日常の稼働日記:6号機にも慣れてくると、2400枚ってすごい出玉感じゃないか!

      2020/03/18

ここのところのパチスロ稼働は、大部分が6号機のゾーン&天井狙い。

6号機だけに勝っても負けてもたいしたことがなく、しかも基本的につまらない台が多いので、「今日の稼働は記事にしてみよう」と思うようなドラマはなかなか生まれない。

しかし稼働記事をあげるとけっこうよく読んでいただけるので、需要があるのなら応えなくてはならない・・ということで、たいしたドラマがなかった日でもがんばってどんどん記事にしていこう・・・と思っています。

というわけである日の稼働内容を記事にします。この日はちょっとだけドラマティックでした。

美ら沖  G数カウンターが111G ストック放出後モード濃厚

午後からパチ屋に出勤。

まず目に飛び込んできたのは、大好きな「超AT 美ら沖」。

ゲーム数は111G。前回の当たりは33G、その前が初当たり。

つまり初当たり→ストック1個を33Gで放出、という流れだったことが濃厚。

 

この記事では詳細を解説することは省きますが、33Gで当たっているということはストックの放出だった可能性が高く、その場合は111Gではヤメてはいけません。

 

この台は初当たり後には有利区間をリセット(ランプがいったん消灯)、50%以上で(設定差アリ)「ストック放出モード」に移行。移行した場合は111G以内(ストック7個のときは222Gの場合もあり)の主にゾロ目ゲームにボーナスを放出します。最大7個ストック。

ストックをすべて放出したら「ストック放出後モード」へ移行し、109Gでいちど非有利区間に移行。数ゲームで再び有利区間へ移行し、ここでも50%以上で「ストック放出モード」へ移行します。

 

なので、33Gでの当たり後111Gという状況は、有利区間移行後2Gという可能性が高いということ。

これはこの台でよく拾えるオイシイ状況。連チャンゾーンは111G・・と遊技説明書には書いてありますから、連チャン後111Gチョイで捨てられていることはけっこう多いです。

 

・・・と長々と書きましたが、今回は残念ながらスカ。222Gを過ぎてヤメ。

好きでよく打っていますがなかなか結果が出ない。

マイナス 150枚。

クランキーセレブレーション すごく連チャンしてた台

次に、5号機の名機「クランキーセレブレーション」へ。

どれくらいだったかは忘れましたがあさイチから爆連してた台。

特定日ならともかく、平常の日にこれに高設定など入るはずもない・・と思いつつも、好きな台だけに打っちゃう。

 

すると速攻でBIGが2連。

オっ・・・これはひょっとして・・・とちょっとだけ期待したもののその後はモミモミ。

ちょっと信用できないなあ・・・といったところでルパンイタリアにハマリ台があるのを見つけたのでヤメ。

↑左リール青7下段からのリーチ目が好き!リーチ目の美しさでは間違いなく5号機ナンバーワンの名機。

 

投資 貯メダル94枚(47×2)

回収 369枚

差枚 プラス 275枚。

ルパン三世イタリアの夢 279G 前日0G 前々日0G その前不明

ハマリ台狙いが美味しい「ルパン三世 イタリアの夢」が279G、前日と前々日は0G、その前はわからない、という状態で空き台に。

このホールのルパンは、たまにリセット、だいたい据え置き・・という感じ。

ず~っと据えであったなら279G以上ハマってる可能性があるのでかなりオイシイ。

リセットであってもこのゲーム数なら問題なし・・ということで打ちます。

 

・・・

しっかし・・・いつ打ってもつまらない台だなあ。

カネのためと割り切っていなければとてもじゃないが耐えられない。「クソ台」というのはこういう台のためにある言葉。

 

で、さっきのクラセレでできた持ちメダルを使い切ったくらいのところでベルと強チェリーで当たり。揃ったのはルパンボーナスだったものの昇格してMAXに。

これが2連。終了後に有利区間が継続したので続行し、天国モードっぽく当たってまた昇格MAX。

それが単発で、有利区間リセットしたのでヤメ。

 

