負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチスロ稼働 パチンコ稼働 ふだんの稼働の様子

日常の稼働:遊タイム機が拾えず、妥協して台を選び・・・

投稿日:

みなさまゴールデンウィークのぱちんこ稼働はいかがでしたか。

観光地でもある私が住む地域は観光客がコロナ以前並みに戻ってきて地域の方は仕事が忙しく、しかも道路の渋滞もひどかったので、パチ屋の客入りはイマイチだったようです。

当然?出玉もイマイチで、どこのホールも全力で回収だったようにみえます。5月5日のジャグラーの日も、「スゲー!」と感じるようなホールはなかった。そこそこ出てる台があったホールもありましたが・・・。

そんななかなので私のぱちんこ収支もいまひとつでしたが、連休中だろうが平日だろうがやることは同じ。勝てる見込みのある台を粛々と打つだけ。

しかし、パチンコ遊タイム機がなかなか拾えない、パチスロのハマリ台もあんまりない、甘釘台も高設定っぽい台も見当たらない・・という日は当然ある。そういうときは帰ればいい、というだけなんですが、今回は帰らずに打っちゃったときの話を。

打つ台がなく1パチの宵越し狙いから

最近はあさイチにまず近所のF店を見に行き、前日ハマリ閉店の台の宵越しを狙うことにしています。

ネットで出玉情報がみられるホールならわざわざ行く必要はないのですが、このホールはそんな気の利いたことはしてない。そのかわりパチンコ遊タイム機はほとんど間違いなく据え置き。パチスロも特定の機種以外は据え置き濃厚で、近所に住んでいて毎日データをとるのが容易であるという優位性を発揮し、数泊の宵越しでおいしい台が拾えたりします。そして客付きはあまり良くなくて、あまり回されないからハマリ台も少ないものの強力なライバルも皆無で、そこそこ拾えるようになっているのです。

しかしこの日は残念ながら4パチに前日ハマリ台はなし。パチスロにも見当たらない。なじみの店員さんと「相変わらず回ってないね!」などと雑談して帰ろうとしますと、1パチコーナーの「Pジョーズ3深淵」が前日661回ハマリで終わっているのが見えました。

あと300回弱で天井。1パチであることを考えるとあまりおいしくはないかな。しかし大好きな台であるので、

日常の稼働日記:甘釘なら粘りたい!「Pジョーズ3 SHARK PANIC~深淵~」実戦!

日常の稼働日記:どうせ打つなら少しでも魅力的な台を打ちたい。パチンコ遊タイム狙い!

「これ打って帰ろう」と着席します。

 

あれえ~けっこう回るの?前に打った時は全然だったのに。1パチのこんなところアケる? たまたまだろ・・・とか思ったところで激アツ展開が来て当たり。「クラシックモード」に設定しておけばアツい展開はちゃんとアツいから好き。37回転目、投資は貯玉540個(180×3)。

しかし時短1回+残保留4個の「JAWS PANIC CHALLENGE」は全部「モリ」でスカ。ここを突破できればこの台の最大の魅力である超カッコいい曲がいっぱい聴けたのになあ~。

本当に回るのか確かめたかったので少し続行して持ち玉を無駄遣い、やっぱりいつもと同じなのでヤメ。投資540個、回収は202個で、差玉はマイナス 338個。

 

さらに1パチで「Pガールズ&パンツァー劇場版」が前日最終288回で終わってる台を発見。これも1パチではあまりおいしくないけどついでに。するとすぐに当たって時短を突破できずに単発で終了。何度か打ってるけど、出ても出なくてもまったく面白くないクソ台。原作アニメをみてれば少しは楽しめるのかな。「先読みガセ殲滅」のカスタムはほかの台にも搭載してほしい機能で、この台のいいところはそこだけ。マイナス 410個。

 

そしてこのホールが推している4円パチンコの「P大工の源さん超韋駄天」を擦ってマイナス 875個。こういうのが無駄なんだなあ。店員さんが打って打ってっていつも言うから打つんですけど、いい目にあったことは全然ない。しかも演出はひたすらウルサいし。ウルサくするカスタムはあるのに静かになるカスタムがないってのも致命的。

