負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチスロ稼働 パチンコ稼働 ふだんの稼働の様子

パッとしない稼働内容が続く日々。引けないときはこんなもん。

投稿日:

いよいよ新年度、わが地域では桜が咲き誇ってます。いい季節になりましたね。同じように私のぱちんこ収支も花盛りになってほしいところ。しかしそうはうまくいかないんだなあ。

やってることはパチンコ遊タイム狙い・パチスロ天井&ゾーン&リセット狙いで、確信のもてない高設定狙いなどは慎むように徹底していますから大負けすることはあんまりないんですが、そのかわりミリオンゴッド凱旋をメインにしていたときにはたまにあったような、一撃十数万円!という爆裂はめったに起こらないので、なかなかまとまった結果が出ない。

どれだけ美味しい台を拾っても引けないときは引けないから仕方がない。できるだけ負けを圧縮し、勝つときはそれを最大化する、という基本を徹底するしかありません。

そんななかで、なにやってもパッとしなかった3月のある日の稼働を記事にしておきます。

パチスロは打つ台が2~3年前から変化してない

まずはなじみのF店。遊タイムの宵越し、もしくはパチスロの宵越しorリセットを狙います。

パチスロのランプでリセットが判別できる台をみるとほとんど据え置きな模様。宵越しは・・とさがしますと、「S沖っ娘」に前日最終454G、有利区間ランプは消灯、という台を発見。

これまでさんざん記事にした沖っ娘。またそれなのかよ、と言われそうですが、狙い目をきちんと守って打てば猛烈に勝てるという意味で現時点で個人的には6号機最強の台ですから、設置されてるかぎり(一度外されたが再設置された)狙わなくてはならない。遊技機としての完成度という点では6号機最凶クラスのつまらない台ですけどね。

問題は、沖っ娘以上に「こりゃあ圧倒的に勝てる」という確信のもてる台がほかに出てこないこと。あたらしく出る台の情報を逐一チェックしてないのが悪いんですけど、狙っているのはいまだに美ら沖だの聖闘士星矢海皇覚醒SPだのグレンラガンだの花伝だの、そんな古い台ばかり。このままではイカン・・・とは思ってても、古い台だろうがつまらない台だろうが、目の前に美味しい台があれば打つのみです。

 

で、この日の沖っ娘。リセットはほぼないとして、ランプ消灯で前日がAT後454Gだから、目指す有利区間天井(つまり有利区間リセット。有利区間リセット後約50%でAT3連チャンをゲットできる「サンセットモード」に入る。だから設定変更時は激アツ)まではあと約900Gちょい。

この台はゲーム数天井(AT後999G)も搭載していて、ここから打てば有利区間天井までに最低1回(そして有利区間天井に到達すればそこでもう1回)のATは引けるし、そこで有利区間リセットの可能性もなくはないから、現金投資が必要でない状況なら、ものすごく美味しいわけではないがこれくらいから打っても問題ない。

幸いにもこのホールは貯玉再プレイ無制限。どうせ有利区間天井まで持ってかれるんだろうけどせめてサンセットを1回引けてくれれば・・・と打ち始めます。

 

打ち始めから400G前後で3連ピュイが頻発。で、445GにてATに当選。宵越し天井にはちょっと早いところ。なにも引いてないのに。111G以降に当たるときはこのようにいつどのようにして当たったかが不明瞭なことが多い。だからつまらないんだよなあ。

この最初のAT、上乗せはなくベルも全然こなくて123枚どまり。G数管理なのでこういうことがけっこう起こります。逆にほとんど毎ゲームベルでモリモリ増えることもあるので、そのあたりは運次第で、けっこうな波となります。

これで有利区間天井まであと500Gくらいか~。退屈だけど頑張って打と・・・とペシペシ始めますと、あれえ。よく見ると有利区間ランプが消灯してる。どうせ点灯したままだろと思ってたので数ゲーム回すまで気づかす。これは珍しい。ランプが消灯したということは有利区間リセット、つまりサンセットモード移行の大チャンス!

ここから111Gまで(とりわけ60Gくらいまで)がこの台のハイライト。3連ピュイ、もしくはリナの「うふふ♡」とか「私にハマるとヤケドしちゃうかもよ💛」とかいうボイスの発生を祈ります。

40Gくらいまで3連ピュイもボイスも発生せず、あ~こりゃあひょっとしてダメかな、と諦めかけたらいきなりピュイが4連して大当たり。稀にこういうのもありますね。そしてこれがサンセットモードでした~!

次のATもベルが引けずたったの108枚で終了。その次のATでやっと上乗せ20Gをものにしたもののなんかイマイチだなあ。

ここはサンセットモードもういっちょで(サンセット後は有利区間リセットとなりまたサンセット突入の大チャンス)お願いしたい・・・

と祈っていますと、20Gくらいと30Gくらいのところで3連ピュイ。1回だけなら信頼度イマイチだけど間隔を置かず2回くれば猛アツ。これはいただいたでしょ!と思ったら・・・

スカ。念のため111G直前まで回してヤメ。さっきのようにアツい前兆なしで当たることもあれば、鬼アツ前兆発生でもスカることもあります。どっちにしろ「何の前触れもなしに突然告知で仰天」っていうのはほぼないっていうのがこの台の最大の欠点。

398枚を流し、マイナス 62枚。う~ん、有利区間天井前にランプが消えてサンセットにも入ったのにマイナスで終了は悔しいなあ。まあ仕方がない。

関連記事:

ハイエナ特化6号機「S沖っ娘」!設定6濃厚台実戦!

