負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチスロ稼働

「SLOT ファミリースタジアム」実戦!これは高設定なの !?

更新日:

ユニバーサルエンタテインメントのパチスロ「ファミスロ」シリーズは今どうなっているんですかね。

同社の公式ファミスロポータルサイトはもう1年以上も更新されておらず、このまま終わりそうな雰囲気ですね。

まあ「ギャラガ」があまりにクソすぎたのが致命的だったのかな。クソみたいなAT機にせずに素直にわかりやすいノーマル機にすれば良かったのに。どうせ打つのはオッサン達なんだから。

しかし(ジャグラーには到底及ばないとしても)「パックマン」はそれほど悪くなかったと思うし、大量リーチ目を搭載した「ファミリースタジアム」は個人的にとても気に入っていた台。

その「ファミリースタジアム」を復活導入したりいまごろ新たに導入したりするホールがいくつかありまして、勝負度外視でけっこう打っているのです。低設定域のキツさは相当なもので、打てばほとんど負ける・・のですが、先日ものすごく高設定っぽい台を打ったので記事にしておきます。先月のある日の稼働。

液晶非搭載で演出は非常に地味なリーチ目主体のノーマル機、ということで、マンガ液晶で煽られないと間が持たないという今どきのスロッターには受けるはずがない台。こんな記事書いても誰にも読まれないんでしょうけど・・・。

設定推測は困難で、勝てる要素はないが・・・

「SLOTファミリースタジアム」はボーナス+RT機。

詳しいスペックは適当な解析サイトでも見ていただきたいですが、BIG後には30GのRT、REG後にはG数不定(チャンスリプレイ成立まで継続)のRTに突入します。

RT自体の性能には設定差がほぼなく、設定差が大きいのはやはりボーナス確率。とくにREGの設定差が大きくなっています(設定1→1/481.9、設定6→1/348.6)。

しかしボーナス合算が設定6でも1/166.3と、ボーナスは重い仕様。BIG後のRTはなくてもよかったからボーナスをもっと軽くしてほしかったという気もしますね。

 

小役確率には微小な設定差があります。しかし1日程度のスパンで設定推測に役立つほどの差はありません(ベル:設定1→1/9.9、設定6→1/9.1)。

あと、ボーナス中のBGMによって設定2以上が確定したりとかもありますが出現率が低く使えない。

唯一、高設定が投入されることが期待できるときにはBIG中の技術介入による設定推測が有効ですかね。BIG中に投球音が発生したら右中フリー打ち後に左リール上段に赤7をビタ押し。するとカキンと打って「ヒット」「ツーベース」「スリーベース」「ホームラン」のいずれかのルーレットが止まります。ここで「ホームラン」が出れば設定5or6が確定。設定5は1/256、設定6は1/85.3でホームランとなるらしいので、設定6なら1日打てば1回くらいは出そうな感じですね。いちおう、高設定のほうが長打が出やすくなっているようですが、設定推測に役立つほどの差はないので、ホームラン以外は気にする必要はないですね。

 

そういうわけで、やはり最も重視すべきはボーナス出現率になります。しかしそれも分母が大きいので難しい。つまり勝つ確率を高める立ち回りは非常に困難な台。ていうか勝ちたいのなら打つべき台ではありませんね。トータルでの出玉性能も低く、設定6以外はとてもじゃないが打てない。

しかし好きなので打ちたい。この日は導入2日目、前日はさすがにそこそこ回されていたけど撃沈、このホールはここ最近ノーマル機に注力していて、2日目に上げてくる可能性もある・・という甘い考えで着席。まあ負けてもいいや。貯メダル2000枚までにしておこう。

悪くないスタート。しかし小役は少ない

すると72GでチャンスリプからREG。さらに81Gでいきなりリーチ目が降臨してREG。

いいねいいね。この台には単独ボーナスが存在せず、小役を介さずにリーチ目が出現したら「確定役」のこぼしの可能性大。確定役からのREGには設定1と6では2倍の設定差があるのでこれはいい挙動。もっとも、リプレイやベルでも重複があるのでこれを完璧に見抜くには困難だし、分母が大きいのでたった1回ではなんとも言えませんけどね。

