負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチスロ稼働 パチンコ稼働 ふだんの稼働の様子

日常の稼働日記~忍魂暁の章&CR真・北斗無双~

更新日:

前に たまには日常の稼働日記~ミリオンゴッド凱旋&プレミアムビンゴ~

の記事で、ふだんの立ち回りを記事にしてみたんですけど、

アクセス解析によればこれがけっこう読んでいただいているようで、

「おもしろかった」というメールもいただき(この場にてお礼申し上げます)、

じゃあ定期的に日常の稼働状況も書いていこうかな・・と。

前の記事は、立ち回り的には間違ってなかったけど引けずに負け・・・

という内容でしたが、今回はそこそこウマい展開になった日のことを。

忍魂~暁の章~ 忍ノ破片750P以上

前日に顔見知りの青年(まじめに働いている)が打っていた

大都技研のパチスロ「忍魂~暁の章~」。

「忍ノ破片750P以上の演出が何べんも来るんスけど、何度ボーナス引いても満タンになってねえっス」

という言葉を残し、時間がなくなったのかやめていってしまいました。

 

「忍ノ破片」とは「魔法少女まどか☆マギカ」における「穢れ」みたいなもので、

max1000ポイントに到達した状態でボーナスを引くと

そのボーナスが上位の特化ボーナスに昇格します

(詳しくは適当な解析サイトを参照してください)。

 

で、私はこのとき別の台を打っていたし、

仮に破片maxになってて特化ボーナスを引いたところでたいしたことない、

という経験を以前にしていた

(900ポイント以上確定の状況で打ってクソハマリの末にREG。消化中はART複数セット確定?のフリーズの確率が1/12にアップする上位REG「暁REG」に・・・なったのですがやっぱりフリーズせずに激ショボで終わり)

ので打たなかったのです。

 

・・・で、いつものように翌日もそのホールに行ってみると、

その忍魂暁が前日のそのとき以来ボーナスを引いてない状態で空いていました。

「忍ノ破片」ポイントは設定変更後も引き継がれます。

ほかに打つ台が見当たらなかったし、

そのホールは貯玉再プレイ無制限なので、

とりあえず打ってみるかということに。

 

・・・・この台を打つのは3回目なんですけど、

この通常時の「なにも起こらない」加減は

嫌いじゃないです。

ただ、なにか演出が起こった時の演出の完成度がイマイチなのと、

出目演出の練られ具合はいまひとつ、というのがちょっと不満ですね。

 

・・・投資貯玉550枚でボーナス当選!

これがビッグ!

すると液晶右から紫色のエフェクトがはじけて、

どうやら忍ノ破片はmaxだった模様!

 

忍ノ破片maxでビッグを引いた場合、

「月光ビッグボーナス」

「暁ビッグボーナス」

のどちらかとなり(どちらもART突入は確定)、

暁のほうが上乗せ性能が圧倒的に高い・・・のですが、

今回はやはり月光ビッグ。夕方や夜背景のときなら暁に期待できるようです。

 

月光ビッグボーナスは、技術介入(要ビタ押し)によって

上乗せゲーム数を増やす抽選が受けられる(暁ビッグはその抽選とは別に成功毎に上乗せ)

のですが、4回?成功したのに上乗せは10G。

まあこんなもんだ・・・

と思いながら60G駆け抜け・・・ハイハイ、終わりね~

と思ったらセット継続。さらにそれも駆け抜けて、またセット継続。

ああ~3セットもあってよかったけど、全然コイン増えてないなあ~・・

いつもどおり激ショボで終わり・・を予感したところで、

やっとチャンス目から上乗せ&ボーナスが。

↑「ピンクピンクピンクぅ~!!って言われてピンクを狙ったら一確目!こういう、ナビ矛盾でボーナス確定!っていう演出が大好き。

 

この月光ビッグを皮切りに上乗せ&ボーナスの連打が始まり、

終了後にさらに引き戻しARTで2セット継続し、

1454枚を獲得して終わり。

 

