負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチ・スロ収支

2020年8月のパチンコ・パチスロ収支

投稿日:

8月が終わりました。暑かったですね。その暑さのなかオリンピックやろうなんていうのは「選手とボランティアは日本の名誉とカネのために死ね!」っていうのと同じようなもんだ。コロナ云々は抜きにしても、真夏にやるという日程を変更しないかぎり東京オリンピックは中止にするべきでしょう。

それはともかく、私の住む地域は、この時期お盆までは観光客がわんさか来て道路が大渋滞するのがふつうなのですが、今年はコロナのおかげで来遊客は大幅減。GOTOキャンペーンの効果がどれだけあったのかなかったのか知りませんが、少なくとも地元民の体感では「こんなんで地域経済は大丈夫か?」という不安しかないです。

そんななか、地域のいくつかのホールがお盆後にちょっとしたリニューアルを実施し、それにともない出玉をアピールし始めました。

そんな体力があるんだ・・・とちょっと驚きでした。「このままではジリ貧。他店の客をなんとかして奪いたい」という姿勢の表れなのかな。

いつもなら「どうせたいしたことねえんだろ」というところですが、今回はどうやら本気みたいで、かなり凄い出玉状況に。そのおかげで下旬は1日中稼働しまくりで、稼働量はかなり増えました。

高設定台もけっこうつかみ、頑張ったその結果は・・・

天井狙いの効率が落ちるのは必然だから稼働量増は仕方がない

メイン戦略はもちろんパチスロ天井狙いとパチンコ遊タイム機ハマリ台狙い。

しかし、遊タイム機はとにかく時間がかかるし、パチスロも最も狙いたい「ミリオンゴッド凱旋」がなかなか拾えなかったり(8月は6台、プラス 2,259枚)で効率としてはあまり良くなかった。下旬にはパチスロ高設定台で粘りまくったのもあり稼働は増加。

収支 プラス 319,835円(2020年累計 プラス 2,194,098円

稼働時間 246.5時間(移動などもすべて込み) 時給 1,298円

パチスロ差枚数 プラス 15,541枚

パチンコ差玉数 プラス 25,371個

 

差数に対して収支が少ないのは5スロや1パチでけっこう勝ったから。5スロの6号機スーパーリノで一撃3000枚くらい出ちゃったり。

 

近所のホールがものすごいやる気をみせてくれて、かなりいい状況だったわりには収支はたいして伸びず。まあこのご時世ですから、この程度でも大喜びして感謝しなければならないでしょう。一般の方の感覚からすればひたすら遊んでいるだけなんですからね。本人にはまったくそんなつもりはなく必死に打ちまくった結果ですが。

ボーナスタイプ機の高設定で頑張った

パチスロ天井狙いのメインは、「S沖っ娘」。8月は朝イチリセットチェックも含めて18台、プラス 2,135枚。有利区間リセット時の50%を(50%でサンセットモード)あまり引けなかった。まあそれは仕方がない。

いちおう、450ゲームハマリくらいの台、もしくはゲーム数でハマっていなくても有利区間を800ゲームくらい消化してればOKかな・・と思って狙っていますが、ふつうに50%が引ければ凄い勝てちゃうので、あまり厳格に守ってないです。けっこう狙い目を妥協しています。それでもトータルでは負けないんだからどんだけ激アマ台なんだ、という話で、とにかく撤去されないことを祈るのみです。

それから「超AT美ら沖」。400ゾーンの台とかストック放出後モード抜けでヤメの台とかがけっこう拾えちゃう。14台打ってプラス 1,794枚。低設定は一撃性能は高くないからこんなもんでしょう。

あとは「聖闘士星矢海皇覚醒SP」が8台でプラス 3,440枚。→日常の稼働日記:バカヅキ大量獲得でキモチよかった日。の記事で書いたエンディング2回で助かっただけ。

先述の通り凱旋はあまり拾えずデカい勝ちはなかったし、全体に天井狙いはイマイチでした。そこを補完してくれたのがボーナスタイプ機の高設定台。

 

「エヴァンゲリオン まごころを君に2」で456確台を2回つかんでプラス 3,800枚。「コードギアスR2 CC」がプラス 1,287枚、「北斗の拳修羅の国篇 羅刹」(リンが「愚かな愛に生きるものが最後には勝者となるのです!」って言った)がプラス 887枚など。それぞれあんまりたいした爆発はしなかったし疲れたけど高設定台で粘って勝つのはやはり気持ちがいい。勝つべくして勝った、ということですからね。

惜しい展開もありました。「A-SLOTツインエンジェルブレイク」。前任者が1500枚くらい持って帰ってすでにスペシャルビッグ(設定差特大)を1回引いてた台。こりゃあクサい・・と思って座ったらいきなり2回もフリーズからスペシャルビッグで高設定を確信、しかしその後まさかの1500オーバーハマリを喰らってそのまま浮かび上がれず撃沈なんてことも。確定演出は出なかったけど、スペシャルビッグを3回も引けてれば追うしかないわけで。

↑高設定ほどフリーズ演出が起こりやすいっていうのはなかなか魅力的。私好みの「いきなりリーチ目」っていうのもけっこうあるし、なかなか面白い台じゃないか、と見直した次第。

「リング 呪いの七日間2」が大活躍

パチンコは相変わらず遊タイム機のハマリ台と海狙い。

海のメイン「スーパー海物語in沖縄4MTC」はダメでした。10回(粘ったのは2回)打ってマイナス 2,624個。1回は27回くらい回る凄い台だったのにクソハマリ&通常単発祭りで撃沈。

好調だったのは遊タイム狙いのメイン、「リング 呪いの七日間2」。7回打ってプラス 37,827個。9連のあと保留で当たってさらに14連なんてこともあって、まあいいほうに偏りましたね。

ほかに「貞子3D2」や「モモキュンソード」なども何度か拾いましたがそっちは全然ダメでした。ていうか、貞子3Dやモモキュンソードのいろんな意味でのクソさ加減を考えると、やっぱり藤商事の台って完成度高いんだなあと痛感しますね。モモキュンソードはほんとサイテー。通常時もST中も大当り中もひたすらムカつくだけ。こんなもんのなにが面白いんだ・・って思うんですけど、「リング」はとりあえず告知の魅力だけで楽しめちゃう。その意味でも遊タイム機のハマリ台狙いは「リング」が今後も中心になりそうです。

不安要素は常にあるが、やれることをやるだけ

いまのところ、リニューアルを実施した近所のホールがまだまだやる気をみせてくれており(曰く、「最初だけ、って思われちゃあ意味がない」)、当面の間このホールに通い詰めになりそう。稼働量がますます増える見込みなので読者の皆様には恐縮ですがブログ更新もますます滞りそうです。

しかし、そのホールだっていつまでも大盤振る舞いというわけにはいかないだろうし、私にとってのドル箱機種「S沖っ娘」がいつまで打てるのか、というのも不透明だし、さんざん稼がせてくれた「ミリオンゴッド凱旋」もおそらくもうあと数回しか打てずに終わりになるだろうし、不安は尽きませんね。

まあ、常に不安にさいなまれながら生きていかなければならないのはぱちんこ生活者の宿命。いまは大企業の勤め人だって一生安泰っていうのはあり得ないんだから、先行きの不安を口にしても意味がない。とにかくやれることをやるのみです。

-パチ・スロ収支
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.