負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチ・スロ収支

2017年2月のパチンコ・パチスロ収支

更新日:

今年も早くも2月が終わりました。

そろそろ花粉症がキツイ季節ですね。

私もハナズルズル、目をゴシゴシしながらパチスロにいそしむ毎日になります。

思考力や集中力に影響するので、花粉症を軽減するためなら

どれだけ投資しても惜しくないと思って、毎年いろいろ試すんですけど、

年を重ねれば重ねるほどひどくなってきて・・・。

どうでもいい話でしたけど、今回は2月のパチンコ・パチスロ収支の記事です。

スポンサードリンク

パチスロは痛恨の差枚数マイナス

最終的な収支はなかなか、のように見えますが、

かなり苦しい展開でした。はっきりいってお話にならないレベル。

収支 プラス 366,568円

稼働時間 188.5時間(移動などもすべて込み) 時給 1945円

パチスロ差枚数 マイナス 2,313枚

パチンコ差玉数 プラス  120,455個

 

2015年12月以来の、月間でパチスロ差枚数マイナスを記録。

何度も書いているように、月というスパンでぶった切って考えれば、

どんなに凄い立ち回りをしてもマイナスで終わることは必ずあるので、

それ自体は別にどうってことないですが内容が最悪です。

ミリオンゴッド凱旋の天井台が拾えないとなかなか稼げない、ということが露呈してしまった形です。

パチンコが好調だったおかげで全体的にはそこそこの収支となりましたが・・。

凱旋とハーデスに頼りきりだったツケを払うときが来た

ミリオンゴッド凱旋の天井狙いは16回しかできず。

目立った爆発もなかったけれども天井前に当たってくれるパターンが多くプラス 1,672枚。

いちおうプラスですけれど、主力機種がこれではどうしようもないですね。

アナザーゴッドハーデスは11台でマイナス 2,373枚。こちらも天井到達は少なかった

けれども大爆発も引けず。

↑ここしばらくVVV揃いをみてないです・・・

 

出た出ない以前に拾えた台数が少なかった。というのは、これまで凱旋もハーデスも

毎日据え置きでほったらかしだったF店が突然、

リセットと据え置きを織り交ぜるという嫌なことを始めたせい。

幸いにして私は騙される前に他人が打っているのをみて気がついたのですが、

あやうく大怪我するところでした。

まだ、どのような傾向でリセットと据え置きのどちらにするのか、がつかめていないので、

おっかなくてなかなか打てない状況に。

そもそもあんまり稼働のないホールなのでますます傾向がつかみにくいのです。

まあ、主力ホールのうちの1店舗だけのことなのでどうってことないといえばそうなんですが。

とにかく、凱旋とハーデスで勝てないと収支がメタメタになります。

先が思いやられる結果となりました。

 

1月は活躍してくれた(→2017年1月のパチンコ・パチスロ収支

クランキーセレブレーションは、16台も打ってマイナス 536枚。

高設定を思わせる挙動だった台しか打たなかったのですが、

甘い機種なだけに、やはりなかなか本物の高設定はないですね。

 

凱旋とハーデスが拾えない、ノーマルタイプの高設定ぽい台はない、

高設定投入期待度の大きいバジリスク絆は死ぬほど嫌いだし

(もちろん高設定確実なら嫌いだろうが打たなくてはならないのですが

打つとパチスロが心底イヤになってくるのでできるだけ避けたい)、知識がないのでムリ、

というわけでパチンコを打つ時間が増えていきます。

スポンサードリンク

アミバが頑張ってくれて一撃42000発

グラフのギューンと上がっているところは

「CR真・北斗無双」(ミドル)で26連をやらかした日。

アミバが激振孔を突きまくってくれました。

ふだんはケンシロウやラオウの王道キャラで負けまくりですが、

アミバやジャギ、無法者などの小悪党を選ぶと連チャンするというオカルトが

私の中で出来つつあります。

さらにそのあと14連、6連、3連とやってプラス7万発オーバー。

 

千円当たり22~23回ほどの台だったので粘ったわけですが、

まあ出たところで面白くない台という評価は変わりませんね。

基本的にSTというイライラ必至のシステムが嫌いだし、

通常時の煽りのウザさは現役機種トップクラス。

さらに、私のように原作マンガは知ってるけどゲームは知らない、

という人には違和感しかない演出ばっかり。

 

なんでケンシロウやラオウがマミヤやリンに負けたりするのか。

ゲームがそういうゲームだからしょうがない?

パチスロ「ゴルゴ13~薔薇十字団の陰謀~」とかもそうだったんですけど、

無敵なはずの主人公が負けまくったり失敗しまくったりする演出はやめてほしいものです

(5号機初期のパチスロ「ゴルゴ13ザ・プロフェッショナル」

はそのへんに気を使ってたんですけどね。狙撃失敗ではなく

「依頼者の言ったことにウソがあることがわかったから狙撃をやめた」

とか、ゴルゴが失敗や敗北、ということにならないようにしていました)。

 

と、文句を言いましたが、この爆発があったおかげで2月はなんとか恰好がついたかなということに。

他は、いつもの「ヴァン・ヘルシングⅡ」や「モンキーターン 神速の勝利者」、

「デジハネ化物語」などで安定して引けました。

 

ただ、パチンコの場合、私の巡回するホールの中には甘釘を投入してくれる店が1店舗しかないので、

すべてその店次第、ということになり、非常に不安定です。

ほかのホールは新台導入から一切釘をいじらない(ようにしかみえない)ところばかりです。

パチンコに重点を置いていくとなるとそこが問題で、

遠征や引っ越しも視野に入れなければならないので、

なんとかパチスロで活路を見出していかなければならないのですが・・

凱旋とハーデスがなくなった後の方向性がみえてきません。

先行き不安しかないけれど

2015年にミリオンゴッド凱旋が登場したときは、

こりゃあ稼げるぞ~と色めきだったもので、実際ものすごく稼げたわけですが、

調子に乗って凱旋ばかり打ってたツケを今後払わされることになりそうで、

先行きがものすごく不安です。

ノーマルタイプ機はともかく、AT・ART機については天井ゲーム数がいくつか

と言うこと以外ほとんど勉強してませんからね。

無駄な知識に振り回されることもあるので、勉強すれば勝てるかというとそうでもないのですが、

もっと貪欲に、稼げる可能性やつけこむスキのある台がないのかを探求する努力を

するべきだったと思ってます。

そのへんの意識を変えることも視野にいれつつ、3月もプラス収支を目指していきます。

スポンサードリンク

それではまた。

おすすめ記事:

 

-パチ・スロ収支
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.