「使う金額を決めて打てば大負けしない」は本当か

      2019/08/26

最近いろんなパチンコ・パチスロブログを読んでいます。

以前の記事で、「波理論」「ホルコン攻略」などの言葉が出たらもうそんなブログは読むな!

と書きましたが、私の場合はデタラメなことが書いてあればあるほど

面白くって読み進んでしまいます。

まあでも、当たり前なんです。なぜなら、パチンコ・パチスロで勝つ方法が書いてあるものは、

まともな人が書いていればどれもこれも同じような内容になるのが必然なので、

まともであればあるほど当たり前のことばかりで別に面白くない。

 

で、こういう意見をたまに見かけます。

「パチンコ・パチスロで勝つ(負けない)ためには、使う金額の上限を決めておくこと」

 

これって、正しい考え方だと思いますか?

スポンサードリンク

最も負ける打ち方

結論を言うと、これは100%間違っています。

遊びで打っていていくら負けてもヘッチャラならいいですが、

これは負けない方法どころか「最も大負けする打ち方」といっても過言ではない。

パチンコ・パチスロでそれなりに勝っている人やパチプロと言われている人で、

「1日に使う金額の上限を決める」という自分ルールを設定している人は

おそらく一人もいないでしょう。なぜなら、それでは絶対に勝てないから。

 

「金額の上限を決めている」のに、なぜ「最も大負けする打ち方」なのか。

それを理解するためには、このブログで一つ覚えのように繰り返し書いている、

パチンコ・パチスロで勝つための大原則を思い出す必要があります。

収支は長い目でとらえる

それはやはり、「長い目で考える」ということです。

「使う金額の上限を決めて打つ」という人は、

必ずと言っていいほど収支を1日単位で考えています。

「1日に3万円と決めておけばそれ以上負けない」というわけです。

 

しかし、それは1日単位でものを考えているからであって、

何も考えずにテキトーに打って、

「まあ、負けても3万までだから」とかいっていると、

1年間で100回打ちに行けば300万負けるのです。

そう考えれば、1日に使う金額を決める、ということには、

なんの意味もないということがわかるでしょう。

1日3万円が1万円だろうが同じことです。3倍の期間打てば同じ金額になるのです。

「5スロや1パチなら大負けしない」と考えている人と同じ勘違いですね。→関連記事

 

以下、この記事では1日に3万円までと金額を設定している場合を考えて

話を進めていきます。

「1日に3万円までなら負けてもよい」と考えてしまう

「1日に使う金額は3万円」というように考えている人は、

「3万円までなら負けてもok」という意識になりがちです。

勝ち方をほんとうに理解していれば、「出ない台」と判断すれば

1円たりともそんな台に使いたくないと考えるものですが、

上限を決めて打つ派の人は、3万円までなら打ってもよいと考え、

何も考えずにテキトーな台に座って3万円を消費してしまう。

 

お小遣い制のサラリーマンの方がたまにしかない休みの日に奥さんから3万円渡されて

「これはパチスロで使っていいよ」と言われたら、

いい台が見つからなくても「いい台がないから打たずに帰ろう」とは考えず、

テキトーな台、好きな台でその3万円で勝負してしまうであろうことは想像に難くない。

 

だから、「3万円までは勝負する」と考えてはいけません。

「いい台がなければ、1円も使わない」というのが正しい気の持ちようです。

たまにいい台をつかんだとしても・・・

念のために確認すると、「いい台」とは、

パチンコなら甘釘台、パチスロなら高設定台もしくは天井に近い台です。

で、「使う金額の上限を決める派」の人でも、

まれにいい台をつかむことはあるでしょう。

しかしせっかくいい台をつかんでも、

使う金額に縛りを設けていると「いい台」のポテンシャルを

引き出せないままに終わる可能性が高くなってしまいます。

 

たとえば、甘釘台のパチンコでもこういったスランプを描くことがあります。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97

パチンコのスキルが高い人なら、最初にハマっても「まあ、甘釘台だから」と思って粘るわけです。

しかし「使う金額の上限を決める派」は、

上限と設定している金額(ここでは3万円)を投資した時点で

「当たらねえ」とやめてしまうのです。

このように考える人は、釘がどうとか設定がどうとかを意識していないため

せっかくいい台なのにぶん投げてしまう可能性が非常に高い。

 

つまり、ふだんはクソも出ない台を打たされて3万円を使う。

たまにいい台をつかんでも出るまで粘らないから3万円負ける。

・・というように、「使う金額の上限を決めて」打つ人は、

負け続ける宿命を背負うのです。

それが毎回毎回続くから、長い目でみれば「最も大負けする」打ち方なのです。

 

それではどう考えるのが(稼ぐという観点において)正しいか。

スポンサードリンク

「使う金額は無制限」が望ましい

まとめると、正しい考え方は、

 

「いい台をつかんだら、時間が許す限り、金額は無制限で粘る」

「いい台じゃないと判断したら、できるだけはやくやめる」

「いい台っぽいのがなかったら、1円も使わずに帰る」

 

ということになります。

 

金額に上限を設けてはいけません。

たとえば5万円負けている状況で

目の前に天井まであと2万円のミリオンゴッド凱旋が出現したとき、

「もう5万負けてるから」といって打たないのは、

大チャンスをみすみす逃すことになり、そういうことをしていると一生勝てない。→関連記事

 

「その日」にいくら使っていようがチャンスのある台を見つけたらそれは打たなくてはならない。

それを続ければ、トータルでは必ずプラスになります。

だから、1日単位で上限を設けることには意味はありません。

 

私はパチスロ「南国育ち」(4号機)の設定456確定台(等価交換、夜の公開で4を確認)で、

15万負けという体験をしたことがあります。

自分史上パチスロ最悪大負けの思い出

あさイチから高設定が確定していたので粘ったのですが、

「使う金額の上限を決める派」に言わせれば、

「3万円って決めとけばそんなに大負けしなくて済んだのに馬鹿だなあ」

となるでしょう。

しかしそうではないのです。

せっかく高設定をつかんだんだから、出ようが出まいが徹底的に粘るのが正解なのです。

高設定確実の台で15万負けるのと、

なんだかよくわからない台で3万円負けを5回やってしまうのでは、

負けた金額は同じでも意味はまったく違います。

前者の場合、それを繰り返していればトータルでは必ずプラスに転じるはずです。

 

そもそも、甘釘台や高設定、天井に近い台だけを狙って打ち、

(高設定を見抜くのは容易ではないので、パチスロの場合は天井狙いが望ましいです)、

そういう台がみつからない場合は帰る、ということを徹底していれば、

そんなに投資がかさむことは多くないはずなのです。

そういうことを意識して打っていないから投資が大きくなり、

それが怖くて「上限を決めて打とう」ということになってしまうのです。

考える順番が逆になってしまっている。

 

負けないためには「上限を決める」よりも

大負けしない戦略(天井だけを狙うとか)を考えることが先です。

そしてその戦略に基づき、

 

いい台なら徹底的に突っ込む、

いい台じゃないと判断したならスパッとやめる、

いい台がなければそもそも打たない、

 

これを実践すれば、かなり勝利に近づいていくはずです。

 

巷で言われている、間違った必勝法については、

また取り上げていきたいと思います。

(補足記事を追加しました→投資金額には上限を設けないほうがよい。でも・・・

スポンサードリンク

それではまた。

おすすめ記事:

 

 - 勝つための考え方 , , , , , ,