負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチンコ

「ボーダー理論」では勝てないという病③~ほんとにボーダー超えてる?~

更新日:

初心者向けのパチ講座の続きです。

前の記事 「ボーダー理論」では勝てない、という病①~何度も言うけれど、長い目で考えよう~

「ボーダー理論」では勝てないという病②~根拠のない思い込みを排除しよう~

にて、いわゆる「ボーダー理論」では勝てない、と思っている人たちの

誤謬について書いてきました。

さらに今回もその話題を書いていきます。

「ボーダー理論では勝てない病」の次の様態は・・・

スポンサードリンク

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

そもそもボーダーに届いてない台を打っているんじゃないか

攻略誌やパチンコ攻略サイトなどで、

機種ごとにボーダーとなる回転数が書かれていますね。

まず、このボーダーは、状況によって上下することを知っておかなければなりません。

 

・交換率

これについては大概の場合は注意書きされているはずですが、

等価交換と換金ギャップがある場合とでは当然ボーダーは違ってきます。

差玉数がプラスでも、交換率しだいではマイナス収支となるわけで、

換金ギャップが大きければ大きいほど、ボーダーは高くなります。

 

・大当たり時の出玉数

アタッカー周辺の釘がマイナス調整、つまりアタッカーに入らずにアウトになる玉が

多ければ多いほど、大当たりの出玉数は少なくなりますので、

その場合もボーダーは高くなります。1200個出るはずが、1100個になれば、

1回当たり100個も違うのですから、その分多く回さなければダメですよね。

逆に、捻り打ちで大当たりの出玉数を増やすことができるなら、

ボーダーを下げることができます。

 

・電サポ中の増減

一般的に右打ちで電チューに入賞させながら、大当たりを待つ状態、

つまり確変や時短中に、電チューを開くためのスルーになかなか入らなかったり、

電チューが開いてもそこにあまり入らない場合、持ち球は徐々に減っていきますので、

その減り具合次第では、ボーダーはさらに高くなります。

逆に、止め打ちでこの減りを削減、もしくは玉を増やすことができるようなら、

ボーダーを下げることができますね。

 

・その他、無駄玉を発生させているケース

保留が満タンなのに玉を打ち出していたり、大当たりして、アタッカーがまだ開いてないのに

打ち出していたりとかいう場合。こういう無駄玉は、ボーダーを算出する際には

考慮されていません。こういう無駄玉はチリも積もれば、で

非常に侮れないです。

 

上記のように、さまざまな要因でそのときその台によってボーダーは

上下するということを考えながら打たないと、

回っているんだけど実はボーダーに届いていない、ということになってしまいます。

回っているようで実は回っていないんじゃないか

1000円あたり何回回れば、という言い方で

ボーダーをあらわしている場合が多いですが、

パチンコでは「回りムラ」という非常に悩ましいものがあるため、

実はそれだけ回る台なのか、なかなか判断できないというケースもあります。

最初の1万円分で、ボーダーを3回転ほど上回っていたのに、

次の1万円を終わったときにはマイナス1回転になっている・・などということは

普通にありますよね。

この「回りムラ」はだれでも悩み、いろんなことを考えると思いますので、

別の記事にして掘り下げていくつもりですが、

これも「トータル」で考えていかなくてはなりません。

最初だけ数えて、あとは数えないとかいう人も多いですが、

それだと「実は回っていない」ということに陥る可能性は高いです。

「圧倒的に回る」台だけを打つ

上記のような要因に惑わされないための方策については今後書いていきますが、

かくもいろいろと気を付けなければいけないことが多く、

そのすべてがうまくいく素晴らしい台はほとんどありません。

なので、ボーダーを1回転上回っているとか、そういう台では心もとないです。

さきほど書いたように、1回転のアドバンテージなど、回りムラですぐに吹き飛んでしまいます。

 

圧倒的に回る台だけを打ちましょう。

1万円打った時点で、ボーダーを4回上回っているとか、

「こんなに回っていいの?」というくらいに感じる台なら、

回りムラを考慮してもトータルで回る台である可能性は高まります。

圧倒的に回る台なら、アタッカーや電チューまわりが多少厳しくても、

ボーダーを上回る台である可能性が高まります。

 

「ボーダー理論では勝てない」と思ってしまう人は、

こういう台を打てていないか、こういう台をさがす努力をせずに妥協してしまうか、

いい台を見つけても粘っていないかの、どれかではないかと思うのです。

「ボーダー+4なんて台あるか!」という方もいるでしょう。

そうです、なかなか見つかるものではない。

その場合はパチスロをさがすとか、それでもなければ

打たずに帰ればよいのです。勝ちに徹するならこれしかありません。

そこで妥協して打ってしまうから負けてしまうのです。

 

圧倒的に回る台を見つけた時だけ粘る。

回らなかったらできるだけ早くヤメる。

それを繰り返し、収支を記録する。

長いことそれを続ければ、トータルでは

いつまにかプラスになるはずです。

その成功体験を得られれば、

「ボーダー理論では勝てない病」は治るのです。

そこに到達するまでは、たいへんな苦痛と努力を経なければなりませんが・・・。

 

次回は、さきほども言及した、

悩ましい「回りムラ」について書いていきたいと思います。

パチンコで勝つには~回転ムラについての考え方~

スポンサードリンク

それではまた。

おすすめ記事:

-パチンコ
-, , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.