帰ればいいのに・・・

ここに至っても客は増えてこず、当然ハマリ台もない。さあて帰ろうか・・・・

しかしパチスロコーナーをよく見ると、最近導入された「スナイパイ71」が、昨日まで青かったのが今日は「赤」になってる。

赤い「プロフェッショナルモード」は偶数設定確定。技術介入の難易度は上がるものの、完全攻略できれば設定2でも出玉率104%にもなるとされていますね。

まあそれがカンタンにできるのなら赤くなってればみんな群がってくるはず。でもそうはならない(都会だと違うのかな)ってことは「無理」ってことであり、完璧にこなせば104%ってのを鵜呑みにしてヒラで打つのは危険。技術介入度バリ高の台であるとともにハマリ台がおいしいハイエナ特化台でもあるので、ハマリ台が出現するのをじっと待つのが勝つためには肝要でしょうね。

 

とはいうものの、しばらく青かったのが今日赤くなったとなれば、「ひょっとして出す気になった?」という気にもなる。何度か打ったけど、通常時が退屈なかわりにAT中はなかなかエキサイティングで、そんなに嫌いじゃないし。

ここはとりあえず打ってみようかな。いやいややめとけ・・という葛藤が心にうまれているのを感じつつ、打っちゃう。バカだなあ。まあたまにはいいじゃないか・・・。

 

・・・

いやしかし、通常時はまったく面白くない。キャラクターはカワイイけどなあ。コインがどうのとかアイテムがどうのとかいうのも好きじゃない。

CZには何度か入るもののことごとくスカり、順調にハマっていきます。当然というべきかやっぱり高設定はないのか。500Gをすぎたくらいから天井を意識、「頼むから710G到達で!」とドキドキしてきます。

710Gに到達できれば超強力上乗せゾーン「おしりペンペンタイム」が発動してAT突入となります。何度か天井を狙って打ちましたがいまだ710G天井への到達は未体験。たいていは天井近くになるとなにも引いてないのに当たっちゃいますよね。天井恩恵が強力なだけにストッパーも強力らしい。

当たらないで~とビクビクしながら打ち進めていきますと、なんとこの日は無事に710Gに到達しプチュン!初めて体験する「おしりペンペンタイム」!

 

どうせ激ショボなんだろ、となかば投げやりにペンペンしますと、思いのほかロング継続して・・・

↑これはスゴイのかそれともたいしたことないのか、初めて引いたからよくわからない。しかしここまでの投資が貯メダル874枚(46×19)なので、これでとりあえずプラス収支濃厚に。無謀なことをして負けを覚悟だっただけにこれはうれしい。

 

ATに突入! 失敗したときの損失のデカさは4号機のリプレイハズシ並みとあって技術介入発生時の緊張感はなかなかのもので、そこがこの台のハイライトですね。ていうかそこができないとお話にならないので、失敗するととにかく落ち込む。

といっても、私の目押し力ではこの台のビタ押し成功率はいつも80%くらい。この日も最初の6回くらいはバシバシ成功したものの1回ミスると崩れ落ちるようにミスりまくりに。

 

しかし初期枚数がそれなりに多かったので、今回は3人目まで到達。ここまで来たの初めて。これに勝てばアミヤ登場か。ここは勝ちたい!・・・・

のですが、そこへきてバトルは全然来なくなり、なかなかHPが減ってくれない。ジリジリと残り枚数が減り、残り数十枚まで来たところで相手のHPがあと10に。あと一撃で勝利!

というところで最後のチャンスとなるっぽいバトルターンに突入。そこで技術介入が発生、ここで成功するのと失敗するのでは収支が全然変わってくるぞ~、とめちゃめちゃ緊張して右リールを押しますと・・・・

しっぱい。そして残り枚数はゼロとなりAT終了。

 

・・・

こういう展開はこの台打ってればいくらでも起こるんでしょうけど、これは悔しいなあ。もともとヘタクソで成功率が高くないってのがそもそも悪いのはわかってるけど、ここぞというときに目押しをミスることが多いのはやっぱり精神力、メンタルの問題なんだろうなあ。

目押しがパーフェクトなら完走もありえたかも・・と思うと悔しいけど、とりあえず出玉は1,738枚まで伸びてくれて、これで満足するべきでしょう。「スナイパイ71」はプラス 864枚!ただ運がよかっただけ。

