2017年3月のパチンコ・パチスロ収支

      2017/08/30

いつもならこの時期はパチ屋でも何十回もハナをかみながらパチスロ打つんですが、

今年はなんとなく花粉が少なかったような感じで、比較的集中して打つことができました。

それはいいんですけど、もうひたすら引けない、当たらない、

苦しい展開ばかりになり、パチンコ・パチスロ:負けが込んでいるときの考え方

のような記事を書いたりしました。

ひと月終わってみると、いちおうはプラス収支ですが、

これが続いたら生きていけないので実質マイナス収支です。

スポンサードリンク

月末に上昇するもヒドイ成績に

収支 プラス 62,708円(2017年累計 プラス 924,409円

稼働時間 205.5時間(移動などもすべて込み) 時給 305円

パチスロ差枚数 プラス  5,886枚

パチンコ差玉数 プラス  5,668個

 

もうなにをやっても引けない、結果が出ないことが続きました。

年に何度かはこういうことがあるのですが、いままでは負け続けていても

次から次へと天井台や高設定臭い台などを拾えてたので心配はしませんでした。

しかし、今回は打つべき台を見つけるのに若干苦労したところがあり、

いままでもこんな危機は乗り越えてきた、問題ない問題ないと

自分に言い聞かせつつも、このまま浮かび上がれなかったらどうしようという

不安も持ちあがる稼働となりました。

CR花の慶次~雲のかなたに~での大負けから大スランプに

「CR花の慶次X~雲のかなたに~」をいまさら初打ち。にて書いた

大負け(3日間でマイナス約2万2千発)してから、

ひたすら引けない日々が続きました。

メイン機種である「ミリオンゴッド~神々の凱旋~」は、

25台拾えたもののプラス531枚どまり。

天井に到達したのが8回で、すべてが単発(GG中上乗せで単発を逃れたのが2回あり)

という嫌がらせとしか思えない展開に。

さらにハッピージャグラーV2でビッグ間2000Gハマリとか、

A店に導入されたサザンアイズで設定Cを2回つかんでブン回したにもかかわらず

ビッグ出現率が1/1000以下、チャレンジボーナスも1/120というヒキ弱を発揮しまくって負け。

などなど、挙げたらキリがないくらい悲惨な展開ばっかり。

スポンサードリンク

いちおう盛り上がった展開もあったが

差枚数のわりに収支が良くないのは、

10円スロットでの大量出玉があったから。

普通なら10スロなど打たないのですが、

アナザーゴッドハーデスが宵越しで800ゲームピッタシで捨ててあったので、

800ゾーンだけいただいて当たんなかったらやめようかと。

20スロで時間もあったら当たるまでやるところですが、時間もなかったので。

 

そしたらすぐヘルゾーンで当たり、ケルベロス登場。

60ゲームでもいいや~と思ってたらなかなか終わらない。

もういいよ、早く帰りてえんだよ、と思いつつ打ってるとワンワンたちが火を吐き始めました。

ハイハイ、30ゲームね~、と思ってポンポンポンと打ったら、

1枚役が停止しドヒョヒョヒョ~・・という轟音が。

 

1枚役の2%で300のせらしいので、たまにはあると言えばあるんですけど、

なぜ低貸を打った時「だけ」こういうの引いちゃうのか。

これが530ゲームまで伸びて、10スロなんかでこんなに引きやがってめんどくせえ~と

思って急いで打っていると、鎖につながれたハーデス様が登場しリールがグニャグニャ~。

今日はいらねえ~やめて~という願いもむなしく?ハーデス様咆哮→真っ暗でGOD揃い。

このGODは犬犬犬で終わってくれてプラス3258枚で終了。

 

ふだん引けないものを低貸で引くと死ぬほど嫌な気持ちになるので、

めったなことでは低貸は打たないようにしてるんですけどね・・・。

凱旋も一度だけハイライト展開アリ

さきほども書いたようにミリオンゴッド凱旋はヒドイ展開ばかり、

SGGがEXだったのに16ゲーム間で押し順斜め黄7が1回と通常リプレイ1回でのせただけ、

あとの14ゲームはすべて3枚役で赤7揃わず終わりという悲しすぎる出来事もありました。

 

しかし月末にやっと盛り上がった出来事が。

天井狙いの途中、リプレイ3連からG-STOPへ、そこでSが揃ってSGG突入。

赤7が1回揃って最終ゲーム。まあ1回揃ったからいいや・・と思ったら第三停止の瞬間

どばあ~ンとメデューサのお面が完成。

あれえ~なにも引いてないのに・・これはまさか・・

初めて体験する無限メデューサモード。

 

30ゲームを超えると金色の光がさして無限メデューサをお知らせしてくれます。

ちなみに、ユニメモミッションに「メデューサモード無限」(NO.52)

ていうのがあるんですけど、30ゲームを超えたところで「達成」のメッセージが出たので、

無限に入っても30ゲーム以前に赤7引いて終わっちゃったら達成扱いにならないのかな?

 

で、200ゲームくらいハマらないかな~とか期待しましたがそんなはずもなく、

33ゲーム目に赤7。そこからは赤7が結構揃ってくれて、

さらに黄7が7連とかハズレでのせたりとかして、目に見える上乗せが10個で終了。

で、最終的にGG20連でプラス約6000枚。

 

もう50万ゲームちかく、ミリオンゴッド凱旋を打っていますが、

今回の無限メデューサみたいにいまだに見られてないプレミアムは多いです。

GODステージ中白黒演出とか、チャンスボタン「神熱」とかのGOD揃い関連のプレミアム演出は

ほとんど見てないし、コンチ音(SGG中の押し順不問中段赤7)なんて一生引けなさそう。

まあプレミアム演出はどうでもよくて、

一番切望し、嬉しいのは天井到達時のVVV揃いスタートですね。これさえみられれば言うことなし。

 

そのほか、月末はプレミアムビンゴでHOOOAHしまくったりとか、

ゴーゴージャグラーで3000枚出たりして追い上げ、

パチンコも甘スペックの甘釘台で少しづつ収支が回復。

やはり、落ち着いていつもどおりやればなんとかなるわけですが・・

パチスロで稼ぐ、などといったところで現実はこんなもの

ここのところはパチスロ天井狙いも厳しくなってきたし、

高設定だからといって素直に出る台も少なく、

安易に「パチスロで喰う」とかぬかす若者も減ってきてるのかな、と感じるんですけど、

私も「パチスロで親を養う」などといったところで、現実はこんなものです。

負けるはずのない台しか打ってないのに収支はこの程度になることもある。

私はパチプロと自称したくないですが、パチプロとはこのように不安定で、

まともに働いたほうがよほど楽で楽しいということを知っていただきたい。

 

何度か書いたことですが、

私のように社会に適応できない性格で、人生をほぼ「降りた」オッサンはともかく、

健康で能力も未来もある若者が「キタイチキタイチ」と言いつつ

「パチスロで喰う」などと考えることはほんとうにもったいないことなのです。

期待値をもとめるのならまともに働いて、

パチスロをする時間をツブシのきくスキルを磨くことに使ったほうが、

人生全体の期待値は何十倍も高くなることに気が付いてほしい。

 

これまで、稼働記事はうまくいって良い展開になったときの記事ばかりを

書いてきましたが、今後は失敗して大負けした話とか、

そういったことももっと書いていこうと思ってます。

スポンサードリンク

おすすめ記事:

 

 - パチスロ収支 , , , , , , , , , ,