負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチスロ稼働 ふだんの稼働の様子

パチスロ6号機時代の覇者は、やっぱりジャグラーか!「ファンキージャグラー2」実戦!

投稿日:

北電子の「ジャグラー」シリーズ。

来月には「マイジャグラーV」が導入開始予定。そして「ゴーゴージャグラー3」「ハッピージャグラーV3」などがすでに試験に適合しているとのことで、ジャグラーファンとしては胸が躍るばかり。このままいけば、来年に到来する完全6号機時代は、ノーマルAタイプに限らずとも完全にジャグラーシリーズの天下になりそうです。

そうなれば、前からそうでしたがこれからますます「ジャグラーで出さないホールは行く価値ナシ」というふうになりますね。私は業界人ではないからその視点からは言えませんが、一般的なふつうの経営感覚なら、超人気機種のジャグラーの客をトバすっていうのはとてつもなく恐ろしいことであり、絶対に避けなければならないはず。それでもジャグラーから抜きまくるようなホールはつまりそれだけ台所事情が厳しいと考えられるわけで、出玉にも期待できない、と判断できるでしょう。

私が現在メインとして通っているP店。このホールをメインとしているのはパチンコ遊タイム機の宵越しが狙いやすいから、っていうのと同時に、「とりあえずなにがなんでもジャグラーだけはカッコウをつけてる」ように見えるから。パチンコの釘は基本ガッチリ、パチスロにも高設定くさい挙動をしめす台などはほとんど見ないけれども、ジャグラーにだけは良さげな挙動の台が高確率でみつかる。こういうホールであれば、狙える遊タイム機が出現するまでジャグラーの良さげな台を打つ、もしくはその逆、という感じの稼働が可能に。

で、続々登場する予定の6号機ジャグラーの、第2弾である「ファンキージャグラー2」。P店にも複数台導入され、私もすでにけっこう打っています。ウルサいジャグラーは好きじゃないから今のところ優先順位は高くないですが、高設定域の出玉性能はなかなか魅力的!

北電子 ファンキージャグラー2 特設サイト

旧イベントデーに朝から狙ってみた

けっこう前の話ですけどP店の旧イベントデー。最近は徐々に客側にも「ジャグラーがアツい」と浸透してきたようで、アツいとされている旧イベントデーは早めに行かないとジャグラーが取れない状況になっている。今のところはあさイチ並んだりする必要はないけど。

そういうわけなので朝から、開店15分後くらいに出勤。導入されたばかりのファンキージャグラー2のところへ行きますと、1台空いてるだけであとは全部埋まっています。

その空き台に座ります。まだボーナスはゼロ、なぜか99Gだけ回されて空いている。

 

打ち始めから55G目にガコ!でBIG。5号機ファンキージャグラーはあまり打たなかったので忘れてましたが、この赤いGOGOランプ、毒々しさとカッコよさが同居しててなかなかイイ。

さらに59G目にペカ。1枚掛けで次ゲームにボーナスを狙うと、第一停止時にキシャ~ンっていうエレキ音が発生し、同時にGOGOランプが高速点滅。これは前作にもありましたかね。「GOGOエレキ点滅」!ビッ確です!

次のBIGでもペカの次GレバーオンでGOGOエレキ点滅が発生。これはプレミアム演出としては発生頻度が高いのかな。

 

で、最初のBIGから100G以内の「ジャグ連」がなんと7連!7連目のBIGでは中段チェリーが降臨!

中段チェリー停止時に発生するという新プレミアム「ガコバズーカ」を初体験。中段チェリーがズドン!でのけぞった次の瞬間にコレが始まるのはなかなかエキサイティング。

 

そこから427Gハマったもののその後持ち直して、10回目のBIGでまた中段チェリーから「ガコバズーカ」発生。これは設定差があったりしないのか。中段チェリーを取りこぼしたらガコバズーカは発生しないのかな?

 

出玉は絶好調。そこまでたったの1,059GでBIG10回。REGは2回だけで少ないけれども、BIGにもそこそこの設定差がある仕様(設定1→1/266.4、設定6→1/219.9)なので、これは可能性あるよ!

