負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

音楽の話

2017年2月21日のNHK「うたコン」をみた

更新日:

さきほどまでパチンコが連チャンしていたため

今回のNHK「うたコン」は下調べは何もせずに視聴です。

テーマは「酒の名曲集 ほろ酔い気分届けます!」。

出演は、出演】五木ひろし,太田裕美,丘みどり,椎名佐千子,島田歌穂,鳥羽一郎,前川清,三山ひろし,山内恵介。

スポンサードリンク

鳥羽一郎が緊急出演。「兄弟船」は永遠の名曲!

冒頭は船村徹先生へのお悔やみから。ご冥福をお祈りいたします。

(昨日、その名作を紹介する短い記事をあげております→巨星墜つ・・・作曲家の船村徹氏が死去

そのため、弟子だった鳥羽一郎が急きょ出演ということになったようです。

あらためて、丁寧な船村先生特集の回を期待しています。

 

で、今回の曲目は以下の通りでした。

「兄弟船」・・・・・・・・・・鳥羽一郎

「酒場にて」・・・・・・・・・丘みどり

「酔っぱらっちゃった」・・・・椎名佐千子

「暖簾」・・・・・・・・・・・五木ひろし

「木綿のハンカチーフ」・・・・太田裕美

「元禄花の兄弟 赤垣源蔵」・・三山ひろし&山内惠介

「悲しい酒」・・・・・・・・・島田歌穂

「佐渡の夕笛」・・・・・・・・丘みどり

「倖せの約束~男のありがとう~」・・前川清

「九頭竜川」・・・・・・・・・五木ひろし

なぜ太田裕美にはいつもこの曲を歌わせようとするのか

今回は埼玉県春日部市からの生放送だそうで、春日部育ちの(生まれは東京だそうです)

太田裕美が出演。実は私は彼女の作品はものすごく好きで、

とくに初期の

「短編集」「心が風邪をひいた日」の2枚のアルバム(どちらも1975年)は、

棺桶に入れてほしいと思っているくらい好きな作品です。

 

恋の始まりから終わりまでのストーリー仕立てになっていて、

オッサンの私が聴いても「自分にもこういう時代があったな」とせつない気分になる「短編集」。

恋が実って楽しい嬉しい~、だけでなく、その後に起こるすれ違いや疑いや裏切りや絶望が

歌われているところに共感するわけです。

このアルバムは捨て曲一切なし、全曲が珠玉の名曲。


amazon.co.jp 短編集

 

例の「木綿のハンカチーフ」を収録している、「心が風邪をひいた日」。

「袋小路」「かなしみ葉書」など、胸を締めつけられる哀しい曲がすばらしい。


amazon.co.jp 心が風邪をひいた日

 

ほんとうは他にも紹介したいですが、私が死ぬほど聴きまくったのはこの2枚で、

まあとにかくあきれるくらい曲がすばらしくて、

さらに太田裕美の、透き通っていて伸びやかなのに甘い、

そして滑舌が悪いところがかわいさを倍増させる奇跡的に美しい声が凄い。

「袋小路」なんて聴くと、ほとんど「ろ」が言えてないじゃん、って思っちゃうくらい

舌足らずなんですが、そこがまたものすごく魅力的で個性的。わざとだとしたらなおさら凄い。

 

今回は「うたコン」の記事なのでそこに話を戻しますが、

とにかく「太田裕美が出る=「木綿のハンカチーフ」を歌う」、というふうにいつもいつも

決まっちゃってるのは、ちょっと嫌だなあ、というのが正直なところなんです。

たしかに「木綿のハンカチーフ」は素晴らしい曲なんですけど、

ほかのシングル曲、たとえば「たんぽぽ」でもいいし、

「君と歩いた青春」でもいいし、「しあわせ未満」でもいいじゃないか。

 

このあいだ新作を出したアメリカのメタルバンド METALLICAは、

ライヴでは初期の名曲でしか盛り上がらないらしいですが、

それは最近の曲がつまらないからそうなるのであって

(実際新作も吐きそうなくらい退屈でした。一回聴いて捨てようと思った)、

太田裕美の場合は「木綿のハンカチーフ」以外にもものすごい曲がいっぱいあるのに

なぜNHKは同じ曲ばかり歌わせようとするのか。

「うたコン」は、「うたのコンシェルジュ」を標榜するなら、ぜひとも彼女の名曲の数々を

それをまだ知らない人たちに紹介してほしいと思うのです。

スポンサードリンク

不覚にも丘みどりの新曲が出てるの知らなかった!

ついこのあいだに丘みどりの新曲が発売されていました。

不覚にもチェックしていませんでした。

ジャケット写真も超美人。


amazon.co.jp 佐渡の夕笛/雨の木屋町(CD)

露出もどんどん多くなってきて、こりゃあ今年は紅白初出場だろうなという丘みどりの

新曲「佐渡の夕笛」は、前のシングル「霧の川」と同じく、

私が尊敬する天才・弦哲也先生作曲のドラマティック演歌。カッコいい。

カラオケはちょっと難しそうかな?

彼女の声はちょっと田川寿美っぽいと感じるんですけど、田川のようなヘンな裏声を使わずに

パワーあふれるハイトーンを絞り出すところが好き。

演歌界は、歌は凄いけどルックスに難があるとか、もしくはその逆というパターンが

けっこう多いと思うんですけど、彼女の場合は歌も凄いしスタイルも顔も抜群に美しい

ということで、これで売れなきゃあもう演歌界は救いようがない。

2017年、もっとも注目すべき歌手だと思います!売れろ!

 

個人的には丘みどりの新曲が聴けただけで見た甲斐のある放送でした。

五木ひろしの「九頭竜川」も、聴くたびに感動を新たにするスルメ曲で素晴らしかったです。

 

来週はメンバー的に私が期待するものはあんまりないので、

ひょっとしたら記事にしないかもしれません。

義務で記事を書いてもつらいしつまらないので。

スポンサードリンク

それではまた。

 

 

-音楽の話
-, , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.