負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチンコ

パチンコで勝つには~考え方とメンタルが大事~

更新日:

初心者のためのパチスロ講座の記事ですが、

今回からパチンコについて書いていこうと思います。

 

パチンコは2016年内を目安に、いわゆるmaxタイプは

ほとんどが撤去となる見通しです。

新しく出る台は、(一般入賞口に玉が多く入るのが前提となるため)

スペックが大幅にダウン、「牙狼 魔戒の花」のような、千円で20回も

回ればお宝台、という高スペックの台はありえなくなります。

パチスロも規制強化でどんどん厳しくなり・・・・

と、大変だ大変だと騒ぐ人もいますが、

我々プレイヤー側には、どうすることもできないことなので、

考えても仕方のないことです。

なりゆきを注視し、状況によって対応を考えるしかありません。

 

このブログではパチスロを中心に話をしていますが、

パチンコ・パチスロは、いつどうなるかわからない不確実さをはらんでいるので、

パチンコもパチスロも両方知っているに越したことはないし、

もしパチンコ・パチスロだけで喰っている、という状況であるなら、

それ以外の収入の道も常に考えておくか、育てておくべきです。

ということでパチンコの話を書いていこうと思うのですが、

個人的には、パチンコは、パチスロに比べ、

よりメンタルや考え方、辛抱する心が大事になってくるものととらえています。

今回はそのあたりについて。

スポンサードリンク

いつ当たるのか見当がつかない、ということは、とっても恐ろしい

プラスの期待値のある台、つまり、いわゆる「ボーダー」以上に回る台を

ひたすら打ち続ければ、いつか必ずプラスになるということは、

以前書きました→天井狙いで勝つための心構え①~期待値の概念を理解しておこう~

当たる仕組みを理解すれば、勝つ方法がみえてくる~パチンコの巻②

しかし、これを信じてひたすら打ち続けるのは、

かなりの精神力と忍耐が必要なことです。

 

maxタイプなら、大当たり確率が約400分の1。

400分の1!!とほうもなく低い確率です。

先日、パチスロ「学園黙示録 HIGH SCHOOL OF THE DEAD」で、

770回ハマっている台を打ったんですけど

(この台の天井は、1280G到達で、以降ART確定のチャンスゾーンがボーナスまで

何回でも発生するというもの。あまり増えないですが、ボーナスまでに

でかい上乗せを引ければ侮れない爆発力があります)、

ボーナスが成立したのは2104ゲーム目でした。

で、この台のボーナス確率は、設定1で255分の1。

確率の分母の8倍くらいのハマりですね。

まあ、たまにはあるレベルのハマりなんですけど、これが400分の1のmaxパチンコなら

3200回転くらいに相当することになりますね。

とにかく、maxパチンコなら3000回くらいのハマりは、

たまにあります。というより、打ち続けていれば必ずそういう体験をします。

しかも、天井機能のあるものもあるパチスロと違って、

理論上は無限にハマる可能性があります。

 

クソハマりばっかりのくせに、当たってもハナクソほどの出玉で終わりとか、

それがいまのパチンコです。しかも天井はない。

これほど恐ろしいスペックの台で、

しかも回らない台を打つ、というのは、もう自殺行為、無謀そのものです。

クソハマりは必ず訪れる。だからこそ、回る台を打つことが重要

打ち続けていれば、信じられないようなクソハマりに遭遇します。

もうこれは避けられない。どんな凄腕のパチプロであろうとも同じです。

前にも書いたんですけど、私は京楽の「ウルトラセブン」(大当たり確率1/479)で、

同じ台で2日間にわたって4000回当たりなしをやったことがあります。

ハマるのはしょうがないのです。誰でも同じ。

しかし、最終的に勝つ人と負ける人との違いはどこにあるか。

勝つ人は、「回るから、どれだけハマってもいつか必ずプラスになる、という確信をもって

冷静に粘る。そしてハマるのであり、

負ける人は、回るとか回らないとかを考えず、ただ漫然と

「当たれぇ~」と思いながら、「そろそろ当たる」という根拠のない期待をもって、

熱くなって粘ってハマるのです。

 

4000回転ハマった場合のことを考えてみましょう。

仮に1000円で25回回る台と、15回しか回らない台が、

ともに4000回転ハマった場合、

25回回る台は4000÷25=160。16万円の負けですね。

15回しか回らない台の場合、4000÷15=266.666・・。

約26万円の負けとなります。

こんなに極端な差がなくとも、1000円あたりの回転数が1回違えば、

たとえば20回の台と21回の台では約1万円の差が出ます。

このように数字にしてみれば、いかに回る台を打つことが重要か、

回らない台を打つことがいかにバカバカしいことか、わかるはずです。

 

そして、これをずっと続けていくと、トータルでみれば確率通りに当たりが

引けてくるので、そうすると、そこまでに使った金額にとてつもなく

大きな差が出てくるのです。

いいですか、さきほど、千円で20回の台と21回の台では、

4000回回した時に約1万円の差が出ると言いました。

これが40万回転だったらどうか。毎日打ってれば1年間でそれくらい回せそうですよね。

千円で21回の場合、40万回転÷21=19047.6、つまり約1905万円。

千円で20回の場合、40万回転÷20=20000。つまり、約2000万円。

確変だの時短だのは抜きで考えて、純粋に通常時の回転40万回転で、

約100万円の差がでます。千円あたりの回転数がたった1回違うだけで!

 

この、ものすごく長い目でみた違いが、いつか必ず現れてくることを知っているから、

パチンコで勝てる人は、回る台であれば、確信をもって粘ることができるのです。

勝てない人は、もう病気ともいうべき「そろそろ当たる」という根拠のない期待だけで、

半端に粘って負けることになる。

回る台を打つこと、そうすれば勝てると信じて続けること

パチンコで勝つにはこれが最も大事です。ていうかほとんどこれだけです。

いわゆる「ボーダー理論」というやつですね。「ボーダー以上に回る台を

打っていればいつか必ずプラスになる」のです。

まあ、「ボーダー」はさまざまな要因で上下するので、

そこが難しいところではありますが、

これは絶対の真理です。

たまに「ボーダー理論では勝てない」と言っている人を見かけますが、

こういう人はまさに「長い目でものを考えてない人」つまり負ける人です。

次の講座記事でも、またこの話題について書いていきます。

「ボーダー理論」では勝てない、という病①~何度も言うけれど、長い目で考えよう~

スポンサードリンク

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

それではまた。

おすすめ記事:

 

-パチンコ
-, , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.