負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチ・スロ収支

2021年2月のパチンコ・パチスロ収支

投稿日:2021年3月3日 更新日:

いろいろあってブログ更新がだいぶ滞っています。

このハナクソのようなブログでもわざわざ見に来て下さる読者の方々にはご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。

 

しかし、稼働量が増え、なにかと時間が足りないという状況に陥り感じるようになったのは、ビジネスマンにしろパチプロにしろ、成功するためには独りぼっちっていうのはやっぱり良くないなあ、ということ。

最近はジェンダー差別に関して世の中が敏感になっているのでこういう言い方をすると誤解を招くかもしれませんが、家事を分担してくれる奥さんもしくはパートナーがいればどれだけ楽か。家事をサボるとすぐに家の中が散らかり、散らかっていると心が落ち着かず物事がはかどらない。時間がないからと食事がテキトーなものになると体調がすぐれなくなりこれまた物事がはかどらない。だから寝る時間を削ってでもそのへんをきちんとしようとするんですけど、すると睡眠不足になってこれまた良くない。すると仕事の効率を上げるしかないわけですが、パチンコ遊タイム狙いをメイン戦術にしていると、その効率は圧倒的に悪い。それならぱちんこではなくほかの方法でカネを稼げよ・・となりますが、今更働いたら自分だけならそれでもなんとかできるとしても母まで養っていくことができない。

やはり仕事を成功させるためには、家族などのサポートがあったほうが絶対的に有利、っていうかそれが必要不可欠なんでしょう。もちろん私がジリ貧なのは独りぼっちであることだけが原因ではなく私の能力の問題もありますが、これはたぶん間違いのない真理。

そう考えると、なにかで成功した人間っていうのはおそらくほとんどが配偶者や家族やパートナーのサポートのおかげでそれを成し遂げられた(1日に十何時間も仕事したとか勉強したとか練習したなんていう努力した話は、それをできるように炊事や洗濯などをやってくれた人のおかげでしょ?)ということなわけで、ほんとうに立派な成功者というのは「自分がこれだけ努力したから成功した」なんていうことを言わない人なんだろうなあ。努力できたことも含めてすべては周囲の人間のおかげである、とわかっている人だけが、称賛に値する成功者なんでしょう。昭和のドラマとかだとダンナが奥さんとケンカして「誰のおかげでメシ喰ってるんだ!」なんていうシーンがあったりしますけど(今でも実際にそういう人はいるでしょうね)、そこはそうではなく奥さんが「誰のおかげで仕事できてんの?」と言うのが正しいわけだ。

こう書いてる私だって、結局のところ他人の力をまったく借りずに生きているわけではない(行政サービスも使うし、医者にもかかるし、お金を稼いで生きていられるのはパチ屋の皆様とパチ屋でお金を使ってくれる人たちのおかげ)わけで・・・。独りで生きていく、生きていける、なんていうのはただの思い上がりなんだなと、このトシになってよくわかります。

奥さんやパートナーにサポートしてもらうのが常態である人は、そのありがたみがわからなくなるんでしょうね。奥さんや家族が仕事をサポートするのは当たり前だと思っちゃうんでしょう。自民党のジェンダー差別主義議員たちなんかはまさにその典型じゃないですかね。

 

それはともかく、1月より稼働時間は若干減ったものの、2月も変わらずパチンコ遊タイム狙いで時間と精神を消耗しながら過ごしました。

精神的消耗にいかに耐えるかが課題

収支 プラス 222,552円(2021年累計 プラス 455,705円

稼働時間 217.5時間(移動などもすべて込み) 時給 1,023円

パチスロ差枚数 プラス 5,799枚

パチンコ差玉数 プラス 43,559個

 

う~ん、いちおうプラス収支ではあるもののこれでは足らないし、なかなかキツイ1か月間でした。

というのは、メイン戦術であるパチンコ遊タイム狙い(ほんとうはパチンコ甘釘狙いをメインにしたいけど、そんな台はないので)がなかなか伸びなかったから。それと、遊タイム狙いは精神的にキツイということ。

後述するように台選びに若干の問題があったという反省点もありますが、そこそこ拾えて試行回数はけっこう稼げました。しかしとにかく回らないし引けない、っていう印象しかなく、ひたすら拷問、修行でした。実際はそこそこ引けてるんですけど、とにかく毎日毎日回らない台(しかも面白くない)でクソハマって激ショボ出玉で終わり、を繰り返していると、そのマイナスな気持ちが固定されてきちゃう。パチンコ台に向き合っても「これからどんなドラマが起こるか」とワクワクしたり期待したりすることがない。「どうせ・・・」という気持ちにしかならない。だから実際は勝っていても「つらかった」という感想しか出てこない。

遊タイム狙いは、それなりに拾えたが・・・

2月のパチンコ遊タイム狙いの成績はこんな感じ。予想していましたが、だいぶ遊タイム機が増えてきましたね。そこそこ稼働があるホールで、宵越しが狙えさえすれば、「拾えなくて困る」ということはこれからさらに減っていくでしょう。それはいいんですけど、なにしろなかなか伸びなかった。

 

モモキュンソードMC・・・・プラス 23,612個(4台)

冬のソナタフォーエバー・・プラス 17,864個(18台)

真牙狼・・・・・・・・・・プラス 8,266個(6台)

ゴルゴ13疾風・・・・・・・プラス 5,218個(2台)