↑投球音→第一停止打たない(ハズレ?第二で打てばアツい)→第二右停止でも打たない(やっぱりハズレ?でもスイカテンパイしてる。スイカかな?スイカは打ってアウトの場合と打たずに揃う場合あり)→中リール第3停止でリーチ目が完成して悶絶!すべてのリール停止毎にアツくなれるこういう入りパターンがもっと多ければ完璧な名機だったのになあ。

そこからのRTが90Gも続いて、その後すぐに初BIG! 左リール上段赤7ビタ押しの技術介入をさっそくミス。しかし304枚が獲得できてRTもついてくるBIGの出玉感は気持ちイイ。

さらにポンポンとボーナスを引き、ちょっと期待しちゃいます。しかし若干の設定差があるベルは全然落ちない。いくら回しても1/12~1/13くらいで推移。まあそんなに差はないから、とは思うんですけどちょっと嫌だなあ。もっと回せば上がってくるかな。

ちょっとしたハマリを喰らうも、すぐ持ち直す

全然落ちないベルを気にしながら、しかしボーナスが引けてるんだからと続行していますと、やはりというべきか当然というべきか、ハマリがやってきます。552G、持ちメダルがなくなる寸前にREG、そのRT中にREG、そこから201GでようやくBIG。

まあこの程度はこの台ではよくあること。しかし小役はあいかわらず少ない。ちょっと疑いを持ち始めます。

 

それにしても、ハマりを喰らうとこの台の問題点が浮き彫りになってしまいますね。

というのは、ボーナス当選の大部分は「チャンスリプレイとの重複当選」であり、つまり「投球音→カキン→出塁→」という「野球演出」を経ないとボーナスにあまり期待できない。なのでどうしても「チャンスリプレイ待ち」というゲーム性になってしまい、リール出目をエキサイティングに楽しむということができない・・という欠点がハマると強く感じられてしまう。

さきほど書いたように、いきなりリーチ目という展開がもっとしょっちゅう(半分くらいが単独当選でもよかったと思う)あれば、ボーナスが重くてもリール出目に集中できるのに。その意味では「投球音が発生しなければレア役の可能性なし」というのもやめたほうが良かったかも。毎ゲーム目押しが必要なら「投球音待ち」という退屈なゲーム性にはならなかったのに。でもそうすると難易度が高くなって誰も打たなくなるだろうから仕方ないのかな。

 

それはともかく、この程度のちょっとしたハマリであきらめてはいけない。小役が少ないといえどもまだまだ可能性はあります。このへんでBIG中ホームランが出たりしないかなあ!

設定6を上回るボーナスのヒキで大勝利!

その後はハマリ知らずで快調に出玉を伸ばしていきます。途中BIG間で約1000Gほどのハマリもあったりしたものの、これはどう考えても高設定だろ・・というボーナスのヒキを発揮!

そこそこあるはずのチェリー重複は一度もなく、ベルの出現率も設定1を下回ったまま頑張りまくって、5917Gまで回してヤメ。まだ閉店までは時間がありましたがこのへんがオッサンスロッターが集中して打てる限界。それに、最近は「高設定だ!死ぬ気で回して最大の勝ち金をゲットするぞ!」という欲がわいてこない。朝イチから並ぶってのも最近は面倒くさくて仕方がないし、トシを重ねるとさまざまな欲が枯れてくるもんなんですね(それを考えると、80とかにもなってまだ権力にしがみつく自民党のジイチャンたちはある意味バケモノだと痛感します。どこまで欲深いんだろう)。

差枚はプラス 3,848枚!ボーナスは設定6を大幅に上回る出現率、しかもBIGに偏ってくれて大量出玉に!