セット継続などけっこう幸運に恵まれて、時間も2時間くらいかかったのに

出玉はこんだけか・・という気もしなくはないですが

まあウマい展開になりました。

 

この台のいいところは、さきほども言ったように演出が控えめというところ。

ART中もなにがしかの見慣れない演出が起これば上乗せやボーナスにかなり期待できますね。

さんざん煽りまくって結局なにもなしでガッカリ・・というのは

(ほかの台に比べれば)かなり少ない印象です。

さらに、「なんとかゾーン」とか「なんたらチャンス」みたいな

ありきたりな上乗せ特化ゾーンはなく、

いわばボーナスが上乗せ特化ゾーンになっている、というのも好印象。

 

通常時も、クソみたいなチャンスゾーンが存在せず、

それに入るための煽りもない。

ボーナス中の抽選と、ボーナス後の高確中にチャンス目がひけるかどうか

だけが勝負。レトロですがアツいシステムです。

 

これはボーナス&ART機のあるべき姿だと思うんですよね。

煽りの少なさ、ボーナスとボーナス直後がアツい、という

4号機時代を思わせるシステムはいまとなってはなかなか稀有です。

 

・・・というわけで嫌いじゃない、

どころか私の中ではけっこう評価の高い台です。

もっと設置がのびてほしいところ。

 

投資 貯玉550枚

回収 1454枚

差枚数 プラス 904枚

 

ゴーゴージャグラーに貯玉100枚だけ使ってから(これは余計)、

地域一番店であるA店へ向かいます。

サンダーVリボルト 約500G BIG2回・REG4回

地域一番店であるA店。

地域で唯一5円スロットがないんですが

20スロだけでも客つきは良く、

休日ともなればハーデスや凱旋や沖ドキ!はあさイチからフル稼働となります。

それだけに出玉還元する体力はあるようで、

ノーマルタイプ機にも高設定くさい挙動をみせる台がチラホラあります。

 

そういうホールなので、ちょっとでも良さげな

アクロス系Aタイプがあると打っちゃいます。

この日はサンダーVリボルトが約500G、BIG2回とREG4回という台が。

サンダーVリボルトの場合はやはり重視するべきはREG出現確率だと思っているのですが、

いかんせん回転数が少なすぎて危険でした。

念のため勝ち勝ちくんで小役をカウントしながら打つと、

REGとBIGをすぐに引いたもののやっぱりノマレる。

ベルもチェリーもまったく落ちないし、ちょっと信用できない感じ。

もう少し追加投資してもいいけれどその前に

ほかのコーナーをチェックすると、

さきほどまで満席だったパチンコの「CR真・北斗無双」

のシマに空台ができていて、

釘をみてみるとなんかアケてるっぽい。

ふだんからけっこう甘目な北斗無双がアケられているっぽいとあっては

打たなくてはならないので、サンダーVをやめてそちらへ移動。

 

投資 貯玉150枚

回収 0枚

差枚数 マイナス 150枚

CR真・北斗無双(ミドル)

この時点までで、私の2017年のパチンコ収支では

ダントツの稼ぎ頭(といっても18回打ってプラス 106,435個。2月に1日でプラス 75,861個をやらかしたのがあり、いいほうへ偏ったことに助けられている部分が大きいです。→2017年2月のパチンコ・パチスロ収支

となっている「CR真・北斗無双」。

でも、はっきりいって面白くないので打ちたくないんですよね。

連チャンしているときは出玉スピードが速くてなかなか気持ちいいですけど、

出ているときに面白いと思うのは当たり前なので、

やはり通常時が面白いかどうかというのが

パチンコでもパチスロでもポイントであると思います。

それを考えると、

(今のパチンコはほとんど全部そうですけど)

この台の通常時は苦痛そのもの。

 

しかし、カネのためにはそんなことは言っていられないので

がんばって打とう・・と回転数をチェックしていると、

最初の4000円分(貯玉再プレイ1000個)で1000円当たり22回ほど。

いいほうに偏ったっぽいけれどとりあえずこれだけ回っていれば粘るしかないか・・

と思いつつ、投資が1250個になったところで

聞いたことのない音が発生!

