「老後2000万円」問題。これでもまだ自民党に投票する気ですか?

   

首相の諮問機関、金融審議会(金融庁に設置)が、

夫婦が95歳まで生きるには夫の定年退職(65歳)後の30年間で

年金収入以外に2000万円が必要、という報告書を公表。

 

すでに大混乱(混乱させてるのは政府と与党だけど)となっていますね。

老後にいかに健康に豊かに生きるか、ということは

私にとっていつも関心をむけていることであるので、

思うことを書いておきます。

年金だけで足りる人なんているの?

そもそもこの報告書は、高齢者がより余裕のある生活のために

どのように資産形成をするべきなのか・・ということを書いたものなわけで、

「年金だけでは2000万円足りない」ということはあくまでもひとつの例で書かれていたもの

だと思うんですけど、どうも

「年金だけでは足りない」ということばかりが強調されているようです。

 

金融機関の片棒を担ぐために「老後のために投資しなさい」という報告書を出したんだろ・・・

という点も気になるけれども、

まず驚いたのは

「年金だけでは足りない」と言われて

「えぇ~?マジで?」と大騒ぎしている人がいるということ。

 

「年金だけでは足りない」なんてのは全国民の周知の事実だと思っていたんですけど

そうではなかったようです。

特別養護老人ホームにいる私の母の場合、

国民年金(満額のはず)と、結婚前にちょっと働いていた会社からの年金がちょこっとあって

合わせると手取りで月額6万円ていど。

たった6万円でどうしろというのか。

夫が厚生年金をたくさんもらってれば違う場合もあるでしょうが、

年金だけで暮らしていける人のほうが圧倒的に少ないでしょう。

 

私の母はいまは特養にいて、特養に払わなくてはならないのは月に10万円弱ほど。

その前にいた老人保健施設は月に14万円ほど。

自宅で生活していたとしても、どうあがいても年金だけでは足りない。

貯蓄もちょびっとしかないので、足りない分は私が補うわけです。

 

このように「年金だけで足りるわけねえだろ」と思っていたので、

「2000万円足りない」という報道にふれて「えっ?『人生100年安心』はウソだったのかよ!」

と騒いでいる人がいることに驚いた次第。

そんなことはいまさら言うまでもないことでしょ。

今回の報告書は「たとえばこのケースだと2000万円足りません。だから資産形成を」

というだけの話で、ほんとうのことしか言ってない。

国民はその事実を冷静に受け止め、老後のためになにをするか、

そして年金制度をなんとかするためには誰に(どの党に)投票するべきかをよく考えるべきでしょう。

 

という、ただそれだけの話のはずなのに、

選挙に悪影響を及ぼしたくないゴミ政府・クズ与党が大騒ぎしている。

頼んでおきながら、自分に都合の悪い内容だったら「受け取らない」とダダをこねるクズ

財務大臣は報告書に関し

「世間に著しい不安と誤解を与えている。政府の政策スタンスと違うものは受け取れないと判断した」

と言って、報告書を受け取らないつもりらしい。

 

バカなんでしょうか。いや、それもいまさら言うまでもないことか。

金融審議会は首相の諮問機関、ってことはかたち上は

「お願いします」と頼んでこの報告書をつくってもらったわけですよね。

委員には日当を払ってる。つまり税金も投入している。

その金融審議会が報告書を出したら自分に都合の悪い内容だったから「これじゃあダメ。政府に都合のいい内容にしろ」

と言っているわけだ。

報告の内容が事実無根なんだったらともかく、たぶんほんとうのことが書いてあるだけなのに。

 

自民党も恐ろしいことをやってます。

幹事長は「選挙を控えている。候補者に迷惑を及ぼすことのないよう、しっかり注意していかなければならない」

と言い、金融庁幹部に対して報告書の撤回を要求したらしい。

 

いったい何様なのか。国民に重要な事実を知らせることよりも、

党の候補者に迷惑をかけないことのほうが優先だ、とはっきり言っちゃってる。

選挙前なんだから余計なことをいう奴がいないか監視しておけ、いたら潰せ・・というわけだ。

 

この報告をみて

「そうか。じゃあ政府・与党としてはどういう政策を立案しようか」

というのが正しい反応のはずなのに、

「選挙前にこんなもん出しやがって!」としか言わないというクズっぷり。

 

こういうのをみると、やっぱり80にもなって国会議員なんてムリなんじゃないの、という気がしてきます。

年齢による判断力の低下を理由に運転免許の返納を云々するんだったらその前に、国会議員の定年(もしくは当選回数の制限)を議論するべきでは。

長年惰性でやってるから感覚がおかしくなってくるんだろ。

長いこと「センセイ、センセイ」などと持ち上げられて生きてきたからこんなバカになっちゃう。

そして、権力に執着するばっかりに自分が愚かになってしまっていることに気がつかない。

福田康夫元首相は「私はねえ、自分を客観的にみることができるんです」という迷言を吐きましたが、そんな奴は少なくとも自民党にはいねえだろ。

これでもまだ自民党に投票する気ですか?

この件をみていちばん恐ろしく思うのは、

官僚や諮問機関が報告→政府・与党に都合が悪い内容→つぶされる・・

のであれば、

政府に都合のよいものしか世の中に出てこなくなってしまう、

ということでしょう。

官僚や諮問機関は政府・与党に忖度し、政府・与党が喜ぶものしか出さなくなってしまう。

ていうか、こないだの国税庁の佐川の件をみてもわかるように、すでにそうなっている。

 

いまだに安倍政権、それに自民党の支持率は3割とか4割とかあるらしいんですが、

今回の財務大臣や自民党幹事長の発言や態度をみても、

まだ自民党に投票するつもりですか?

「ほかの政権よりよさそうだから」とかいう理由で支持する人が多いようだけどとんでもない。

これよりもヒドイ政権・政党はありえないでしょう。

 

今回の金融審議会の報告書をうけ

我々国民がやるべきことは、

「2000万円たらねえのかよ!」と騒ぐことではなく、

まずは冷静に「自分はどうするべきか」を考えることでしょう。

せっかく「ほんとうのこと」を言ってくれたんだから。

 

そして次に、

この「ほんとうのこと」を自分に都合が悪いからといって「なかったこと」にしようとする

アホな政権与党を次の参院選で惨敗させることでしょう。

これだけ国民をバカにしている政権与党が生きながらえているのは

ひとえに何も考えずに投票している国民の責任なんですから。

おすすめ記事:

 - 認知症・介護, 雑談 ,