パチスロは遊戯ではなく、投資ととらえる

      2017/08/30

先の記事で、パチスロは遊びとしてはたいして

面白くないということを書きました。

そんな私でも、負けてもいいから打ちたいと

思っていた、思っている機種はたくさんあります。

ニューパルサー、サンダーV、アステカ、スペックA,

キャッツアイ、ナイツ、ハナハナシリーズ、初代エヴァ・・・

ここ数年の機種では鬼の城とか。

パチンコでいえば綱取物語、ダービー物語、ジャスティ、

メガトロン、びっくりまん、CR花満開、湘南爆走族・・・

でも、上記の機種たちを打ったときの収支を

振り返ってみると(昔の台は機種別の成績を記録してないのですが)、

初代エヴァ、綱取物語以外は、いずれも負けているか、良くてトントンと

いったところです。特に花満開なんて、たぶん車が買えるくらい負けました。

スポンサードリンク

好きな台だと勝てない理由

打ちたいので、「打つ理由」を自分に都合よくこじつける

パチスロで稼ぐためには、台を選ぶ際の「選ぶ理由」が重要です。

天井(そこまで回せば必ず当たる回転数)が近いから、とか、

出玉などから判断し設定(その台の当る確率、出玉率を段階で分けたもの)

が高そうな台だから、とか。

でも、好きな台、面白い台だと、その判断基準を妥協してしまいます。

まだ天井には少し遠いけど、(打ちたいから)まあいいか・・・

あんまり出てない台だけど、(打ちたいから)まあいいか・・・

そう考えて打ってしまうので、結果、負けることが多くなります。

ヤメ時を逃し、無駄打ちが多くなる

これは講座のなかでいつか書きますが、

打った台を「いつヤメるか」ということは、

パチスロで稼ぐうえで非常に重要です。

天井に近い台を打って、安い投資で当ったとしても、

当りが終わった後に無駄に打ってしまっては、

天井に近い台を打った意味はありません。

だって、当った直後の台は、最も天井に遠いのですから。

機種によって多少異なりますが、当りが終わったら

(出る期待度の高い部分を打ち終わったら)、

すぐにやめなければいけません。

でも、好きな台、面白い台を打っていると、

ついつい無駄に打ってしまうのです。

遊戯ではなく、投資と割り切る

遊びで打っているわけではない、お金を増やすための投資なんだ、

と考えるのです。こんなつまらんものに時間をかけるのは

もったいない、と思うことです。

「パチスロで稼ごう」などと考えるのは普通の感覚では

まともなことではないと思われるでしょうし、

私もそう思っていますが、「遊ぶためにパチスロで

大金と膨大な時間を費やす」ことも、

まともなことではないと思います。

あくまでも趣味、息抜きで、わずかな時間とわずかなお金で

遊ぶ、ということができるのなら別ですけれど。

とにかく、「遊戯ではなく投資」というとらえ方を身に着けることです。

面白いと思うのは出た時だけ

お札を、まるで紙屑をシュレッダーするようにコインサンドに

突っ込んでいるとき、「パチスロっておもしれえ~」

と思っていますか?否!でしょう。

たくさん出たコインを、ドヤ顔でドル箱に詰め込んでいるとき、

「パチスロっておもしれえ~」と思っていますか?

そこは「そうだ!」でしょう。

勝てば面白いのです。負けてつまらない思いをしたくない、

勝って楽しい思いをしたい、と思うならば、

「パチスロを」楽しむ、という考えを捨て、

「パチスロでお金を増やすことを」楽しむ、というふうに、

発想を転換することです。

抽象的な話ばかりになってますが、稼げるようになるためには

知識やテクニックよりも考え方が重要なので、

もう少しおつきあいください。

続く。

スポンサードリンク

それではまた。

 - 初心者のためのパチスロ講座, 勝つための考え方 , , , ,