負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

カジノ合法化 ギャンブル依存問題

IR(統合型リゾート)推進会議が制度の大枠をまとめる

更新日:

カジノを含むいわゆる「統合型リゾート」(IR)設置に向けた制度案を検討する

政府の有識者会議「IR推進会議」が、

7月31日に制度の大枠をとりまとめた、という報道をみました。

ただのパチンカーでカジノは素人の私でも、これでいいのかな?と疑問に思う内容でした。

まあ、たぶんギャンブルなどやったことないようなエライセンセイ方がメンバーの会議なので

下々の人間の心理などわからないでしょうから、そうなるのも当たり前かな、と。

思ったことを記事にしておきます。

スポンサードリンク

「観光先進国」の実現に向けて?

首相官邸のHPにあった資料。

~「観光先進国」の実現に向けて~、だそうです。

 

いろいろ細かく書いてあってよくわかんないですが、

読売新聞が「特色」と書いていたのは3点。

 

日本人利用客には、

①マイナンバーカード提示を義務付ける

②入場回数を制限する

③チップ購入は現金に限る

などの規制を設ける、とのこと。外国人は関係ないらしい。

 

要はギャンブル依存症を懸念する声がうるさいからそれに配慮したかたちで、

報道もそこばっかりに偏重してる感じですね。

カジノなんぞがいくつかできたくらいで依存症患者がそんなに増えるか!

というのはまた別の記事で書いてみたいと思っていますが、

大事なのはそこじゃないだろ・・・という気しかしません。

ギャンブル大好き人間「しか」利用しないだろう

「観光先進国」を目指すのが目的であれば、日本人を出禁にしたっていいんじゃないか。

だいたい、「マイナンバーカード提示を義務付ける」って、

リゾートに遊びに行くのにそんなものを携帯しなきゃいけないのか。

 

そもそも今回の統合型リゾートの話は、

「カジノを含む統合型リゾート」であって、

カジノはあくまでもIRの一部分。

 

たとえラスベガスのリゾート施設でディナーショーをみたり泊まったりしても、

カジノなんぞ行かない、という人だっているわけです。

私は25年ほど前に会社の研修旅行でラスベガスに行きましたが、

数十人の参加者のうち、自由時間にカジノで遊んでいた人間は

半分もいなかったと記憶しています。

 

そういうリゾートで楽しもうというときに、カジノで遊びたいからと考えて

国民の1割しか持っていないというマイナンバーカードをわざわざ用意し、

わざわざ携帯して行く、というのは、

まさに依存症に近いようなギャンブル大好き人間しかやらないことだと思うのです。

 

つまり、日本人客に関しては、

普通の人はマイナンバーカードを持って行ってまでカジノで遊ぼうとは思わず、

面倒くさい準備をしてまでギャンブルに興じたい、という人間だけがカジノに行くことになるのでは、

ということで、依存症っぽい人だけがカジノの客となり、普通の人は利用しない、という、

いまのパチンコ店のような世界になるのではないか。

 

これなら最初から「日本人はお断り」でもいいんじゃないの、という気がしますね。

スポンサードリンク

依存症問題は二の次でいいのでは

ほかにもカジノの面積制限など、

あまりに厳しい規制は事業者の投資意欲をそぐ、という意見もあるようです。

依存症問題ばかりが取りざたされますが、

そもそもIRが「観光先進国」化や自治体の地域経済の活性化への起爆剤、

になりえるのか、という点のほうが重要な問題では。

 

カジノを含むIRなんて世界中にいっぱいあるわけで、

外国人観光客が、そこへ行きたいから、そのために日本へ来ました!

と言うような日本独自のIRにしなければ、

つくったはいいが儲からないから撤退、ということばっかりになるのではないか。

 

魅力的なリゾートにする方策はIR事業者が考えることなんでしょうが、

その事業者に手かせ足かせをはめることばかりを考えている印象ですね。

まずは事業として成功させなければしょうがない。

 

ぱちんこ業界だって、「射幸心を煽るから」という理由で

バカみたいに規制しまくるから縮小しちゃってるわけでしょう。

わが地域などヒドイもので、

パチスロの朝イチのリール出目を7揃いにしたりするのもいけないらしいし、

メール配信や折り込みチラシも、

新台入替の日は新台を紹介してもいいがそれ以外は

特定の機種がアツいみたいに匂わすような文言を入れたりするとアウトとのことで、

「本日通常営業」みたいな言葉しか書けないらしい。

 

パチンコ店の話はともかくとして、

もちろんアンダーグラウンドな勢力が関与できないようにしたりする規制は絶対に必要。

しかし、懸念される弊害への対策ばかりに目が行っていて、

どのような枠組みにすれば客がたくさん来るIRがつくれるか、

という視点がないのかな、という印象を受けました。

マイナンバーカードがないと入れないなんて、

いまの普及率からすれば「日本人は来るな」と言っているようなもので

(マイナンバーカードを普及させたい、という狙いもあるんでしょうか。免許証や保険証じゃいけないのでしょうか)、

だったら最初から「カジノは日本人入場禁止」にして、

VIP外国人からカネをむしることを目指せばいいんじゃないか。

 

推進会議のセンセイ方がやるべきことは、

どういう制度にすれば観光客を呼べるIRをつくれるかということと、

パチンコ店みたいにそこらじゅうにカジノができるというわけではないんだから、

依存症患者が増えるなどという心配はナンセンス、

ということを国民に啓蒙すること、なんじゃないかなと思います。

 

今後も動きがあったら記事にしていきます。

スポンサードリンク

 

-カジノ合法化, ギャンブル依存問題
-, , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.