カジノを含む統合型リゾート(IR) 実施法が成立

   

20日の参議院本会議で、

カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法が賛成多数で可決、成立しました。

参考サイト→【図解・行政】カジノ法のポイント(2018年7月)

 

私自身はこれ自体についてはおおむね喜ばしいことだと

思っていますが、気に入らないところは大いにありますね。

こんなものが全国に3か所できたくらいで、ギャンブル依存症患者が劇的に増えるわけがない

カジノ合法化に際して、依存症対策がどうのこうの、

というのはナンセンスである、ということは

これまでに書いてきましたが、

結局最後までそればっかりの議論でしたね。

 

今回成立したIR実施法によると、

とりあえず全国3か所につくる(つもり)らしいですが、

外国人観光客が来るかどうかは別として、

日本が誇る芸術的遊技機を楽しめる「ぱちんこ店」が

そこらじゅうにあって(しかも、入るだけならタダ)気軽に遊べる状況で、

6000円も払って(ぱちんこに比べれば)クソみたいなゲーム性しかもっていないカジノゲームをやりに日本人が大挙して押し寄せるはずもなく、

そんなものが3つできたくらいでギャンブル依存症が増える、

というのは、ギャンブルなどやったことがない議員センセイたちと、

「依存症が増えている」という報道を鵜呑みにする人たちの戯言でしかない。

 

そもそも「依存症」対策はぱちんこ業界でも繰り返しなされてきているのに、

その「効果」をきちんと検証した統計にはお目にかかれない。

それ以前にその人が「依存症」かどうかを判断し、その人数をはかる基準が

あまりにもいい加減で、そんな統計はそれを取り扱う人の恣意で

とらえ方がいくらでも変わってきてしまう。

(関連記事→またまた厚労省のテキトー調査。「ギャンブル依存症疑い320万人」

 

依存症はたしかにその当事者にとっては深刻な問題となりえるけれど、

結局は個人的な問題、自己責任(嫌な言葉だけどこの問題に関してはしょうがない)であって、

政治がギャアギャア言うことではない。

ていうかまじめにやってない、という意味で「言う資格がない」。

だいたい、ニコチン依存症のジジイばっかりの国会議員たちが、なにが依存症対策だよ・・・って話では。

 

依存症に陥った人を支援・救済するシステムを整備することは重要で、

行政はそこへカネをつかってもいいとは思うけれど、

カジノをやる前から心配することではないと感じます。

反社会的勢力への対策が最重要では

それはそれとして、

カジノ解禁にともなって本当に議論しなきゃならないことは依存症対策ではなく、

反社会的勢力を締め出すことと、

業者と癒着した行政側がウマい汁を吸えないように透明化すること、

そしてなによりも、ほんとうに客を呼べるカジノにするためにはどうすればいいか、

ということではないでしょうか。

 

読売新聞では「残る課題は 反社会的勢力 排除難しく」

という見出しで、

「カジノにつきまとう懸念はギャンブル依存症だけではない。カジノを食い物にしようとする反社会的勢力をどう排除するかという難題も抱えている」

とありました。

・・・いやいやいや、最優先でやらなきゃあいけないことだろ。

それがうまくいってないのに、可決・成立ってどういうことだよ・・・という話では。

 

依存症になるかどうかはどこまでいっても個人の問題だけれど、

反社会的勢力の排除や業者と行政の癒着などは

個人ではどうすることもできない。

それこそ立法や行政がなんとかしなきゃいけない話。

 

しかしまあ、カジノ収益の30%(法人税のほかにこれをとるらしい。そんなんでやりたがる業者いるの?)

をまきあげる国や自治体のほうが

そもそもウソツキ、反社会的勢力よりもあくどい、

ということは歴史が証明しているわけで、

監督するという「カジノ管理委員会」そのものが信用できない、

というのはもうどうしようもない。

その意味では、IR実施法は危険、と言えますね。

安倍政権下でなければ、もうちょっと信用できるかもしれない。

 

それから心配なのは、

つくったはいいけれど儲けが出ずにすぐに廃墟、

ということにならないか、ということ。

魅力的なカジノができなければ話にならない

カジノでどんなゲームが供されるかまだわかりませんが、

海外のカジノと同じようなのをやるんだとすれば、

おそらくすぐにつぶれるでしょうね。

 

カジノの利益の大部分をささえるのは

何億円というレベルでカネをかける、いわゆる「ハイローラー」と呼ばれる人たち、

と言われていますが、海外のハイローラーがマカオやシンガポールではなく日本にわざわざ来る理由がつくれるか。

日本人のハイローラーは来ないでしょうから。すぐ「誰々がきた」とかバレちゃいそうだし。

 

そのためにはやはり日本でしかできない、日本が誇るエキサイティングな賭け事が

できればいいんじゃないか。

そうすると花札とか手本引き、丁半とかチンチロリンとか、

そしてやはり「ぱちんこ」ということになるんじゃないか、と

(でもそれだと、まさに賭け事を悪と決めつけて忌み嫌う人たちが思い描くような、「鉄火場」というイメージになっちゃいますかね。こういったジャパニーズ・ギャンブルを安全に、合法的にプレイできるようにすることが、観光客誘致のためには重要だと思うんですけど)。

 

日本でギャンブル依存症が多い、というのはやはり

「ぱちんこ」がダントツで世界一面白いギャンブルだからであり、

その「ぱちんこ」をカジノに生かさない手はないはずなのです。

一般民間人には絶対に遊技不可能な、

ハイローラー向けの超高レートのぱちんこ台を用意すれば、

まさに「日本でしか体験できない」ということで

外国人のハイローラーもたくさん来るんじゃないでしょうか。

漫画「カイジ」の「沼」よろしく、

1玉数万円のレートで「天龍インフィニティ」があったら、

何億円も落としていく超金持ちが続出すると思いますけどね。

これほど面白いものを遊技できない外国人は気の毒。

 

それはともかく、

このまま依存症対策でヤイノヤイノ言ってるだけでは、

結局誰も来ずにつぶれて終わり、ということになるんでは、と心配しています。

 

まあ、別にカジノがあろうがなかろうがどうでもいいんですけどね、

面白いゲームが体験できるなら行ってみたい気もするので、

ぜひとも「面白くするには?」という建設的な議論をすすめてほしいです。

 - カジノ合法化, ギャンブル依存問題 , , , , , ,