しかしボーナスのヒキ以外には高設定らしきところは全くなし。これは高設定だったのかなあ。出玉的にはかなり濃厚ですけどね、ただいいほうに偏っただけかも。BIG中ミニゲームでは結局ホームランは出現せず、小役もダメでした。やはりこの台に関しては小役出現率はまったくアテになりませんね。

残念なところもあるが・・面白い台であるのは間違いない

出たからっていうのもあるけど、とにかく楽しめました。

しかしさきほども書いたように、チャンスリプレイ重複が中心のゲーム性(ていうか、「野球演出」中心のゲーム性)にしたばっかりに通常時が退屈になってしまった、というのがこの台の不幸。

チャンスリプでほぼ野球演出に行っちゃうのではなく、野球演出に発展したら激アツ、くらいにしておけば良かったのに。しょっちゅう発展してしょっちゅうハズレるから、「なんだよこのクソ演出は・・」となってしまうのに。

そこは残念ではあるけれど、それでもこの台は好き。野球演出にしても、チャンスリプレイ後1G目は(ガセのチャンスリプの場合は必ずリプレイ確率がアップするので)小役狙いで打ってなにも揃わなければボーナス確定。なので、「どこを狙ってやろうか」とアツくリールを止めることができます。

↑チャンリプ後1G目!ハサミ打ちなら2確!2G目以降なら第二停止時点で期待薄・・だけど中リールにリプレイが止まってリーチ目!という悶絶パターンも。

 

しかし、なんだかんだ言ってもこの台のキモは出目演出の多彩さですね。野球演出はあくまでもオマケと考えるべき。その野球演出によって同じ出目がさらにアツくなったり2確になったりすることもあり、そのへんはよくできているんですけど、出目に注目して打つ、というプレイヤーにしかその楽しさは理解されないでしょう。だから評価されなかったんだな。

↑投球音発生→第一左停止で打たず、ああハズレ?スイカ?という出目→第二右停止でカキンでビックリ。出目は小役ハズレ目、この形からスイカ揃い(BARはスイカの代用図柄)は見た記憶がないし、リプレイから野球演出なら鬼アツ。ボケっと打っているとこういうアツい展開がいきなりやってきます。

 

ちなみにチャンリプ後などのボーナスに期待できる場面では、どこから押しても楽しめるけど効率の面では逆押し青7狙いがベストかな?

右リール枠内に青7を狙い、上段に青7がビタどまりしたらたぶん青7BIG? 実戦上、ベルのときは上段にベルが落ちてきて、スイカのときは上段にBARが停止しています。

中段に青7が止まったらスカ濃厚。

下段に青7(BAR・リプ・青7)でリプレイorスイカorチェリーorボーナス。左リール枠上あたりにチェリー付きの青7を狙い小役をフォロー。左下段に青7が落ちたら青7BIG濃厚。なにも揃わなければREGor赤7BIG。

↑青7BIG濃厚!

右リール中段にBARが停止したらベルorハズレorREGor赤7BIG。左リールにBARを狙い、BARがテンパイしなければベルorハズレ。BARがテンパイしたら中リールにもBARを狙い、REGが揃わなければ赤7BIG濃厚!

↑カッコよすぎるリーチ目!しかもビッ確!

間違っているところがあったら随時訂正しますがこんな感じだと思います。

 

ともかく、高設定なら1日粘ってみたいし、負けてもまあいいかな、と思える数少ない台のひとつ。いまどきこういう硬派な台が大ヒットするわけはないんですけど、だからこそこういう台を大事にしているホールにはせっせと通いたい。

設置されているうちはたぶん(勝つ見込みが薄くても)打っちゃうので、もしまた高設定くさい挙動を体験したら記事にしたいと思います!

続「SLOTファミリースタジアム」実戦! まぎれもない高設定台をブン回した結果は・・・ 

-パチスロ稼働
-, , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.