6号機の「2400枚」リミット。・・・それで充分じゃないか?

   

6号機パチスロも続々と登場してきていますね。

まだまだ各メーカーがいろいろ試行錯誤している段階のようにみえますが、

個人的には天井機能を搭載した台が登場してくれているのが嬉しい。

5.9号機は天井非搭載だったためまったく触れませんでしたから。

 

それに、出玉規制により一撃性能が低く抑えられているせいで、

設定に沿った出玉推移に比較的なりやすいというのも

カネのために打つ私のような人間には好都合。

ホール側は出玉を見せたければ高設定を使わなければなりませんしね。

思えば最初期の5号機もそんな感じでしたよね。

 

というように、少なくとも5.9号機よりは勝機がみえる・・・ような気もする6号機。

しかし、6号機のクソなところとして、一撃出玉のリミットが2400枚ほどと決められている点を挙げる向きが多いようです。

今回はこれについて現時点で思うことを書いておきます。

爆裂5号機のクソだったところは・・・

ご承知のように5.5号機以前のAT・ART機には一撃出玉のリミットなんてものはありませんでした。

閉店という時間的なリミットさえなければAT・ARTが永遠に続くんじゃないかということにもなりかねない

ポテンシャルをもった台もありました。

トータルの出玉性能は別として、一撃1万枚を超える可能性は4号機よりも高かったくらいで、

そういう台に慣れたプレイヤーには

「2400枚」でぶった切られてしまう6号機の一撃性能は不満でしょう。

 

しかしですね、重要なポイントは「閉店という時間的なリミット」という部分。

打ち始めるときに、いま何時なのか、閉店まであと何時間あるのか、

ということを考えなければならない、というのが爆裂5号機の最大の難点でした。

 

もちろん4号機でも多少はそれを考えなくてはならなかったけれど、

5号機AT・ARTの場合は機種によっては閉店4時間前でも打つのがためらわれる。

5号機になってから「取り切れず閉店」を何度体験したか思い出せませんが、

いちばんヒドかったのは、「スカイガールズ よろしく!ゼロ」で昼くらいに天井到達、

延々とART残りG数が増え続けて2400G以上残して閉店、になったときとか。

↑間違いなく5号機史上最強の天井性能。何十回も天井狙いをしましたが天井に到達できたのは2回だけで、これはそのうちの1回のときの画像。あまりに強烈な天井恩恵なので、天井寸前は心臓バクバク。弱い予告でも倒れちゃう。1490Gくらいで(天井はボーナス間1500G)弱チェリーからボーナス当選したときには死にたくなりましたね。

 

とにかく、5号機はあまりにも時間がかかるので気軽に打てない、というのがイヤでしたね。

こんなゲーム性の台ばかりだったからライトなパチスロユーザーが減り

ぱちんこ業界の斜陽を招いたのではないのか。

思うに爆裂5号機のクソだったところはここ。

出玉スピードが遅いために時間を気にしなくてはならない。

分散の大きい出玉設計は、「達成感」を得にくい

もうひとつクソだったのは、

出玉の荒波をつくりだそうとして分散をできるだけ大きくしようとしたため、

よほど出ないかぎり満足感、達成感が得られることがない、ということ。

 

「アナザーゴッドハーデス」でGODを引いた場合。

100G+犬50G×3、裏ストックなしで終了して1000枚にも満たず・・・なんてこともあれば、

100G+全部ハーデス、途中にも上乗せしまくって超ロング継続、終わってからも裏ストックいっぱいで

そうこうしているうちにまたGOD・・であれよという間に万枚・・なんてこともあるわけです。

 

それがエキサイティングなのであるのはわかるし、私もハーデス大好きなんですけど、

このように分散(つまり「バラツキ」)があまりにも大きいと、

悪いほうに偏ったときにはひたすらガッカリしなきゃならないし、

いいほうに偏っても結局は「もっと!もっと!」となってしまうので、

満足感が得にくいと思うんですよね。

「ミリオンゴッド凱旋」の場合はGOD引いたらほぼ5連か6連ということになり、

そういう意味では素直に喜べる。ガッカリすることは(「その後の展開」を除いて考えれば)あまりない。

このようにしてくれれば、引いただけで満足感、達成感が得られるのに。

 

たとえば「獣王 王者の覚醒」で覚醒ラッシュ引いて40Gで終わればムカつくし、

300G乗せても(4桁イケるポテンシャルはあるので)な~んだよ、300で終わりかよ!となる。

どこまでいっても満足することはない。もっと、もっと、と思うだけです。

 

達成感、満足感、というのは、パチンコ・パチスロにおいて非常に重要な要素であると思います。

パチンコ「天龍インフィニティ」は大当り出玉は約6300個くらいでそれ以上になることはないけれども、

凄まじい達成感、大当たりした喜びを得ることができます。

しかし5号機AT・ART機にはこれが圧倒的に不足していた。

純増枚数を増加して出玉リミットを搭載した6号機は・・・

で、6号機。

先述した5号機の不満点がけっこう改善されているような気がします。

 

最近「聖闘士星矢 海王覚醒Special」のハマリ台をよく狙うんですが、

この台の場合は打ち始めの時間を気にする必要はあんまりないですよね。

天井に到達するまでに30分、ラッシュに入ってリミットまで継続したとしてもさらに1時間弱くらい?

とすれば、閉店2時間前でも打ち始めることができますね。

どう頑張ってもそれ以上続かないんだから。

もっと純増が多くてあっというまに終わっちゃう台もある(ようですね。まだ打ってないからわかんない)ので、

その場合はもっと遅い時間からでも打てる。

サラリーマンスロッターが会社帰りに凱旋やハーデスで天井狙いするのは(残り時間が少ないという意味で)無謀そのものでしたが、

6号機の場合は会社帰りでも天井狙いをすることは充分可能になってくる。

 

それから、出玉リミットがあることによって

「達成感」「満足感」という問題も改善される。

しかも純増枚数が増えたことにより5.9号機のときみたいに残り有利区間を気にする必要がほぼなくなった。

聖闘士星矢SPでエンディングに到達すれば、素直にうれしい。達成感が味わえる。

それ以上は絶対にないんだから。

多少の無駄引きがたまに発生するのは仕方がない。

そもそも一撃で万枚が可能なんていう出玉性能がおかしい(ていうか、そのために丸一日の時間が必要って言うのがおかしい)んであって、

2400枚で満足するべきでしょう。

2400枚を立て続けに引いて万枚オーバーということだってなくはないんだから、一撃性能としては不足はない。

4号機吉宗なんかは1900GハマってバケとかがふつうにあるくせにBIGの1G連はリミット5回(約3500枚)だったわけで、

そっちのほうがよっぽどふざけた仕様でしたよね。

 

 

そういうわけで、6号機の2400枚リミットというのは巷で言われているほど悪いことじゃないんじゃないか、と思ってます。

しかし、トータルでの出玉性能がもう少し高ければ・・というのは不満といえば不満ですね。

5.9号機よりは全然いいけれど、6号機でこれまでのように稼いでいけるか・・・

と言われれば現時点では「ムリかも」と答えるしかない。

 

一撃万枚なんていらない。2000枚超えて素直に喜べればそれで充分。

6号機時代の到来を機に、

メーカーの方々には一撃性に頼らないゲーム性をもった台の開発をお願いしたいです!

おすすめ記事:

 - パチンコ・パチスロ雑談 , , , ,