すると、保留が・・・

真性の北斗無双マニアの方には

「そんなもん珍しくもねえ!」と言われますかね。

私は初めて見ました!エイリやん保留!

となりのおじいちゃんが指さして「やったね~!」と言ってくれたので、

ドヤ顔で親指をたてて返しました。

エイリやん保留はST突入まで確定するのかな?当確なだけ?

今回はめでたくSTへ突入しました。

いつもどおりアミバをチョイス。

 

・・・しかし・・ST駆け抜け。

となりのおじいちゃんが人差し指をたてて

「1回だけで終わりで悔しいねえ~!」

みたいなジェスチャーをしてくれて、

今度は苦笑いで返すしかありません。

 

しかしよくあることとはいえ、

STが当たらずに駆け抜けは何度体験してもガッカリしますね。

これだからSTは嫌なんですよ。

STの間じゅう、「はやいとこ当たってくれよ」・・とイライラすることになります。

 

しかしとりあえず良く回るので続行。

すると持ち玉がゼロになる寸前、ST終了から82回転目に666が揃いました。

これはST突入ならず。

しかし時短中にジャギがサウザーをやっつけてくれて4R当たり、ST突入。

やっぱりアミバをチョイス。

 

ここから・・・

98 4ラウンド(七星チャージ)

67 4ラウンド  ジャコウに勝ち

57 16ラウンド

76 4ラウンド 珍しくアミバ流百裂拳で勝ってビックリ

68 4ラウンド デビルリバースに勝ち

19 16ラウンド PKZ発動

119 16ラウンド 無法者に勝ち

130 ST終了

 

・・・で約10,550個を獲得。

 

さらにそのあと33回転目に222で当たり単発。

時短終了後31回転に444で当たりまた単発・・・

その時短中にまた当たって4R、ST突入。

 

101 4ラウンド

18 16ラウンド  無法者に勝ち

9  4ラウンド  無双ゾーン中 ハートに勝ち

107 16ラウンド 無双ゾーン中

40  8ラウンド(七星チャージ)

50  16ラウンド 無法者に勝ち

7   4ラウンド

41  16ラウンド 無双ゾーン中

130 ST終了

 

で約13410個。

そのあとはいきなり回転率が悪化して、

300回ほど回してヤメ。

出玉は20,444個となりました。

 

投資 貯玉1,250個

回収 20,444個

差玉数 19,194個

 

多少4ラウンドに偏りましたけどなかなかの結果に。

勝利確定キャラが出まくりで安心してみられるバトルが多くなりました。

「無法者」はけっこうしょっちゅう見て、「でかい婆」だけはいまだ見られてないんですけど、

そのへんのレアさ加減には差がつけられてるんでしょうか。どうでもいいけれど。

 

そのあと、以前はスルーが激甘のまんまで私のメイン機種となっていた

(最近はガチガチになった)「CRヴァン・ヘルシングⅡ」の甘のヘソがちょっとアケられた

みたいなので未練打ち。

そこそこ回るけれども、

どう止め打ちしても60回転の時短中に50個くらい減っちゃう

極悪なスルーの調整は変わらず。

運よくSTに入ったんですけど当たらず駆け抜け(継続率87.5%なのに、いつもそんなのばっかり)

を喰らって、帰ることに。マイナス 561個。

 

というわけで、

パチスロ・・・差枚数 プラス 654枚

パチンコ・・・差玉数 プラス 18,633個

収支・・・・・プラス 79,647円

にてこの日は終了。

 

まあ、こんなにウマい展開になることは稀だし、

北斗無双の2万発なんてすぐ溶かしちゃう程度ですしね。

長いことカネのためだけにパチンコ・パチスロを打っていると、

大量出玉を獲得しても気持ちがアガるということはあんまりなくなります。

ただ、とりあえず一息つける、とホッとするだけ。

 

実戦記事はまた書いていきます。

ダメダメな立ち回りで大負け、というのも

体験はしたくないけれど記事にするのはアリかな。

 

-パチスロ稼働, パチンコ稼働, ふだんの稼働の様子
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.