ノーマルタイプの攻め方①~設定推測についての考え方~

      2017/08/30

パチスロ初心者向けの、パチスロ講座の続きです。

以前の記事 パチスロ・タイプ別の攻め方。まず、「設定」を理解しましょう

において、パチスロはパチンコと違って「設定」機能によってホール側が

大当たり確率(出玉率)をコントロールしていて、できるだけ

低い設定の台を回避し、高い設定の台を打てばよい、ということを書きました。

今回は、ノーマルタイプ(ボーナスで出玉を増やすタイプ。「Aタイプ」と

呼ばれることもあります。厳密にはAタイプという呼び方は違うんですけど、

あまり気にする必要はありません)の台について、

どのように狙っていくかを書いていきます。

スポンサードリンク

より設定が重要となるノーマルタイプ

「設定」については、パチスロ・タイプ別の攻め方。まず、「設定」を理解しましょう

にて説明をしましたので参照してください。

AT・ARTタイプの台と比べて、ノーマルタイプの台のほうが、

より設定どおりに出る(「高設定なら出る、低設定なら出ない」という

傾向になりやすいです(あくまでも、なりやすいというだけです)。

言い換えれば、比較的、出玉の波がおだやかということです。

AT・ARTタイプの場合、(1日というスパンでは)

最低設定の1でも数千枚の大爆発をしたり、

最高設定の6でも大撃沈ということはよくありますが、

ノーマルタイプの場合、(あくまでも、比較的に)設定どおりに

落ち着きやすい。だから、高設定をつかめば安定して勝てる確率は高いですが、

低設定を打てばまず負けるということになります。

(誤解のないように補足しますが、AT・ARTタイプであっても、

高設定を打つのが勝つために重要なのは同じです。

ただ、高設定を見抜くことが困難な上に、短いスパンでは

結果が出ないので、このブログでは

AT・ARTタイプの高設定を狙うという戦略は推奨しません。)

ノーマルタイプは、AT・ARTタイプのように、

「天井」(そこまでに必ず当たるゲーム数)

や「ゾーン」(当たりやすいゲーム数や状態)

というものが存在しないため、

勝つための戦略は「高設定の台を打つ」ということのみです。

設定推測は基本的に困難なものと知るべし

よく、「設定判別」という言い方をする人がいますが、

現在のパチスロでは「判別」はムリです。

「推測」することしかできません。

まず、AT・ARTタイプに比べれば設定どおりになりやすい

ノーマルタイプといえども、1日9000ゲーム程度の

回転数ではそう簡単に設定を看破することはできない、

ということを理解してください。

経験の浅いスロッターや、設定公開がされていた時代を経験していない

若い層は、とかく「出れば高設定、出なければ低設定」と断じる傾向にありますが、

そう簡単に看破できると思っている時点でもう間違っています。

現在の5号機と呼ばれるパチスロより、はるかに高設定の安定度が

高かった4号機の時代でさえ、設定公開されれば、

「こんなに出なかったのに6なのかよ!」とか、

「こんなに出たのに4、5、6じゃないのかよ!」

ということがかなりありました。

設定公開そでありえない目にあった経験については山ほどあるので、

いつか記事にしたいと思っていますが、

「高設定台を打つ」と言うより、厳密には

「高設定と思われる台を打つ」と言ったほうが

正しいですね。

それをどのようにしてさがすのか。

スポンサードリンク

朝イチから打つのは自殺と同じ

朝イチから打つのは基本的におすすめできません。

運よく高設定台に早い段階で行き当ればいいですが、

そのようなことはかなり少ないです。

よく当たっていた台を打ったらやっぱり高設定ぽかった、

ということのほうが多くなるはずです。

朝イチから打ってもいい状況があるとすれば、

「高設定が確実に投入されている、もしくはその可能性が激高」

であるときだけです。

その場合でも、高設定がどのくらいの割合で投入されているのか、

も問題にしなくてはなりません。

3台しかないハナハナに必ず高設定が投入されている、とかなら

ダッシュで確保しなければなりませんが、

40台あるうちに2,3台では狙えないですよね。

しかも、現在では「高設定入れてます!」とホールが告知することはできないし、

設定公開もできない(つまり、答え合わせができない)ので、

基本的に「必ず高設定が投入されている」ということが分かる状況は

ほとんどありえないことになります。

「高設定が投入されているらしい」

「いつも高設定っぽい台がある」

というくらいでしか、それを推測できないことになります。

だから、毎日毎日、データをチェックして、いつ、どの機種が、

どのような出玉になっていたのかをチェックし続けることが重要に

なってくるのですが、それについては今回は割愛します。

ここでは、「高設定を看破することは難しい→

いつ、どれだけ高設定が投入されるか推測するのも難しい→

朝イチから高設定をつかむのは難しい」

ということを認識してもらえれば十分です。

夕方(ある程度回った状態)から打つ

夕方、夜から打ちましょう。

ある程度回っていれば、設定はわからなくても、

その時点まで、その台がどういう挙動を示したのか、

ということはわかります。

その台が示した挙動という情報があれば、

設定推測(判別ではない)をする材料とすることができます。

朝イチから打った場合、その材料を得るのに自分のカネを

使わなければなりませんが、誰かが回したぶんは

自分にとってはタダです。タダで情報が手に入るのです

(タダなだけに、データ表示器でみる情報しか得られないという欠点はありますが)。

次回は、夕方から打つことを前提にした、ノーマルタイプの攻め方について

掘り下げていきます。

パチスロ・ノーマルタイプの攻め方②~大当たりデータの見方~

スポンサードリンク

それではまた。

おすすめ記事:

 

 - 戦略 , , , , , , ,