BSフジの「名歌復活!弾き語り昭和のメロディー」がカッコよすぎた

      2018/07/15

7月15の19時から放映されたBSフジ「名歌復活!弾き語り昭和のメロディー」をみました。

私は知らなかったのですがこれがシリーズ2回目らしい。

前回をみなかったのを歯ぎしりして後悔するほど、

カッコよかったので記事にしておきます。

スポンサードリンク

演歌・歌謡界の名作曲家4人が集結

現在の演歌・歌謡界を代表する、といっても差し支えのない、

ビッグな4人の作曲家が、ギターやピアノの弾き語りで自身の曲を歌う番組。

司会は音楽プロデューサー、音楽評論家の小西良太郎と松本明子。

 

出演の作曲家は、

弦哲也(言わずと知れた演歌界最強作曲家。「天城越え」「北の旅人」など)

杉本眞人(「吾亦紅」「紅い花」など)

岡千秋(「浪花恋しぐれ」「長良川艶歌」など)

徳久広司(「ヘッドライト」「ノラ」など)。

 

錚々たるメンバーですね。

この顔ぶれが弾き語りするのをテレビで見られるとか、贅沢すぎますね。

 

さらに歌手が4人、椎名佐千子、桜井くみ子、石原詢子、山口かおる。

 

この番組の存在はテイチクレコードの公式サイトの弦哲也先生のページ

をみていて知りました。あらゆるところに気を配っていないと、

こういう素晴らしい体験をし損なうことになりますね。

日本酒をチビチビやりたくなる番組

曲目は以下の通りでした。

「ヘッドライト」(新沼謙治)・・・・・・徳久広司

「花のように鳥のように」(桂銀淑)・・・杉本眞人

「ふたりの夜明け」(五木ひろし)・・・・岡千秋

「飢餓海峡」(石川さゆり)・・・・・・・桜井くみ子(ギター・弦哲也)

「だんな様」(三船和子)・・・・・・・・椎名佐千子(ピアノ・岡千秋)

「人生かくれんぼ」(五木ひろし)・・・・弦哲也

「お久しぶりね」(小柳ルミ子)・・・・・石原詢子(ギター・杉本眞人)

「おまえに惚れた」(美空ひばり)・・・・徳久広司

「なつかしい場面」(美空ひばり)・・・・杉本眞人

「裏窓」(美空ひばり)・・・・・・・・・弦哲也

「さんさ恋時雨」(美空ひばり)・・・・・岡千秋

「小樽運河」(都はるみ)・・・・・・・・弦哲也

「M氏への便り」(すぎもとまさと)・・・杉本眞人

「北へ帰ろう」(徳久広司)・・・・・・・徳久広司

「北の雪虫」(キム・ヨンジャ)・・・・・山口かおる(ギター・徳久広司)

「黒あげは」(秋岡秀治)・・・・・・・・岡千秋

 

酒をチビリチビリやりたくなる曲構成でした。

 

作曲家陣のトークが面白くて、へえ~という話もいろいろありました。

岡千秋氏がいちばん年下というのもびっくり。

 

桂銀淑が歌った不朽の名曲「花のように鳥のように」の歌詞は、レコーディングまでした段階で

阿久悠に歌詞を書いてもらって全とっかえした、とかいうのは初耳でした。

この曲は私が演歌・歌謡曲にハマりだしたころ、まだ社会に出たての小僧だったころに聴いて

あまりにも感動的で壮大でカッコいいことに衝撃を受け、

桂銀淑大好きになったきっかけの曲で思い出深いのです。

今回出演していた山口かおるは、声質はモロに桂銀淑なんですが、

ぜひとも、似ていることを前面に押し出した路線でやってほしいと思ってます。

この声は唯一無二すぎ。

弦先生の曲は弾き語りのほうがカッコいい

私が、メタル・ゴッドといえばJUDAS PRIEST、演歌界のゴッドといえば弦哲也・・

と断言したいほど凄いと思う、弦哲也先生の弾き語りが目当てでこの番組を視聴しました。

今回の弦先生の曲は「飢餓海峡」「人生かくれんぼ」「裏窓」「小樽運河」。

弦先生はギターもいいが声も素晴らしい。

さらに目下の歌手に対しても「~さん」「みなさん」と呼ぶ紳士的な物腰

(もちろん、舞台裏ではどうなのかは知りませんが)にも

「カッコいいなあ・・・」と敬服しますね。

 

↓弦先生のこの作品は以前の記事→たまには演歌CDのレビューを書いてみる でも紹介しましたが、

聴くたびにそのカッコよさに悶絶する、遺言に「棺桶に入れてくれ」と書くであろう

宝物的アルバムです。はっきりいって弾き語りのほうがカッコいい、という曲がたくさん。

「千年の古都」なんて、都はるみバージョン(も、素晴らしいけれど)の100倍感動的。

今回歌ってくれた「裏窓」も収録されています。もはや平伏すしかない凄さ。


amazon.co.jp 音楽生活45周年記念 弦哲也~弾き語りの世界~

地上波でやってほしい

山口かおるの、絶妙なタイミングでカスレる声は相変わらず魅力的だし、

岡千秋氏のダミ声もカッコよかったし、

秋岡秀治の「黒あげは」は知らなかったんですけど素晴らしい曲だったし・・・。

今回はあまりにも興味深く、そして素晴らしい内容で、

もっと言及したいことはたくさんありますが、きりがないのでこのへんで終わりにします。

 

この番組はぜひとも今後も定期的にやってほしい。

ていうか、地上波でやってくれませんかね。

こういう大人の鑑賞に堪える歌番組がBSでしか見られないというのは、

歌謡界にとってマイナスでしかないと思うんですよね。

このくらいのクオリティの番組が、地上波でふつうにみられるような状況に

なってくれれば、もっと歌謡界が盛り上がると思うんですけどね。

 

また、こういう番組があったら記事にしてみたいと思います。

 

(姉妹ブログにて感想記事を続けています。よろしければこちらもどうぞ→平成30年7月14日のBSフジ「名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディ」#5 がまたまたカッコよすぎた 

 

スポンサードリンク


おすすめ記事:

 

 - 音楽の話 , , , , ,