メイン機種にしたい!「S沖っ娘」打ちたおし日記!

日常の稼働日記:「CRスーパー海物語in沖縄4」&「S沖っ娘」!

日常の稼働日記:6号機天井狙い。今後はこんな感じの毎日になるかな?

次に拾ったのはこちらもず~っと打ってる古い台「超AT美ら沖」。3連チャン後に130Gでヤメられた台。7連チャン以外での連チャン後は109Gで有利区間リセット、そこから約111G間はチャンスとなりますから狙ってみるも、スカ。マイナス 92枚。

ここでパチスロには打つ台が見あたらないのでパチンコ遊タイム狙いへ。

P貞子VS伽耶子 頂上決戦 甘デジ 0G 宵越し計166G

見つけたのは「P貞子VS伽耶子 頂上決戦」の甘デジ。今日0G、3日間の宵越しが合計166G。遊タイムは297G消化後に発動でおそらく据え置きだから、あと131G。

サウンドがウルサすぎるのはどうにかしてほしいけど、バカバカしくて笑っちゃう(誉め言葉)液晶演出は楽しくて嫌いじゃない。このへんの突き抜けてる感はさすが藤商事といったところ。

天井は低いだけに据え置き濃厚のホールならわりとよく拾えるものの甘デジなだけにまとまった出玉を獲得するハードルはけっこう高い。それにどうせ回らないしねえ・・・でも打ちます。

やっぱりクソほども回らない。しかし14回転目、貯玉375個を投じたところでドギャギャギャ~ンと両手が落下して大当たり。

早く当たってくれて良かったけれども、大当たり後の時短1回+残保留1回はやっぱりスカで終了。プラス 115個。回らないので即やめ。

う~ん、ほんとなかなか出ない台だな。過去を調べてみるとこれで7連続で単発終了。

 

このあと、このホールが推している「大工の源さん超韋駄天」がどれくらい回るか確認のためちょこっと擦ってマイナス 375個。やっぱりいつもと変わらない。

ほかに打つ台がないので店を移動します。

P野生の王国GO(ミドル) 180G 宵越し合計347G

P店。こちらも遊タイム機は大部分が据え置き基調であることがわかっているホール。

ここでみつけたのは「P野生の王国GO」のミドル。180Gで当たりナシ、収集していたデータを参照すると、この五日間くらいで宵越し合計347G。遊タイムは大当たり後800G消化後に1,000Gの時短が発動、というもので、すると据え置きならあと273回。

まともに回れば狙い目。しかしここ最近のこのホールのこういうバラエティの不人気台の釘はホントにヒドイ。この台もだいたい14~15回といったところで、そうすると打てなくはないけど美味しくはないといった感じになる。

このあたりがパチスロ天井狙いとわけが違うところ。同じ回転数から打っても釘次第で天井までに要する投資金額に数千円の差が出てしまう。それが何十回も積み重なれば、年間という単位では莫大な損失につながります。

だからデータカウンターの数字だけを見て闇雲に打つだけではダメで、どれくらい回るのかを把握したうえで、保3止めやステージ止め、右打ち中の止め打ちなどをまじめにやるというところまでやらないと遊タイム狙いでは結果が出ません。

この「野生の王国GO」はとりわけまじめに打つことが大事な台。8個保留ですから保6止めを徹底、先読みが発生したら即止める、ステージに乗った玉が落ちるまでの時間がそこそこ長く性能もいいのでステージ止めも効果アリ。右打ち中も止め打ちでの節約効果絶大で、時短や確変はやたら長いのでやるのとやらないのとでは莫大な差が出ます。

アツい先読みや予告が出ないとほぼ当たらない設計はクソそのものだけど(アツいのが出てもスカりまくるのも致命的)、わりと良く拾えるし技術介入の効果もあるということでよく打ってる台。もちろん打ちます。

 

回らない釘とクドイ演出にイライラしつつ打ち進めますと、結局据え置き天井まで到達。1,000回の時短に突入。

遊タイムに入っても演出のウザさはあまり変わらないけど、とりあえず止め打ちに集中するからイライラしながら打つ通常時よりは気が楽。シコシコと止め打ちしていますと、遊タイムに入ってから80回転でロゴがドカーンって落下する予告から王国パレードリーチで777揃い。10R大当たり+確変です!

そして4回転目に999が揃いラウンド中昇格演出で10R!

