パチンコ・パチスロ:「ヤメ時」はいつか

      2017/08/30

久しぶりにパチンコ・パチスロ初心者向け講座の記事を。

これまでいろいろ書いてきましたが、まだまだ不十分です。

で、これまで「どんな台を打つか」ということは書いてきましたが、

「選んだ台をいつまで打つか」ということにはまだ言及していませんでした。

言い方をかえれば、いわゆる「ヤメ時」というやつです。

パチンコ・パチスロで勝ちたい、稼ぎたいなら、これはものすごく重要なことなのですが

(遊びたい、楽しみたいという方はこの記事は読む必要はないです)、

例によって正しく理解している人は少ない。理解していても徹底できる人はさらに少ない。

後述するように、ヤメ時を決定するにあたってはさまざまな要素を考慮する必要があるので、

初心者向けの内容にするのは難しいのですが、

今回は基本的な考え方について理解していただきたいです。

スポンサードリンク

「期待値の高い台を打つ」のが基本なので・・

パチンコ・パチスロで勝ちたい、稼ぎたいと考えているのなら、

その方法は、

 

・高設定のパチスロを打つ

・天井に近い、もしくは期待度の高いゾーンにあるパチスロを打つ

・甘釘のパチンコを打つ

・潜伏確変などの、期待度の高い状態にあるパチンコを打つ

 

これしかない、とこれまでの記事に書いてきました。

つまり、「プラスの期待値の台を打つ」ことを続ければいいわけです。

 

そこがきちんと理解できていれば、打つ台を選ぶポイントも見えてくるし、

それを打った時にいつヤメるか、ということもわかります。

正しい台選びと正しいヤメ時、それを徹底できるかどうか、

というのが勝つ人と負ける人をわけるのです。

高設定台、甘釘台の場合

運よく「高設定のパチスロ」「甘釘のパチンコ」がつかめた場合、

基本的には常にプラスの期待値のある状態なので、

「時間が許す限り打ち続ける」のが正解となります。

 

ただし、AT・ARTタイプのパチスロや最近のデジパチの場合、

当たっている状態や確変の状態が延々と続くことがあるため、

「取り切れず閉店」になるリスクが発生する時間にはヤメなければなりません。

高設定のパチスロであっても、当たりの消化に時間のかかるAT・ART機の場合は、

残り時間が少なければ少ないほど期待値は落ちることになります。

ジャグラーやハナハナなどのノーマルタイプのパチスロの場合は閉店まで粘ってOKですね。

 

「高設定台や甘釘台の場合は、残り時間を考慮しつつ、最大限粘る」

のが正解、ということで、「ヤメ時」は、

 

・自分の時間が無くなったら

・デカいのを引いたら取り切れない恐れがでてくる時間になったら

・閉店

 

ということになります。

 

そして、打っているうちに「高設定」「甘釘」の確信がもてない、疑わしくなった、

もしくは高設定や甘釘ではないと判断した場合は、できるかぎり早くヤメることです。

スポンサードリンク

天井、ゾーン、潜伏確変などを狙った場合

高設定台や甘釘台ではなく、パチスロの天井やゾーンを狙ったり、

パチンコの潜伏確変を狙ったときなどの場合。

 

これは、「おいしいところだけを搔っ攫う」と言う戦略なので、

ヤメ時は「おいしいところをすべていただき終わったとき」

ということになります。

言い換えれば、「プラスの期待値の状態が終わったらヤメる」ということです。

 

パチンコの潜伏確変狙いの場合は比較的わかりやすいでしょう。

確変状態が終わったり、大当たりして確変が終わったりしたらヤメればいいだけです。

 

パチスロの場合も同じです。

天井を狙ったのなら、当たりを引いて、それが終わったらヤメる。

ゾーンを狙ったのなら、ゾーンを抜けるか、当たりを引いてそれが終わったらヤメる。

それが基本ですが、当たりが終わった直後はチャンスな台とか、

逆に0ゲームでヤメるのがベストという台もあったりするのでそう簡単ではない。

 

まずは、考え方を理解しましょう。

「期待値の高い状態がおわったらヤメる」のです。

それを理解できていれば、あとは各機種についての知識

(たとえば、「ミリオンゴッド凱旋」なら、AT終了後28ゲームはATが潜伏している可能性がある、とか、いつヤメるかを判断するために必要な知識)

を身につけることで、いつヤメるのがベストか判断できます。

 

というわけでまとめると、

常に期待値の高い状態である高設定台・甘釘台

・・・できるかぎり粘る

期待値の高い状態が限定的・いつか終わる天井台・ゾーン・潜伏確変狙い

・・・期待値の高い状態が終わったら即やめ

 

となります。

しかし、さきほども言ったように、これを徹底するのはなかなか難しい。

「期待値の高い状態」なのかどうかを完璧に判断することはできない

「期待値の高い状態」が終わったらヤメ、と言いましたが、

それを判断するのがまず難しい。

高設定か否かを判断するのは至難の業(簡単だと思っている人は一生勝てない)だし、

甘釘だと思って打っていた台が、突然回らなくなり、トータルでは全然ダメ、ということも

普通にあります。

そうすると、天井・ゾーン狙い、潜伏確変狙いのほうが確実ですが、

とくにパチスロの場合は、即やめされないようにさまざまな罠ともいうべき仕掛けを

もうけている台も多い(天国モードとか、当たり直後は引き戻しの可能性があったりとか)ので、

台についての知識がないと失敗することもあります。

 

というわけで、期待値の高い状態かどうかを100%判断することはできないのですが、

しかし、正解する確率をアップさせることはできます。

 

パチスロなら、設定差のある部分(小役確率など)を頭に入れ、

カチカチ君でカウントしながら打ち、高設定か否かを「推測」(何度も言うが、「判別」ではない)

することにより、少しでも「期待値の低い状態を打たされる」ことを減らす努力が重要だし、

パチンコでも、めんどうがらずに常に1000円あたりの回転数をカウントし続け、

「ほんとうは回らないけれどたまたま最初に良く回った台」

に騙されることを減らす努力をすべきです。

パチスロ天井・ゾーン狙いの場合は、どのタイミングでやめるべきかを

親切に解説してくれてるサイトは無数にありますから、検索して調べればよいでしょう

(ただし、鵜呑みにしてはいけない)。

 

さきほど、「高設定や甘釘でないと判断したらできるだけはやくヤメる」と言いましたが、

これも100%は正解できない。パチンコの釘はともかく、

パチスロで高設定ではない、と判断した台が夜の設定公開で設定456だった・・なんてことは、

設定公開可能な時代には私自身が何度も体験しました。その逆ももちろんです。

これはどんなに凄腕のプロでも避けられないですが(避けられると思っている人は一生勝てない)、

失敗、思い違いの可能性をできるだけ減らそうと努力することが大事です。

 

要は常に意識することです。

なにも考えずにダラダラ打つのがいちばんいけない。

 

「ヤメ時」を判断し、徹底して守るということは

稼ぐうえでは非常に重要なことなので、

次回以降の記事でもう少し掘り下げていきます。

今回は基本的な考え方について書いたので、次はもう少し具体的に、

「よくある、ヤメ時を見失って失敗するパターン」について書いていこうと思います。

関連記事→勝っているうちにヤメる、という考え方

スポンサードリンク



おすすめ記事:

 

 - 勝つための考え方 , , , , , , , , ,