パチスロ「新世紀エヴァンゲリオン~まごころを、君に2~」高設定実戦!その安心感は現役機種トップクラスかも!?

   

エヴァンゲリオンのパチスロシリーズでは

久しぶりに打ち込んでみたい台となった

「新世紀エヴァンゲリオン~まごころを君に2~」。

前の記事→パチスロ「新世紀エヴァンゲリオン~まごころを、君に~2」:常に油断できない出目演出を楽しむ!

で、「高設定実戦記事を書きます」と宣言していたのですが、

それ用に用意していた実戦データを間違って消しちゃうという

大ポカをやらかしてしまいました。

なので、詳細な実戦データは抜きで実戦の話と、

前の記事の補足として出目演出や打ち方についてもう少し書きます。

設定456確定演出が出まくった台で粘った

実戦データの一部が消失しちゃったので詳細は書けないんですけど、

某ホールの旧イベントデー。

旧イベントデーにはノーマル機にメリハリ設定が入ることが多いホールです。

開店から少し遅れて行き、150ゲームくらい回って捨てられてたエヴァまご2に着席。

すると投資貯玉141枚(47枚×3)で青7スーパービッグ、

間髪入れずにまた青7スーパーBIGを引いて、

その持ち玉で打っているとベルがバンバン落ちる。

 

最初の1000ゲームでベルが152回(1/6.57)。

そのあたりで大ハマリを喰らったのですが、

これだけベルが落ちていれば粘るしかない

(ベル確率は設定1が1/7.62、設定が上がるほど段階的に確率が高くなり、設定6は1/6.65)。

 

1022ゲームハマって追加投資を貯玉376枚(47枚×8)したところで

黄黄青BIG。

そのBIG中のミッション成功で笑顔のレイが登場して設定2以上が確定しました。

設定2以上確定って別に嬉しくもなんともないですね。

高設定ほど出やすくなっている、とかならともかく、

この演出に関しては設定2~6で出現率は同じなようです

(恐れ入りますが詳しくは適当な解析サイトを参照してください)。

 

で、打ち続けていると、

スーパーBIGがなかなか引けずに追加投資を1000円したりしたものの

ベルは快調に落ち続けます。

2000ゲームまででベルが305回(1/6.56)。

 

ベルはそのままの調子で、出玉はモミモミ・・

まもなく3000ゲーム消化・・というところで引いた黄スーパーBIG中に

(SOUND ONLYモード)セグ「44」が出現。

設定4以上が確定です。

3000ゲーム時点でベルは1/6.69。

もし「なんちゃって高設定」ならばこれくらい回すとたいがいベル確率が

悪くなってくるのですが、この日はいっこうに悪くなって来ないので、

「44」が出て安心するとともに

「ああ、やっぱり」という気持ちにもなりました。

これにて時間の許す限り粘らなければならなくなりました。

 

そして、確定演出が出たあたりからバンバンBIGが引け始めて・・・

約7000ゲームくらい?でプラス 2209枚

その後、REG中ムービーで虹色演出が3回も出たりしましたが、

出ろ!出ろ!と願っていた設定5or6演出は拝めないまま、

7000ゲームほどで時間切れ。

BIG24回、REG18回で差枚数はプラス 2209枚。

設定はわかりませんね。

細かいデータがなくなっちゃたけれど憶えてる限りでは

ボーナスは青頭に偏り、

RT終了画面はアスカばっかり。

ベルはヤメるときには1/7.00ほどまで落ちてきまして、

まあ設定4とかだったのかもしれません。

通常時に最大の設定推測要素のサンプルが集められるのは魅力的

BIG間で大ハマリすると苦しい場面も出てきますが、

高設定なら露骨にベルが落ちまくる展開になることが多いので

(もちろん、そうならない場合だってあります)、

ベルさえ落ちていれば比較的安心して粘れますね。

ボーナス確率には大きな設定差がない

(しいて言うなら設定6だけちょっとだけ優遇されている、というくらい)

ので、パチンコの甘釘台で粘るような感覚で粘ればいいのでは。

 

