え方 , , , , , , ,