・・・

・・・

しかしそこから停滞。540GハマってBIG、113GでBIG、313GでREG・・ときて、355Gまで来たところで、設定差がBIGより大きいREG(設定1→1/439.8、設定6→1/262.1)が引けないし、パチンコ遊タイム機も育ってきたのでヤメました。

 

BIGのヒキがいいほうに偏っていちおうプラス収支に。設定はもちろん全然わかりませんが、やはりこの台もREG出現率に注目して台選びや押し引きの判断材料にするのがいいでしょうね。

爆連してた台を拾った日

こちらは別の日で、イベントデーでもなんでもない通常の日の稼働。

午後からP店に出勤しファンキージャグラー2のデータをチェック。

するとなかなかそそられるデータの台を発見。1,270G消化でBIG 10回、REGが5回。猛烈に連チャンしたあと、ちょっとハマって捨てられた台。

こういう台は打たなくてはならない。ただし、「高設定が期待できるホールであるなら」というのがポイント。これくらいのカタヨリは低設定であってもたまにはあるわけで、そういうのに騙されない(騙されないで済む確率を上げる)ためには、そのホールにほんとうに高設定があるのかないのか、そこが重要ですね。まあそれも客側には確かめようがないのですが、「毎日毎日、あっちこっちに高設定っぽい台がたくさんある」ホールと、「高設定くさい台もたまには1台くらいある」っていうホール、どちらのほうが高設定がじっさいにある可能性が高いかは明白。

このホールは通常の日であってもジャグラーの高設定はありそう(と判断している。それも間違っているかもしれないけど、それは確かめようがないから)なので当然この台は打ちます。

 

すると2G目にいきなりペカってREG。さらに持ちメダルでBIG2発引いて、これは期待しちゃっていいのか・・?

しかしその後BIG間694Gハマリで追加投資。そしてREG5連発。さきほども言った通り、この台もREG出現率に着目して設定推測するのがいいと思われるので、これはいい傾向。しかし現金投資するのは嫌(貯メダル再プレイは460枚までのホール)なので、はやいところBIGが連チャンしてほしい・・・

 

すると、第3停止後にリールフラッシュと同時にギュイギュイ~ンとドリフト音が響き渡ってガコ!っていうド派手プレミアム「ドリフト告知」からのBIGを皮切りに、今度はBIGに偏りまくります。しかしちょくちょく中ハマリするから出玉増加スピードはゆっくり。

BIGに偏るのは出玉的には嬉しいけど、あまりにREGが引けないのも不安になってくる。次のREGが引けたのは前のREGから1,431G後。しかし出玉スランプはゆっくりと上昇し続けているのでもちろん続行。

目の覚めるような連チャンはないけど目立ったハマリもなくイイ感じ。その一方でREGの出現率はジリジリ下がっていく。REG出現率が設定6を大幅に上回る台を打つ、っていうのが私の方針なので、夜も遅くなって疲れを感じてきたところでヤメ。

スランプはこんな感じに。最初のギュイーンって上がってるところは前任者。もちろん設定はなんとも判断できませんが、スランプグラフと合算確率をみればまさにザ・高設定。

 

BIGがよく引けてくれて快勝。BIG獲得枚数が240枚しかないから連チャンしても出玉増加スピードは5号機に及ばないのは当たり前だけど、トータルの出玉性能としては申しぶんないですね。ほんものの高設定であるなら、5号機よりもカタい勝負ができる。

個人的にはド派手演出はいらないが・・選択肢がたくさんあるのはイイこと

いつも言うように私はジャグラーには多彩な演出は不要、と思っています。だからファンジャグとマイジャグが並んでてどちらも同じくらいの高設定期待度だったらやっぱりマイジャグを選びますが、ウルサいのが好きな人、演出が多彩な方がいいっていう人もいますからね、いろんなタイプのジャグラーがあって選択できるようになっているほうがいいんでしょうね。

「みんなのジャグラー」だけはどう考えても勘違いしまくりの駄作でしたけど、→「みんなのジャグラー」はなぜつまらなかったのか ここ最近はそういうヘンなジャグラーは出てきてないので、この調子でジャグラーのジャグラーたる基本を守ったジャグラーをいろいろ出してくれることを期待しています。願わくば豆電球GOGOランプ搭載のクラシックジャグラー復活をお願いしたい!

いずれにしろ、今後しばらくジャグラーがパチスロ稼働の中心となる状況が続くのは間違いなさそう。ジャグラーで稼ぐのはとてつもなく難しいことであるけれども、それに挑戦したい、っていう気持ちもあります!遊タイム機を打つより1,000倍面白いですからね。

関連記事→ファンキージャグラーを打ってきました

-パチスロ稼働, ふだんの稼働の様子
-, , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.