いろいろ話題のフリマアプリ「メルカリ」をつかってみた

      2017/09/28

先日、我が家の光回線が近所の倒木で不通になり、

ネットがつながらない状況に。

非常に困ったため、リスク回避のためにモバイル通信の手段を確保しようと、

地元ローカルの通信業者が展開する格安スマホを購入しました。

所有するガラケーではいざというときにあまり役に立たなかったので、

 

世間的には無職ニートの身としては、キャリアのメールアドレスはとっておく必要があるので、

通話とキャリアメール保持のためだけに一応ガラケーは残し、

格安スマホのほうはデータ通信専用ということに。

それでもトータルの料金はガラケー1台のときよりも安くなりますね。

 

以下、ガラケーで20年以上過ごしてきたオッサンがはじめてスマホを使った感想、

そして話題の「メルカリ」をつかってみた話。

スポンサードリンク

文字入力ができなくて悪戦苦闘中

買ったのはスマホは富士通の「arrows M03」。

その会社の取り扱い機種のなかで一番小さかったからこれにしました。

目下操作方法を少しづつ勉強していますが

・・・・文字入力がなかなかうまくできない。

 

操作方法自体は理解できてるんですけど、

タッチパネルのボタンが小さくていつも隣のボタンを押しちゃうんですよね。

これがものすごくイライラする。もう何度もぶん投げてしまったくらい。

 

パチンコ・パチスロの投資額や出玉をその場で記録するために

ガラケーのメモ機能をずっと使ってきましたが、

これについてはスマホに移行する気にならないですね。

慣れればなんてことないんでしょうけどね。

「メルカリ」を覗いてみたが・・

「毎日100万点出品!」といい、すでにヤフオクを追い抜いたといわれる

「メルカリ」を、私のせどりの商材であるCDをチェックしようと思ってダウンロードしてみました。

CD・DVDなどは「カウル」という姉妹アプリが専門のようですが、

メルカリからもみられるようになっています。

しかし・・・CDに限って言えば、はっきりいってみるべきものはほとんどなかった。

私が欲するメタルのマニアックなものを検索すると、

ほとんどない。ヒットしてもすでに過去に売れたもので現在は出品者がいない状態。

 

まあ、利用しているのは若者ばっかり、業者は排除、というアプリですから

予想はしていましたが、音楽マニアとしては

「なにもねえじゃねえかよ」というのが正直な感想でした。

ヤフオクのほうがヒットする可能性は高いんですけど、

そっちは「ノークレームノーリターン」とか、舐めてるとしか思えないことを

平気で言っている人間が多いのでめったに使いません。

 

なんでもあって出品者の信頼性も(なかには問題のあるものももちろんいるけれど)高い・・・

というものを求めると、オークションやフリマアプリなど個人間取引ではダメですね。

個人的には、結局はamazonということになります。

CDを買う立場でいえば、「なんでもある」感はamazonがダントツですし、

一部の輸入盤業者を除き、たとえ個人出品者であっても問題のある取引に

なったことはほとんどないです。

さらに、売る立場としてもおかしな購入者とトラブルになった体験はほぼありません。

もう数万件の取引をしましたが、配送事故を除けば

「このお客さんは明らかにおかしい」「いいがかり」というのは2~3回くらいですかね。

 

信頼性を重視する人はamazonや楽天市場へ行き、

そういうことを考えず、とにかく手軽ならいい・・

という人はフリマアプリに行くということになると思うので、

出品者のレベルや客のレベルの差は歴然とするのではないでしょうか。

 

で、実際のところメルカリはどんなもんなのか体験したいと思ったので、

それほど欲しくもないけれどこの値段なら買ってもいいかなという未聴のCDを、

3件ほど注文してみました。クレジットカード払いです。

スポンサードリンク

いきなり遭遇!まったく連絡をよこさない出品者!やっぱりかよ・・

3件の注文がそれぞれどうなったか。

 

①注文翌日に「注文確認しました」という通知、その翌日に発送通知、その2日後に「らくらくメルカリ便」(ヤマト運輸が担当する匿名で送れるメール便)で到着。

②注文2日後に「注文確認しました」、という通知、その翌日に発送通知、その3日後に(発送地が遠隔地だったのでしょうがない)日本郵便の「クリックポスト」で到着。

ここまではよかった。梱包もきちんとされていたし、商品状態も良好でした。しかし・・・

 

③・・・現時点で10日以上、なんの音沙汰もなし。

 

ええ~いきなり?たしかに自己紹介文にはどれくらいで発送するとか全然書いてないので、

いまからなんかやるつもりなのかもしれないけど、

3件目の利用にしていきなり無責任対応の出品者にぶちあたりました。

数百回使った末にあたったなら、

「たまたま」「どこにでもそういうのはいる」とあきらめもつくでしょうが、まだ3回目ですよ。

それともこれが普通なのか。こっちから「まだ評価が少ないんですけど買ってもいいですか?」

とか言わないとだめなのか。だとしたらなんという思い上がりなのか。

これが普通なんだとしたら、メルカリさんサヨウナラ、ということになりますね。

(追記:メルカリの運営より「出品者に発送するように促しています」という連絡もあり、そのまま待っていましたがやはり動きなし。で、運営がキャンセル処理をしてくれました)

 

ちなみに売る場合は、手数料は売上の10%。

売上金のやりとりなどを代行してくれてこの手数料なので、特に高くはないですね。

しかし、手軽さゆえに責任感のない人は相当に多いと思われる

(匿名取引をしたがる人が多いのはその証左でしょう)ので、

買うのも売るのも私は遠慮したいな・・・と思いました。

小売業の衰退を招くか?

しかしおそらく、まだまだ個人間取引は成長していくでしょう。

しばらく前のメルカリのCMで、洋服をリアルの店で試着とかをして、

店で買わずにメルカリで買う、というのがあって批判を浴びていましたが、

ああいうのが当たり前になり、リアル小売業や製造業や出版業などは

悪影響を受けてどんどん衰退する危険がある・・のでしょうか。

 

今回使ってみたかぎり、そこまでの影響力は持ちえないのではないか・・・

と思いましたが、メルカリの運営側に

「もっと信頼されるものに進化させよう」という気がちゃんとあって、

さらに改善が積み重ねられるのならもっとすごいことになるのかもしれません。

 

私はもう使わないですけど、通販業者のはしくれとしては動向はチェックしておこうと考えています。

スポンサードリンク

おすすめ記事:

 

 - CDせどり, 雑談 , ,