負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチスロ稼働

「ニューパルサーSPⅡ」を打ってきました

投稿日:

山佐のパチスロ新台「ニューパルサーSPⅡ」が

私の通うホールのうちの2店舗(3台と1台)に導入されました。

数回、打ってきましたので感想を書いておきます。

「ドットモード」を新搭載したニューパルサーシリーズ最新作

山佐のニューパルサーシリーズはもうどれだけ出てるのか

よくわかんないくらいですが、

今回の台は2012年に登場した「ニューパルサーSP」の後継機。

「ニューパルサーSP」は、

出目を楽しむ「ノーマルモード」と

液晶での告知や違和感を楽しむ「フラッシュモード」の、

任意に選べる通常時のモードを2つ搭載していましたが、

今回の「SPⅡ」はそれに加えて

4号機の名ストック機「キングパルサー」から継承・進化させた

ドット演出で楽しむ「ドットモード」を搭載し、

「トリプルモード」となっているのがウリになっています。

 

これは、純然たるノーマルのニューパルには

いままでありそうでありませんでしたね。

ニューパルの完成され尽くした出目演出と

ドット演出が絡むとどうなるのか・・・

ということで、「ドットモード」にて実戦した日のデータ。

はげしい連チャンとハマリでちょい負けであきらめた

2332ゲームでBIG12、REG8でなかなかよくボーナスを引いていた台。

まあ、この程度ではまったく信用できないので疑心暗鬼で打ち続け、

最後にハマリを喰らってあきらめました。

 

詳しいことは適当な解析サイトを見ていただきたいですが、

設定推測要素としては、

 

・ボーナス確率

・小役確率(解析値は発表されてないようですが、おそらく多少の差はあるはず)

・ボーナスを揃えた状態で上部のカエルにタッチしたときのカエルの鳴く回数(高設定ほど多くなる)

・ボーナス終了時の演出(出現するカエルの数や出現キャラなどに設定差)

 

ということになっていますね。

 

しかし、はっきりいってどの要素も、

確定演出(カエルタッチで4回鳴いたら設定3以上、ボーナス終了時プラネットorケロット登場で設定4以上)

が出ないかぎりは設定差が小さくてなかなか使えないかな、と思います。

しいて言えばやはり最重要視するべきはREG確率(1/420.1~1/303.4)でしょうか。

 

この実戦のほかにも数回打ちましたがことごとく負け。

いまのところ、これまでの5号機ニューパルと同じく

稼ぐという目的のためにはあまり役立たない台かな、と思っています。

意外に面白い「ドットモード」

今回は「ドットモード」にてプレイしました。

まだまだ打ち込んでいないですが、

これがなかなか面白い。

 

「ドットモード」の演出はだいたい以下のような感じ。

キングパルサーになかった演出も多く追加されていますね。

 

「横からカエル」・・右から左へカエルが横切る。対応役は払い出しのある小役。

これはキンパルにもあったおなじみの演出ですね。

リプレイ以外の小役orボーナスなので、

押す位置によって1確や2確が拝めますね。

たとえば左リール枠下にチェリーが下についたカエルを押すと、

通常は「ベル・リプ・オレンジ」が停止してオレンジorベルが揃いますが

上段にカエルが滑り落ちてくれば1リールで確定になりますね。

 

「横チラカエル」・・右からカエルがチラッと顔を出して引っ込む。リプレイ対応。

いまのところここから当たったことないです。

 

「7匹カエル」・・・なかなか帰らなければチャンス。ハズレ対応。

これもキンパルから継承。だいたい第一停止で帰っちゃうんですけど、

第1で帰らなければほんのちょっとだけ期待、第2停止でも帰らなければ激アツ。

第3停止に力が入ります。

 

しかし、第一停止で帰ってチクショウと思ってポンポンと押したら

ビッグ生入り・・などということもあります。

 

「下からカエル」・・下からカエルがチラッと顔を出す。ハズレ対応?

いまのところここからの入りパターンは未体験。

 

「恵みの雨」・・・・ハズレorリプレイ対応。連続演出中や強パターンは全役対応?

雨が激しい強パターンはそこそこ期待できますかね。

 

・「サーチ」・・・・・全役対応?強パターンはチョイアツ?

こちらもスポットライトがデカく音も大きい上位パターンならアツいっぽい。

今回はこの演出から「ネオファラオゼッツ」のゼッツが登場してBIG!

 

あと、前作にも搭載されていた「バウンドスタート」(これは全モード共通)。

レバーオン時、リールが回転する前に全リールがユラユラする演出。

前作ではけっこうスカもあった印象ですけど、

今作ではかなりアツい模様。

バウンドが長いパターンもあるらしいですが未体験。

他人と差をつけられる部分は、少ないけれどたしかにある

演出に関してはまだまだ打ち込みが足らないので、

またの機会に書きたいと思います。

 

で、勝つ、という部分においては

さきほども言ったように少し難しい台。

しかし、キチンと打てば他人と差をつけられる部分は

少ないながらもあると思います。

 

リーチ目を確実に察知して1枚掛けで迅速にそろえる、

ということは言うまでもないことですが、

ニューパルを打っている人が意外にやっていないのが

「チェリー重複時に確実に7枚をとる」

ということ。

 

ほかの人が打っているのをみていると、

チェリー付きリーチ目が出現したときに

喜んでしまってそのままボーナスを揃えようと

している人が実に多い印象です。

 

チェリーのときに、ボーナス図柄が対角に向かい合って

とまればリーチ目orチェリー重複、というのは

もはや常識ですが、このときには

ボーナスが揃わないようにハズシて、

チェリーの7枚をとらなければ損します。

7枚をとってから、その次ゲームで1枚掛けで揃えましょう。

↑これは悪い例。ボケっとしてると、私もたま~にやってしまいます。

必ず7枚をとってから次ゲーム1枚掛けで!

 

 

それから、迅速にボーナスを揃える、という意味では

「ドットモード」でプレイするのが

いちばんいいかな、と思います。

演出との絡みで第1or第2停止までに確定するパターンが

(たぶん)フラッシュモードよりも多くなりそうだし、

早い段階でそのゲームがアツいかアツくないか判断できることも

多そうなので、成立ゲームで揃えられるケースも

ほんのちょっとですが多くなるんじゃないでしょうか。

7匹カエルでカエルが第2停止まで帰らなかったりしたら

ボーナスを狙っちゃうとか。

 

ともかく、

勝つのはなかなか難しい台ながら、

面白いのは間違いないです!

まあ、ベースにあるものが超絶名機のニューパルサーから

受け継いだものなわけで、それで面白くなかったら

それこそ救いようがないんですけどね。

 

さらに打ち込んで

高設定っぽい台を打ち倒したりしたら、

また記事にしたいです!

おすすめ記事:

-パチスロ稼働
-, , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.