雇われずに生きていくと決めた。

      2017/08/30

歩けない父と認知症の母を、ひとりで介護していました。

最近父が亡くなりました。亡くなった当初は、はっきり言って悲しみは微塵も感じず、

葬儀や財産の始末に追われ、忙しい毎日でした。

でも、しばらく経ってみると、父の最期の日々をもう少し良いものにしてあげられなかった

のか、もっとやさしくしてあげられなかったのか、と、後悔と悲しみが湧き出てきて、

介護とは?、人生とは?、親子とは?、命とは?ということを考える毎日になりました。

両親の世話のため勤め人となることをあきらめ、一生独身で終わることがほぼ確定して、

ああ、このまま年喰って死ぬにしてもなにか残したいな、と思って、

ブログ書いてみようと思いました。

もう40半ばを過ぎ、親の介護もあり、

就職することをあきらめました。人に雇われることなく

どのように稼いでいくか、書いていこうと思ってます。

介護離職を0にする、と安部首相は宣言しています。でも、実際は介護のために

仕事ができない人はどんどん増えるでしょう。そういう方たちに、

こんな生き方をしているバカもいる、こんなバカでも生きている、

と思っていただけるブログにしたいな、と思ってます。よろしくお願いします。

 

 

 - 自己紹介