ここでいったん帰宅。また夕方に出直し、ほかのホールをチェックします。

またまた打たなくてもいい台を打っちゃう

夕方にP店へ。

遊タイム機には狙える台がない。パチスロコーナーは・・・ない。たま~に「沖ドキDUO」や「アラジンAクラシック」をテキトーに打ち散らかすご年配がいるのでそのへんをまずチェックするのですが、今日はそのどちらも全然回ってない。

ならばパチスロノーマル機コーナーに高設定くさい台はないのか・・・と探します。

あんまり回ってないなあ。ただひとつ目についたのは、総ゲーム数505Gで、BIG4回・REG4回と速攻連チャン後に100G越えで捨てられた「アイムジャグラーEX」。

 

たったの505Gでは心もとない。しかしアイムには高設定くさい挙動の台をけっこう目撃するホール。ここは少し打ってみてもいいんじゃない?

さっきのスナイパイ同様、「いやいややめとけ。そんな無謀なことしてる余裕ないだろ!」という心の声を聞きながら着席。するとわずか6Gでガコ!でBIG、さらに58Gでペカ!でBIG!

そこからREGが3回続いて出玉を減らすも、その後BIGに偏ってそこそこの出玉に。出玉があるのでしばらく粘りましたが、REGの出現率はどんどん下がってきて、データ的には頼りなくなってきたので適当なところでヤメ。

プラスにはなったものの、やっぱり打ったのは失敗だったかな。失敗とまで言わずとも、別に打たなくてもよかった。プラス 386枚。

ここでもう打つ台はなく、帰る前に最後にA店に寄ります。

最後にまたも打たなくていい台を打っちゃう

ボッタクリホールA店。遊タイム機はリセットが基調のクソッタレホールですが、夕方以降に行くとたま~にハマリ台が落ちてることも・・・・

今日はなかった。パチスロコーナーにもやっぱりない。

これはもう帰るしかない・・・と最後にノーマル機コーナーも念のため見てみると、「新ハナビ」がちょうど2,400G回されてて、BIG6回、REGが10回。

 

REGにはそこそこの設定差があり、しかも大好きな台であるので、こういうデータをみると打ちたくなっちゃう。いやいやいや、この程度の台を「打ちたいから」って打ってるけど、ここ半年くらいはほとんど結果が出てないだろ、やめとけ・・・と思いつつも、打ちたいから打っちゃう。貯メダル再プレイ(506枚まで)を使い切ったらヤメよう。

 

するとさっきのアイジャグ同様、速攻でBIGを引きます。演出なしで左上段暖簾から提灯と氷がダブテンからの小役ハズレ。このハズレた瞬間の感触こそが、パチスロの醍醐味というものです。そのプリミティヴな魅力を体感させてくれるこういう台こそが「名機」と呼ぶにふさわしい。

そこから184G後にリプレイからドンBIG。左枠上暖簾からハサミでトリテン、氷であることを疑わずに中を押すとリプレイが揃って仰天。このカタチでハサミで下段リプ揃いは重複確定っって理解でいいのかな?

楽しいなあ。第3停止で予想を裏切られて失禁、ってのはほんと楽しい。

 

その後もドンドコBIGを引きます。6回BIGを引いたのちにREG、そこで目押しを1回ミスって意気消沈。油断するとたまにミスってしまう。

さらに2回BIGを引いたものの、REGは全然引けないし、前任者と合わせたREG出現率も1/300を下回ってきたし、このへんでいいかな・・とヤメました。

BIGに偏ってくれてプラス 971枚。1,009Gでこれだけ出れば上出来ですね。でもこれも結果が良かっただけで別に打たなくてもよかったかなあ。ただ打ちたいから打ってたまたまBIGに偏っただけ。褒められたものじゃない。打った結果「やっぱり高設定くさいぜ!」となって閉店まで粘って勝ちました!っていうふうにならないと。

 

ここでこの日の稼働は終了。

収支は、

パチンコ・・・マイナス 1,623個

パチスロ・・・プラス 2,221枚

で、金額に直すとプラス 39,956円となりました。

 

結果はよかった、というだけで、4パチの遊タイム機は拾えなかったしパチスロも打たなくていい台を打ったり、反省点は多い稼働となりました。とくにスナイパイはいつものように天井寸前で当たってショボ出玉で終わってたら死にたくなってたはずだし。こんな幸運が続くはずはないので、もっともっとシビアに台選びをしないと!

-パチスロ稼働, パチンコ稼働, ふだんの稼働の様子
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.