パチスロ・タイプ別の攻め方。まず、「設定」を理解しましょう

      2017/08/30

初心者向けパチスロ講座の続きです。

いつもどおり、初心者の方向けの内容ですので、

それ以外の方はスルーして大丈夫です。

前の記事 現在のパチスロの種類を理解しましょう

において、現在のパチスロには、大別して

・ノーマルタイプ(ボーナスで出玉を増やす)

・AT・ARTタイプ(AT・ARTで出玉を増やす)

のふたつがあり、ATとは、ARTとは、ボーナスとは、

ということを説明しました。

今回は、パチスロで稼ぐにあたって、

必ず理解しなければならない、

パチスロ台の「設定」について書いていきます。

スポンサードリンク

パチスロとパチンコで根本的に異なる点を理解しよう

以前の記事、

当たる仕組みを理解すれば、勝つ方法がみえてくる~パチンコの巻①

当たる仕組みを理解すれば、勝つ方法がみえてくる~パチンコの巻②

にて、パチンコは常に同じ確率で大当たりを抽選しているので、

より安く、より多く抽選を受ける(つまり、よく回る台を打つ)ことで、

いつか必ずプラスになるということを書きました。

パチスロの場合、パチンコと決定的に異なる点があるので、

それを踏まえて考えないといけません。

それは、

パチンコは、同じ機種なら、どこのお店で打っても常に同じ確率で

大当たりを抽選していますが、パチスロの場合、

お店側で各台の大当たり確率(出玉率)を

変えることができる、という点です。

パチンコも、CR機の初期には、大当たり確率を3段階ほどで

変えられる設定機能がついている台がありましたが、

現在のパチンコには(違法なお店でない限り)ありません。

パチスロ台の「設定」とは

パチスロ台には、

ボーナス確率や小役の確率がプログラムされ、

その確率で毎ゲーム、レバーを叩いた瞬間に(まれに違うタイミングで

抽選する例外の台もある)抽選しているわけですが、

店側はその確率を、決められた範囲内で変更して、

出玉率を調整しているわけです。

パチンコの釘調整と同じ役割ですね。

現在設置されているパチスロでは、

6段階の設定があることが主流です。

6段階でなければいけない決まりはないので、

たまにそれ以下しかない台(現在人気のハナビは4段階)

もあります。

設定を変更するには、営業時間外に、専用のカギを用います。

営業時間内に設定変更することは

禁じられています。

ノーマルタイプ(ボーナスで出玉を増やす)機種の例

以下は、ゴーゴージャグラーの設定ごとの

ボーナス抽選確率と出玉率です。

機械割は%。BIG,REG,合算確率は~分の1、ということです。

go-jyagu「機械割」とは、つまり出玉率で、投入枚数とそれに対して払い出される枚数の

比率のことです。ボーナスゲームも含め1日に1万ゲーム回したとすると、

1ゲームで3枚ですから30000枚投入しますよね。

設定1の機械割は97.0%ですので、

30000枚×97.0%=29100枚

30000枚投入に対して、払い出されるのは29100枚、

つまり、1万ゲーム回すと、マイナス900枚、

18000円負ける、という計算になります。

ただし、1万ゲームで必ずそうなるわけではないので注意。

チェリーもベルもピエロもボーナスも、

すべて完璧に取って、すべての役を

確率通りに引いた場合、97%の出玉率になるように

プログラムされている、ということで、

実際にはそううまくいきません。

対して、設定6の場合、機械割は106.5%。

30000枚×106.5%=31950枚、

つまり、1万ゲーム回した場合、

プラス1950枚、等価なら39000円のプラスになる計算です。

ホール側は、利益を取ろうと思ったら設定1や2を使えばいいし、

客に還元しようと思ったら設定5や6を使えばいいわけです。

高設定を打ち続ければいつか必ずプラスになる

パチンコは、同じ機種ならどの台、どの店でも大当たり確率は同じなので、

より安く、より多く抽選を受ければ勝てるわけですが、

パチスロの場合は、同じ機種でも台ごとに設定がされているため、

より高い設定(数字が大きいほう)の台を打つことが目標となります。

ホールは儲けなければいけないので、

基本的には設定1や設定2の台だらけになります。

だから、テキトーに台を選んでテキトーに打っていれば、

たまに勝つことがあっても長い目でみれば必ず負けるのです。

このような「設定」について知った上で、

次回よりタイプ別の攻め方

(ノーマルタイプ、AT・ARTタイプ)について

説明していきます。

スポンサードリンク

それではまた。

おすすめ記事:

 - 勝つための必須知識 , , , , ,