ハナハナやジャグラーのようにボーナス確率に大きな設定差のある台の場合、

当然ながら確率の分母がデカいのでなかなか設定がみえてきませんが、

このエヴァの場合は通常プレイ中に「ベル確率」という

最も設定差が顕著で信頼すべき設定推測要素のサンプルが集められるので、

押し引きの判断はハナやジャグよりも容易かもしれません。

ボーナスの迅速察知&迅速揃えはけっこう重要

前の記事で書かなかった

ボーナス察知後のフラグ判別について書いておきます。

打っている人をみていると、

ボーナス確定してボーナス種別が告知されるまでのあいだの

数ゲーム間、しなくてもいい損をしてしまっている人が

ものすごく多いようなので。

 

ボーナスを迅速に揃えるために、

通常時の演出モードは比較的告知が早い

ゲンドウorSOUND ONLYモードがおススメですが、

完全告知になるわけではないので

やはり出目からすばやく察知しすばやく判別してなるべく早く揃えたい。

 

そのためには、ボーナスを察知したら

左リール枠内に青7(偽)・スイカ・青7をビタ押し。

その打ち方で・・・

 

赤7上段停止は失禁必至!赤スーパービッグ濃厚!

↑その打ち方で、赤7が上段にズドーンと落ちて来たら

嬉しい赤7スーパービッグ(たぶん)確定!

そのまま赤7を揃えましょう。

青7サンド停止時は青7頭ボーナス(orスイカ)

青7(偽)・スイカ・青7がビタっと止まったら

青7頭のボーナスorスイカ。

右リール上段に赤7を狙います。

悩ましいことに上の青7はダミー、さらに下段ラインは無効なので、下段に狙ってはダメです。

赤7が上段に止まったら青青赤BIGなので、中リール中段に青7を止めます。

 

赤7が上段に止まらず、スイカもテンパイしなければ(スイカテンパイのときは中リールスイカ狙い)

青7スーパーBIGor青7REG。

上の青7と下段ラインは無効なため、

スーパーBIGとREGの両方をフォローするためには右リールから狙う必要があります。

右リール中下段に青7を押します。

この手順でここで止まったら青7スーパービッグorリプレイ(たぶん)。

中リール中段に青7を狙い、テンパイすれば青7スーパービッグ濃厚。

 

右リール上段or中段にBARが滑ってきたら青7REG。

(先にスーパービッグを狙って、揃わなかったら次のゲーム右の中下段にBAR狙いで青・青・赤BIGとREGをフォロー、という手順でももちろんOK)

左リールに青7サンドが止まらなければ黄頭ボーナス濃厚

左リールの目押しが正確なら、

青7サンド非停止かつ小役が揃わなければ

黄頭ボーナス濃厚。

次のゲームで逆押し。

右リール枠内に黄色7を目押し、枠内に黄色7が停止したら

中・左にも黄色7を狙って揃えば黄スーパービッグ(下段に狙わないように)。

 

右リールに青7が落ちて来たら中・右にも黄色7を狙って揃えば黄・黄・青ビッグ。

どちらも揃わなければ黄REG。次のゲームで揃えましょう。

(先に右リール中下段に青7を狙って黄黄青BIGとREGをフォローし、どちらも揃わなければ黄スーパーBIG・・・でももちろんOK)。

 

出目と演出の絡みがもう少し練られていれば神台だったのに

出目に関しては言うことないです。

飽きの来ない単純な法則が多くて

一日粘っても苦にならない。

1枚役からのボーナスが多く、

普通に打っていれば「いきなりリーチ目」

もけっこうな頻度で起こってその点も好感。

 

惜しむらくは液晶の演出はタダの賑やかし的な演出が多くて

(ゲンドウでも無駄な煽りが多い)

出目と液晶演出の絡みで入りを察知するパターンが少ないこと。

 

通常時、レバーオンで下パネルが点滅するとチェリー、

筐体上のロゴが点滅するとスイカ対応という演出があり、

これが矛盾でボーナス確定なんですけど、

そういう小役ナビ矛盾的な単純な入りパターンがもっとほしい。

 

液晶でのガシャガシャした煽り演出は

やっぱりパチスロには必要ないんだな、と痛感します。

カヲルモードが通常の演出モードで、

オプションでゲンドウとSOUND ONLYモード、

それだけでよかったのに。

 

ともかく、多彩な出目演出で

アクロス系Aタイプが好きなプレイヤーにも

おススメしたいマシンだと思います!

大人気になって設置が増えてくれれば、

設定推測が比較的容易&高設定の安定度バツグンのプロ御用達台に!・・・・

・・なれば嬉しいですがあり得ないだろうなあ・・・。

おすすめ記事:

 

 - パチスロ稼働 , , , , , , ,