通常時もボーナス中もこの上なく退屈な台。平和はこんなマンガ台でいい年こいたオトナがエキサイトできると本気で思っているのかな。もうちょっと面白ければもっと稼働があって、もっとたくさんオイシイ台が拾えるかもしれないのになあ。

投資 持ちメダル329枚と貯メダル47枚

回収 546枚

差枚 プラス 170枚。

聖闘士星矢海皇覚醒SP 308G

さっきまで誰かが打ってて、ドル箱2つを持って帰っていた「聖闘士星矢 海皇覚醒SP」が空き台になっている。G数は308G。おお、イイところまで回してくれた。

昨年は収支に大貢献してくれた6号機星矢。→2019年のパチスロ機種別成績を検討する。

しかし今年に入ってからはなかなか拾えない(次々に撤去されてしまっている)うえに海将軍に負けまくりで結果が出てない。この日までに8回打って一度も聖闘士ラッシュに入らず、トータルでマイナス 3,303枚。

ここらでイッパツデカいのが欲しいところ。

 

打ちますと、600Gくらいで強チェリーからGBに当選。

バトル前に強チェリーを引き、「続」が1個。

で、出てきたのはアイザックで60%。

60%の2連チャンなんてのはそうそう引けないっていうのは海物語でも身に染みてますから、どうせ負けるんだろ・・・といったところですが、1個の勝利ストックで普段よりは圧倒的アドバンテージのある状況。ここは勝ってよ!

 

1戦目はもちろん勝ち、2戦目はパンチを喰らって立ち上がり、3戦目は日時計ボタンがヴヴヴヴヴヴ~って鳴って勝利!

今年はじめての聖闘士ラッシュ。やっと引けた。

天馬覚醒はストックが5個。まあまあですが、どうせなにも引けずに6連で終わるんだろ・・・と期待せずにラッシュを消化しはじめます。

上乗せが爆発!

しかしこの日はこれまでの不振ぶりがウソのようなヒキを発揮します。

1セット目、柱が崩落して紫龍が登場。いつもなら「ハイハイ、スイカね~」という演出。

しかし今回はいつもと違って「廬山!昇龍覇~~!」って言って龍が出て・・・

なかなかレアなスイカでの上乗せ!

 

さらに2連目にはチャンス目で上乗せし、7を狙えで7が揃って出てきたのが黄金激闘でアルデバラン。

アルデバランは1回しか勝たなかったけれど、3連目にもチャンス目でのせ、8連目にはチャンス目から火時計を押せ→一輝カットインという流れで上乗せ。

10連目には瞬がネビュラストームを炸裂させて100G。

 

おお・・なんだこれ。ここのところ引けなかったぶんを全部取り戻すかのようなヒキ。

18連目には歌が流れ、19連目後にエンディング。2443枚獲得!

 

ひさしぶりのエンディング到達。よかった~。

それにしても、一撃2400枚ってすごい出玉感ですよね。

5号機凱旋やハーデスなら「もっと、もっと!」となるところですが6号機はこれ以上はあり得ないうえに出玉スピードもあるので、素直に「やった~!」という達成感が得られる。

(前にも同じことを書きました→6号機の「2400枚」リミット。・・・それで充分じゃないか?

最近の台はうまいこと2400枚というリミットを突破できるように工夫されているものも多くなってきましたが、いずれにしろパチスロの一撃性能はこの程度が適当なんじゃないのかなあ、と。

低投資で打てて、2400枚というそこそこの夢がそこそこの頻度で実現できる・・・という6号機は、莫大な投資で万枚を目指すような爆裂5号機よりも、安定して勝ちたい人間にとっては魅力的と言えますね。

 

その後、最後に5号機「南国物語」がボーナス後33Gで捨てられていたので75Gまでを狙ってスカ。マイナス47枚。

それでこの日の稼働を終了。

1日トータルでの成績は差枚でプラス 2,409枚。

金額に直すとプラス 46,770円となりました。

 

星矢は地域の20スロには2台くらいしかないんですけど、今後も積極的に狙っていきます。どこかに大量設置・テキトーに打ち散らかす人がいっぱいいる・・ていうガバガバなホールはないのかなあ!

 - パチスロ稼働, ふだんの稼働の様子 , , , , , , , , , , , ,