大海物語4SPアグネスラム・・プラス 4,936個(9台)

ドラム海ジャパン・・・・・プラス 3,222個(5台)

野生の王国GO・・・・・・・プラス 2,228個(2台)

戦国乙女6・・・・・・・・・プラス 2,138個(2台)

リング七日間2・・・・・・・プラス 1,574個(8台)

HOTD2弾丸・・・・・・・・プラス 1,423個(2台)

ジョーズ深淵・・・・・・・・プラス 339個(1台)

とある魔術・・・・・・・・・マイナス 1,111個(3台)

アイマスミリオンライブ・・・マイナス 1,575個(1台)

仮面ライダー轟音・・・・・・マイナス 1,665個(2台)

北斗無双3・・・・・・・・・マイナス 1,985個(16台)

フェアリーテイル2・・・・・マイナス 2,598個(2台)

ウルトラセブン超乱舞・・・・マイナス 3,880個(2台)

エヴァ決戦真紅・・・・・・・マイナス 4,915個(1台)

 

けっこうオイシイ台を16回も拾った北斗無双3が伸びなかったのが痛い。リングも単発喰らいまくりだったし、モモキュンソードでたまたま爆連してくれたのがなかったらヤバかった。

冬ソナはクソも回らない台(1000円あたり14~16回ほど)ばかりでしたがやはり安定感がほかの台とは段違い。これでも確変はそんなに引けてないし、突確にやたらと偏っていましたからね。

 

まあ引けなかったのは仕方がない。その前段階の「台選び」に問題がなかったかを検証しなければならない。

すると、問題はなかった、ただ引けなかっただけだ・・・とも言い切れない。

微妙なハマリゲーム数→釘をみて「そこそこ回りそうだからイケる?」と思って打つ→見た目ほど回らない→天井までもってかれて単発・・・・とか、

リセットもたまにあるホール→宵越しなら打てるハマリ数→必ずしもリセットとは限らないだろ!確認したい。と思って打つ→やっぱりリセット・・・・とか。

 

こういう失敗は、まだこの戦術で勝っていけるという自信がないから起こってしまうんですよね。いつも引き合いに出しますけど、パチスロ「ミリオンゴッド凱旋」がメインだったときは、たとえば据え置きなら打てる、リセットならキツイ、という台を見つけた時は「誰かが回すのを待とう。それで打てなかったらそれでもいいや」と冷静に判断できていました。それを逃したとしてもまたいつでも拾えるし、ほかに選択肢もいっぱいあったし、なにより「それで勝っていける」という確信があったから。

いまはそういう自信がまだ持ててないから、微妙な台をみつけたときも、試行回数を増やしたいと思って焦って打ってしまっています。そのおかげで打たなくてもいい台を打って無駄に負けた、っていうのがありました。今後、「そこらじゅうにハマリ台がある」という状況になって、結果が出てくればこのへんも変わってくるとは思っていますが・・・。

獣王が救ってくれた

2月もパチスロはオマケ程度の稼働。

パチ屋に行っても基本的にパチスロコーナーは後回し。パチンコで打つ台が見つかればほとんどシカトです。

パチンコで打つ台がないときに、「獣王 王者の覚醒」のリセットor天井狙い、「美ら沖」のリセットorゾーンor天井狙い、「南国物語」の天井狙い、どうしても打つ台がないときにジャグラーのものすごくよさげな台がもし見つかったらジャグラー・・・っていう感じでした。5スロに生き残っていた「沖っ娘」はついに撤去に。

 

で、いちおうプラス収支になったのは、獣王覚醒で幸運な爆発があったからというだけ。獣王覚醒は8台でプラス 8,070枚。

私が朝イチリセット台を取れなかったとき、朝イチ台を打った人が朝イチREG獣狩りだったのにサバチャン終了でBIG引かずに即ヤメしちゃったのを目撃し、それを引き継いで打ったら運よくREGが引けてそこから覚醒ラッシュ5回くらい引いて爆連して約6,300枚獲得とか。このパターンでオイシイ台を拾ったのは何度かありますね。朝イチ獣狩りで押し順全ナビだったらBIGを引くまではやめてはいけません!

あと、いつもは激ショボで終わるダチョウアタックで9枚役を引きまくりその上2倍に偏りまくり、10→20→40→80→160→320→325→650→655!!という流れで上乗せ655Gを達成、そこからはあまり上乗せしなかったけど約4,000枚獲得、なんてのも。

↑この次ゲームも9枚役引いて猛アツ!! ちびりそうになりながら「2倍でお願いします!」と第3ボタンを停止すると残念ながら上乗せ+5でした。その次ゲームがリプレイで終わり。惜しい。こういうドラマティックさはデジパチでは味わえませんね。

 

そのほかには特になし。スーパーミラクルジャグラーの高設定くさい台を夕方から打って1,500枚くらい出たのくらいか。獣王の爆裂がなかったらキツかった。

 

というふうにいろいろあったけれども、全体の収支金額はイマイチな感じで2月は終了。しかし、遊タイム狙いは時間と手間を惜しまなければとりあえず拾える、という感触は得られているので、まとまった結果が出るまでとにかく頑張るしかない。結果が出れば精神的にラクになり、冷静に立ち回れるようになり、さらに収支が伸びる・・という好循環に入れると思うので。そこまで行くにはやっぱり1年くらいかかるかなあ。

-パチ・スロ収支
-, , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.