負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

認知症の進行をふりかえってみる

要介護認定を受ける②

更新日:

母の認知症の進行を振り返る話の続きです。

以前の記事 要介護認定を受ける① で、

市がやっている、介護予防のための「生きがいデイサービス」

に行かせていたものの、認知症がすすみ、それも困難になってきたので、

介護認定を受けて、介護保険をもらいつつ、

要介護者のためのデイサービスに行かせよう、となったという話を書きました。

地域包括支援センターでその旨を話したところ、

市の高齢者福祉課から電話がかかってきて、

「お母さんに会って話をききたいので、都合のいい日を教えてください」という。

スポンサードリンク

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

要介護認定とは

要介護認定とは、介護保険の保険者である市町村が、

被保険者が「介護を要する状態」であることを認定する

ことです。→参考

市の担当者が、本人の状態をみて、その人を介護するために

どれだけの手間と時間がかかるか、を基準に、

7段階で要介護度を認定し、その段階によって、

自己負担額1割(もしくは2割)で使える介護サービスの金額が決まります。

軽い段階なら、使える介護サービスは少なくなるし、

重ければ、より多くの介護サービスを、自己負担1割(2割)で利用できます。

 

で、介護認定の7段階とは、

自立(なんでも自分でできる人。介護サービス費支給の対象外)を除くと

・要支援1or2

・要介護1~5

で、要介護5が、最も重い状態、ということになります。

 

母は、この時点ではまだ、よくしゃべるしよく動くし、パッと見だけでは

認知症とはわからないくらい。犬の散歩にもひとりで行っていたし、

風呂もひとりで入れる。ただ、物忘れが激しい、家事をやろうとするがすべて失敗するので、

火の心配などもあり目が離せない。そんな感じでした。

いま考えればカワイイもんだったんですが、そのときはそうは思えなかったのです。

 

で、とりあえず週に2回か3回くらいはデイサービスに行かせたい。

「要支援」ではそんなに行かせられないので、

「要介護」にはなってほしい。この時点ではそう考えていました。

他人の前ではまるで別人になる

ここで心配だったのが、母の、

他人がいる場所では別人のようにしっかりしてしまうという性質。

このころは近所の人たちにも、母が認知症ということに

気づかない人も多いくらい、他人と話すとしっかりしている。

というよりも、ほんとうは本人が努力して、呆けていることを

悟られないようにしていたのかもしれません。

しかも足腰はしっかりしてるし、調査員の目がフシアナなら

要支援どまり、まさかとは思うけど「自立」もありえるんじゃないか・・・

と思いながら、訪問調査の日を迎えました。

調査員を笑顔で歓待する母

調査員の方(このときは30くらいの女性)が来て、母に「おかあさんにお客さんだよ」

と言うと、相手がどんな人間か説明してもわからないながら、

お客さんなら接待しなきゃ、とばかりに、

お茶を入れたりしようとします

(普段はできないのに、完璧にやっている!)

調査員の方は、とりあえず母と話したい、というので、

私はそばに座って、話をしてもらいました。

 

調査員の方が笑顔で話しかけると、普通に笑顔でこたえる母。

「いま、季節は何ですか?」と訊かれて、夏なのに「え~と・・冬かな」

とか、間違ったことを連発しながらも、

「自分で~~をできますか?」ときかれると、

実際はできないのに「できます」と答える母。

私は、それをまともに受け取られたらたまらんと思って、

つい「いやいや、できません!」と口をはさんでしまいます。

調査員の方は「あとでききますから。(黙っててください)」

と言って、私に口をはさまないように言います。

多少大げさに、困ってることを話す

普段とはまったく違ってしっかりしている母の様子に、

調査員の方がどう感じたかはよくわかりませんでしたが、

母との面談後、私は多少大げさに、私が困っていることを話しました。

この時点では不潔行為や徘徊などの症状は出てなかったものの、

とにかくひとりにできない、目を離すとなにをするかわからないというところが

問題だったので、そこを強調しました。

「要介護1」となる

数週間後くらいか忘れましたが、封書が届き、

「要介護1」に認定された旨が書いてある文書と、

「介護保険被保険者証」が入っていました。

とりあえず、そこそこ介護サービスが使える「要介護」に

なったことで一安心でしたが、ついにここまできてしまったかという

落胆、不安もありました。これからどこまで進んじゃうんだろう・・。

このあとの話はまた別の記事で書いていきます。

スポンサードリンク

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

それではまた。

 

-認知症の進行をふりかえってみる
-, , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.