6月21日のNHK「うたコン」をみた

      2017/08/30

前の記事 「うたコン」はカバーが多くておもしろくない

で、歌番組としてはかなりイマイチな感じ、

という文句を書いた、NHKの「うたコン」。

今回は、「決定版!港ヨコハマヒットパレード」というテーマ。

出演予定者は、

市川由紀乃,五木ひろし,丘みどり,椎名佐千子,AAA,長山洋子,マルシア,三山ひろし,横山剣,渡辺美里。

ああ、市川と丘と椎名はまたカバー曲要員なんだろうな・・と予想しながら、

この前ふりを書いていますが、はたして・・

予想通りのごった煮構成

今回の曲目は以下のとおりでした。

「ブルーライト・ヨコハマ」・・・丘みどり

「昔の名前で出ています」・・・三山ひろし

「港が見える丘」・・・・・・・市川由紀乃

「伊勢佐木町ブルース」・・・・椎名佐千子

「ふりむけばヨコハマ」・・・・マルシア

「赤い靴」・・・・・・・・・・丘みどり・椎名佐千子

「LOVE AFFAIR ~秘密のデート」・・AAA

「よこはま・たそがれ」・・・・五木ひろし

「タイガー&ドラゴン」・・・・横山剣

「My Revolution」・・・・・・渡辺美里

「四万十川」・・・・・・・・・三山ひろし

「ふれ逢い橋」・・・・・・・・長山洋子

「九頭竜川」・・・・・・・・・五木ひろし

 

まあとにかく忙しい番組。三山ひろしや丘みどりが、カラオケで流れるドラマみたいなのを

演じてみたり(三山ひろしのは、笑っちゃったけど)、

美空ひばりの紹介VTRを流してみたり。

今回は演歌陣の新曲をラストに3曲やってみたり。

なぜ、こうなんでもかんでもいっぺんにやろうとするのか。

ひばり特集はそれはそれで1回を使ってやってほしいし

(谷原が「ひばりさんはヨコハマの誇りです」、と言っていたが、

この半端な扱いではそんな尊敬の念は1ミリも感じられない)、

AAAや剣さんを呼ぶのなら、もっと尺をとれるように、

別々の回に呼べばいいのに。はっきりいって、AAAの登場は(前もって知らなければ)、

ものすごく唐突、違和感ありまくりでした。

若い層は、おそらく録画して、AAAのところだけをみるでしょう。

番組制作サイドは、そういうみかたをしてほしいと思ってるんだろうか。

たぶん、それでいいと思ってるんでしょう。どう考えても、45分、トータルで

楽しんでほしいという意図はみえない。

ここらへんは、ダウンロードで1曲単位で曲を買って楽しむ、という

いまの音楽の楽しみ方に起因しているのかもしれません。

CDもテレビ番組も、トータルのバランスを考慮する、ということが

おろそかになっている気がしますね。

スポンサードリンク

丘みどりは、いつになったら持ち歌を歌わせてもらえるのか

丘みどりは、この時間にはもう数回出ていると思いますが、

私がチェックする限りでは持ち歌は歌ってませんね。

まあ、NHKに出ているとはいえ、まだ下積み、と考えれば

仕方ないのかもしれません。すっごい美人で歌もうまいんですけど、

それだけではブレイクできないのが演歌・歌謡曲の世界。

なにか大きなヒット曲がほしいところです。


amazon.co.jp 霧の川

横山剣がカッコイーネ!

横山剣が「タイガー&ドラゴン」を熱唱。

すごいカッコよかった。

今日のいでたちをみると、

どうしても、最近分裂して話題になっている、日本最大の反社会的団体の

6代目親分さんを連想してしまいましたが、

曲も歌唱もとにかくカッコよかった。

個人的には、今回の目玉はAAAではなくこっちでした。


amazon.co.jp タイガー&ドラゴン

AAAは、ファンは狂喜だろうけど、出来は普通

個人的には、AAAは小室哲哉作品を演ってこそ輝くグループ、

というとらえ方をしていて、そのAAAがサザンの曲をやるときいて、

どんなアレンジでやってくれるのか、注目しようと思っていたんです。

あくまで個人的な感想としては、

それぞれのメンバーがかわりばんこに歌ってみました、という感じで、

アレンジというほどのものは感じなかった。

番組制作側は、AAAが出る!ということで観る人たちを取り込みたかったのと、

見栄えのいい若い男女がさわやかな笑顔で歌う絵面がほしかったんだろう

と思いますが、その狙いはとりあえず成功していたのかな。

AAA目当ての層が多く見るのは予想されることなんだから、

持ち歌を1曲やらせてあげればいいのにね。


amazon.co.jp AAA 10th ANNIVERSARY BEST(ALBUM3枚組+DVD)

今回は低調

剣さんはかっこよかったけれども、それ以外は

特筆するべきものがなかった、というのが正直なところ。

渡辺美里の横浜からの中継も、そんな必要あんの?という感じだったし。

まあ、丘みどりと市川由紀乃の「カラオケで流れる映像みたいなの」はかわいかったし、

三山ひろしのはおもしろかったから

(三山の場合、仮にまじめにやってもなんか笑っちゃいそう。

こういう、なにをやってもコミカルな感じのキャラは、演歌歌手としてはどうなの

という気もしないでもない)、

こういうのはまたやってもいいかも。

いちおう視聴を続けますけど、この調子だと、

ブログに書いてみようというモチベーションはあがりませんね~。

スポンサードリンク

それではまた。

 

 - 音楽の話 , , , , ,