負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

大相撲 雑談

大相撲:最強横綱?・白鵬の見苦しさが凄まじい

更新日:

どうでもいい話題。

琴奨菊の綱取りで盛り上がりを見せている大相撲。

私も若貴ブームの時代には国技館で徹夜で並んでチケットを取ったり、

相撲部屋の稽古を見学に行ったりした相撲ファンのひとりです。

ブログのテーマにはそぐわない話題ですが、父や母も相撲が

好きだったこともありますので、ちょっと書いてみようと思います。

スポンサードリンク

横綱が張り手とか変化とか、みっともないしありえない

最強横綱と言われ続けていたモンゴル人横綱の、

最近相撲っぷりの見苦しさがすごい。

今日(2日目)は琴勇輝との対戦。

以前、「犬じゃないんだからやめろ」と、横綱風を吹かせて

やめさせようとしたのにシカトされた、琴勇輝の「ホウ!」が

気に入らなかったのか、まるで往年の板井のような

大振りの張り手をかまして勝った横綱。

なんというつまらない相撲なのか。

最近は立ち合いの変化とかもひどい。

高いお金払って横綱の相撲がこれでは、

白けるのも無理はないでしょう。

 

だいたい、彼は、相手が変化とかすると怒ったり文句言ったりするけど、、

なんか勘違いしてますよね。相手の方は格下で、

まともにやったら負けるんだから、変化しようが

張り手しようが自由なはずなのです。

それなのに、最強を自負するほうの人間が変化や張り手を

するとは・・・。

変化しましたね、と言われれば、「変化ではない。相手が低かったからだ」

とか、わけのわからない言い訳をする始末。

まだ、「どうしても勝ちたかったから」と言ってのけた

鶴竜のほうが許せる気がします。必勝を期すためには変化が最適、

と考えてる時点で、もう横綱の資格ないだろ、と思いますけどね。

さらに、「後の先」を目指すとか言ってるくせに、

相手に「合わせろ」と言って、自分のベストのタイミングばかり

を狙い、合わなければ待ったをして、相手のせいにする立ち合い。

メディアは白鵬に気を使うのはもうやめたら

マスコミも、「白鵬みっともない」と、ちゃんと書けばいいのです。

もう、こんな相撲しかとれなくなっているのだから、

ごく近いうちに彼の時代は終わります。

彼のゴキゲンをうかがう必要はもうないでしょう。

相手が弱いから悪いんだ、は間違いだと思う

変化されて落ちる方が悪い、とよく言いますが、

これは、変化された方が格上の場合で、

平幕が横綱相手に変化して、横綱が落ちれば、そう言われても

しょうがないでしょう。しかし、われわれファンと同じく、

格下のほうの力士はまさか横綱が横に跳ぶとは思ってないでしょう。

横綱に失礼だからと思って、もしくは憧れの横綱と対戦するんだから

全力でぶつかっていこう、とか思って、正面からぶつかるわけでしょう。

それなのに横綱が受けもしないとは・・最悪すぎます。

とにかくこの最強横綱の相撲からは、一生懸命さが

まったく感じられません。ラクして勝ちたい、けがしないように勝ちたい、

という姿勢が丸見えです。

こういうことをやっているから、日本出身横綱を切望する声が高まるわけで、

そこらへんがわかってないゆえに、この最強横綱は、モンゴル人だから差別されている、

みたいな勘違い発言ばかりしている。もういい加減に引き際だと自覚するべき。

そのためには、栃煌山や琴奨菊、豪栄道らに奮起してもらって、白鵬に

「お前の時代は終わりだ」と、引導を渡してもらいたい。

スポンサードリンク

おすすめ記事:

-大相撲, 雑談
-, ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.