↑わざわざカネと手間をかけてド派手役物をつくってくれてご苦労なことですが、申し訳ないけどこういうところは別にどうでもいいんだよなあ。そこらへんを理解してないぱちんこメーカーが多すぎる。多すぎるというより全部か。

その次は残念ながら888揃いで3R通常で、時短120回を駆け抜けて終わり。

せっかく美味しい台を拾って確変も引いたのに、やっぱりイマイチ伸びず。投資が貯玉2,500個と8,000円、回収は2,867個で、マイナス1,633個。

1パチ Pリング呪いの七日間2(ミドル)140G 宵越し計470回

今日もなかなかまとまった勝ちにならないなあ~。ここで打つ台が見当たらないので帰ろうかと思いましたが、念のために見た1パチコーナーに打てる台を発見。これ打って帰るか。

「Pリング 呪いの七日間2」のミドル。本日140G、宵越しは合計でST後470回ほど。あと270回チョイで遊タイム。1パチであることを考えると残り270回でも喜んで打つほどではないけど、好きな台だし。

 

・・・1パチだからと気楽に打っていますと、ここでサイテー展開を喰らいます。打ち始めから178回のところで2R当たり。電サポナシの潜伏確変に突入。そして確変駆け抜けで終了・・・。しかも全然回んなかった。マイナス 3,600個。

ヒドイ。ここ数か月のあいだは、「4パチでは引けないんだけど1パチではなぜか引ける」っていうことが多かったんですが、3月は1パチでもヒドイ展開を喰らいまくり。

「Pデビルマン疾風迅雷」266G 宵越し計337G

最後にと思ってよさげな反応を示していて空き台になった「新ハナビ」をちょっと擦って貯玉184枚を消費。さあ帰ろう・・と思ったら、さっきまで誰かが打ってた「Pデビルマン疾風迅雷」が空いてるのが見えました。あの台はたしか宵越しがけっこうあったはず。

・・・266G回されて当たってない。データを参照しますと宵越しは4日間で合計337G。おそらくず~っと据え置き、そうすると遊タイムまであと356回か。

この台も回んないんだよなあ。いつか打ったときは1,000円あたり13~14回くらいで吐きそうになりながら天井を目指した覚えが。そこを考えるともうちょっと回ってほしいけど、この台は残り300回から「残り300回」とかいう表示が必ず(?)出ちゃうので、このくらいで打っておかないと他人に当たるまで打たれてしまう可能性が大になっちゃう。

こういう「あと○○回」が出るっていう機能は時にありがたくもあり、時に迷惑でもありますね。私のように何日も当たってない台の宵越しをチェックし、誰も気づかないハマリ台をいただくというスタイルの場合は、これは「余計なものつけるな」ということになる。しかし「絶対に据え置き」という確信がない場合は、これはやっぱりありがたい機能になる。

時間は閉店まであと3時間半くらい。2時間くらいで天井まで行けば残り1時間半あれば「取り切れず閉店」はおそらくないでしょ。ていうかそんだけ伸びてくれれば取り切れず閉店でも全然OK。さっき野生の王国で獲得した持ち玉もあるし打つしかない。

 

・・・

・・・

今日は運よく16回前後くらいは回る。あまりにヒドイと思って少しアケた?

しかしつまらない台だな。絶対に当たりにつながらない演出やリーチを延々とみせられる、っていうのが昨今のパチンコがつまらない一因ですが、この台はそこがほんとヒドイ。「コキュートスZONE」とかしょっちゅう発生するけど、当たればラッシュなんだからもっと頻度を減らして信頼度を高くし、全部通常ボタンであっても当たる仕様にすればアツく楽しめるのに。「なんとかゾーン」「なんとかチャレンジ」が多すぎんだよ。ほんと開発陣はパチンコ打たない人ばかりなんだろうなあ。

などと考えていますと、ここでもサイテー展開を喰らいます。

順調に(?)ハマっていき、ミニ液晶でのカウントダウンが「残り10回」に来たところで保留が徐々にステップアップして赤になり、経過は覚えてないけどいつのまにか虹色の演出が発生してて大当たり。なんだこのクソ台。ここまできて引きやがって・・・。

まあこういうのはいつか必ず喰らうから仕方がない。ラッシュに入ってくれればいいんだ。頼むから良いほうの60%でお願いします!と5ラウンド大当たりを消化するも、やっぱりいらないほうの40%でした。即やめして540個獲得、投資は持ち玉2,867個と10,000円なので、差玉はマイナス 4,827個。

 

ヒドイ。3月のヒキのヒドさを象徴するかのような嫌がらせ展開を喰らって意気消沈して帰途につきます。この日の収支は、

パチンコ・・・マイナス 10,320個

パチスロ・・・マイナス 338枚

で、金額に直すとマイナス 36,389円となりました。

 

それほど大負けにはならなかったけれども、な~んかすっきりしない展開が多くて疲れた。心地よい疲労を感じるくらいの爽快な勝ちっていうのが3月はほとんどナシ。それは絶対にいつか喰らってしまうことであるとわかっていても、そんなのがひたすら続くとだんだん気分が沈んできます。

詳しくは収支記事で書きますが、3月はいちおう月間でプラス収支は確保したものの遊タイム狙いはヒドイ成績でした。いよいよ遊タイムで凌いでいくのも無理になってくるのかな。

-パチスロ稼働, パチンコ稼働, ふだんの稼働の様子
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.