2019年12月のパチンコ・パチスロ収支

      2020/01/04

2020年となりました。あけましておめでとうございます。

 

旧年中はこのゴミみたいなブログをわざわざ見に来てくださりありがとうございました。

今年もテキトーにマイペース、書きたいものがあるときに書けるタイミングで書くスタイルで記事を更新してまいります。それでも読みに来てやってもいいぜ・・という方は、今年もよろしくお願い申し上げます。

 

個人的には新年だからといってなんの感慨もありませんが、自分の活動を見直したり気持ちを入れ替えて新鮮な気持ちで物事に取り組むようにするという区切りとしてはこの時期は意味をもっていると思いますので、まずは昨年のまとめを終わらせておきたい。

今回はとりあえず12月のパチンコ・パチスロ収支。

大負けも大勝ちもなかったが・・ジリジリと苦しい稼働

おだやかな波で大負けも大勝ちもなく、トータルで見るとなかなかまとまった結果が出ない・・というジリジリ展開でちょっと苦しかったです。月末に盛り返していちおうプラス収支。

収支 プラス 129,759円(2019年累計 プラス 3,432,463円

稼働時間 197.5時間(移動などもすべて込み) 時給 657円

パチスロ差枚数 プラス 8,120枚

パチンコ差玉数 プラス 3,155個

(差数のわりに収支があがってないのは今月も5スロなどでの勝ちがけっこうあったからです。)

 

まあ、波がおだやかになったのは当たり前といえば当たり前。

これまで収支が荒波になる原因となっていたパチスロ「ミリオンゴッド凱旋」や「アナザーゴッドハーデス」は天井台が全然拾えず(凱旋は4台でプラス 417枚、ハーデスは1台でプラス 407枚)、パチンコも出玉性能の高い旧基準機がどんどん打てなくなってきていますから。

2020年の収支グラフはおそらく毎回毎回こんな感じになっていくんでしょう。

ドか~ンというイッパツが期待できなくなるので、これまで以上にシビアな立ち回りをしていかないとまとまった結果は出ませんね。

デカいイッパツが難しいから「間違って勝つ」ということが少なくなるので、勝てない人は負け幅は少なくなるけどまったく勝てなくなり、勝てる人は安定して勝てるかもしれないけれどその稼ぎは少なくなる。

パチンコはほとんど海だけ

私が唯一パチンコを打つA店。2018年以前は年末にガバっと釘がアケられる機種もあったりしたものですが、この年末はまったくガチガチなままでした。どこのホールも懐事情は厳しいんだなあ・・と痛感させられます。

しかしそれでも数回、神台「スーパー海物語in沖縄4MTC」で良く回る台をつかんだり(13台、マイナス 945個)、クソ台「戦姫絶唱シンフォギア」でそこそこ回る台で粘ったり(5台、マイナス6,651個)しました。でもやっぱりハナクソほども引けず。

「まどか☆まぎか 劇場版」とかでちょこっと出てトータルではトントンくらいになりましたが・・なかなか厳しいなあ。

 

まあ、海に関してはただ引けなかっただけなんですけど、なにしろ甘釘台をつかむのが難しくなってきているのがどうしようもない。この状況が好転するとは思えないので、パチスロ6号機に希望をつなぎたいところとなります。

パチスロは今後の稼働の方向性を模索

この12月で長年私の収支を支えてくれていた「アナザーゴッドハーデス」が撤去に。

さよなら「アナザーゴッドハーデス」・・実戦576台のデータをまとめてみた

まだ「ミリオンゴッド凱旋」が残ってはいるものの、そちらもすでに美味しいハマリ台はほとんど拾えない状況になっており、今後どのように勝っていくのか・・という方向性を模索する日々となっています。

 

といっても、高設定が期待できない以上、設定1であろうが勝てる(はずの)「天井狙い」「ゾーン狙い」に徹するしかない。

幸いにして6号機はこれができる台が多いですから、この戦術で勝っていくことができると実感できれば気持ち的に楽になります。なのでここ最近はこれに取り組むことが最優先事項になっています。

 

その6号機の天井&ゾーン狙い。12月はどうだったかというと、

 

ルパン三世イタリアの夢・・・8台 プラス 2,590枚

沖っ娘・・・・・・・・・・・4台 プラス 1,464枚

スーパービンゴギャラクシー・・2台 プラス 495枚

スーパードラゴン・・・・・・3台 プラス 772枚

美ら沖・・・・・・・・・・・9台 プラス 1,267枚

聖闘士星矢海王SP・・・・・6台 プラス 4,576枚

北斗天昇・・・・・・・・・・3台 プラス 1,678枚

まどか☆マギカ叛逆・・・・・11台 マイナス 1,104枚

 

・・と、まどか☆マギカ以外は軒並みプラス収支。

 

それぞれの狙い目などは私自身試行錯誤しているところでもあり、そういったことを解説している解析サイトなども腐るほどありますからここでは詳しく書きませんが、ルパンイタリアや北斗天昇など、安定して勝てそうな台がいっぱいありますね。

「狙いどころが多く拾いやすい」点では「美ら沖」、「ハマってさえいれば勝てる」という点では「ルパンイタリア」「北斗天昇」あたりが今後注目の台ですね。

 

まだサンプルが少なすぎるけれども、理屈的にもハマリ台狙いで絶対に勝てると断言できる台が多いので、今後も引き続き狙っていきます。

やはり当面の戦略は「6号機パチスロのハマリ台&ゾーン狙い」ということになりそうです。

数さえこなせれば安定して勝てる・・はずですが、なにしろパチ屋の客離れが激しいので、ハマリ台そのものがなかなか生まれない・・というのが問題ですね。

↑月末には星矢が助けてくれました~。オスイチで激アツのニケルーレット演出から聖闘士ラッシュ直撃。次ゲームレバーオンでブツン!とフリーズして千日戦争が26連、エンディング到達!

 

2019年の収支のまとめや2020年の展望についてはまた年間収支の記事で別に書いていきたいと思います。

2019年のパチンコ・パチスロ年間収支まとめ

12月の収支はあまりよくなかったものの、とりあえず飢え死にせずに正月を迎えられてホッとしているところ。

おカネ的な余裕はないけど正月はぱちんこから離れ、人間らしさを取り戻す時間に充てるつもりです。

 - パチ・スロ収支 , , , , , ,