負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチスロ稼働 パチンコ稼働 ふだんの稼働の様子

日常の稼働:現時点での個人的最重要機種!「沖ドキ!GOLD」「スマスロ北斗の拳」を攻略したい!(前編)。

投稿日:2023年9月9日 更新日:

8月のぱちんこ稼働はそこそこの収支となりましたが、そういう幸運が続くことはそうそうないもので、ここのところはイマイチ伸びない展開が続いています。

2023年8月のパチンコ・パチスロ収支

パチ屋には高設定も甘釘も期待できない状況で、アテもなくそれを狙うというのはほぼムダ、というか自殺行為であるので、やはり基本は「天井orゾーン狙い」ということになります。私にとってその基本は4号機「猛獣王」や「ネオプラネットXX」で天井狙いに目覚めたとき以来一貫して変わっていませんが、最近は「狙える台がないかな~」とパチ屋に見に行くこと自体が面倒くさくて仕方がない。なかなか拾えないから。拾えないときに「とりあえず打つか」みたいな気持ちになる台もないし。

そこで重宝するのは、ネットで「出玉情報」をリアルタイムで公開しているホール。その情報をみて、狙えそうな台があったら急いでパチ屋に出勤・・・というふうにしてます。リアルタイムといっても更新されるのは1時間おきくらいだし、そのうえホールまでは車で15分ほどはかかるので、「行ってみたらすでに他人に打たれていた」ということも往々にして発生しますが、それでも「行ってみたら誰もいなくて全台ゼロ回転だった」という状況は回避できて、美味しい台を拾える確率は少しでもアップさせられる。「そろそろ適当に回されているようだから行ってみるかあ」くらいで使っても、無駄足をふむ可能性はグッと減ります。

それもわが地域が絶妙に田舎で、過疎ホールならばネットで情報をみてから出かけても美味しい台が打たれずに残っていることはけっこうあるという土地柄だからであって、都会のホールならそうはいかないでしょうから、作戦としてはおススメできるものではありませんね。しかしホールによってはパチンコの回転数とともに「差玉数」もみられるものもあって、たとえば大当たりゼロで300回回された台があって差玉がマイナス5,000個であったなら、「250個で15回しか回らないクソ釘なんだな」とかいう判断ができたりするから、するとそういうクソ釘台を打ってみるという無駄を省くことができるわけです。そう考えるとネットで公開されている出玉情報は骨の髄までチェックして活用したほうがいい。まあそんなボッタクリ営業してるくせに出玉情報を公開するホールはほんとバカだなあと思いますけどね、それを隠そうともしないんだから良心的なホール、ともいえる。

で、チェックするのはもっぱら「沖ドキ!GOLD」「沖ドキ!DUO」「スマスロ北斗の拳」「アラジンAクラシック」など。オマケ的にもうだいぶ少なくなったパチンコ遊タイム機。北斗に関しては稼働が良すぎるので美味しい台が拾えることは少ないですが、沖ドキなどは適度に過疎ってきているので、データを見てから行ってもけっこう拾えます。

そんなふうにして午後から出勤したある日の稼働。

「沖ドキ!GOLD」のチャンスモード後を拾いたい!

午前中は家でやる仕事をしながら、出玉情報が更新される時間を見計らってスマホをポチポチし、ホールの状況をチェックします。

私がいま使っているホールは4店舗ほど、そのうち2店舗がネットで情報公開しています。片方は「地域一番店」とされる店で、客が多すぎるためネットで見てから行ったのではほぼ無駄足となる。しかしもう片方はいつもガラガラ、土日はそこそこ・・・というくらいの店なので、ネットで見てから出勤でも間に合うことが多い。ガラガラの平日でも昼過ぎぐらいにはそこそこ回されはじめるので、そのくらいが狙い目となります。

その日も「沖ドキ!GOLD」がそこそこ回ってきたのを見てから出勤。その時点で沖ドキ!GOLDにあさイチ早い当たりから連チャンせず放置、っていう台が1台あって、それが空いてたらいいけどなあ・・・。

行ってみると残念。1スルーの台はすでに打たれていて、しかも連チャンしてた。くそう。

ほかの台は誰かが打っている、もしくは33回くらい回されて当たらずそのまんまの台しかない。とりあえずちょっと様子をみるか。ホール内を練り歩いて打つ台をさがします。

・・・しかしなにもない。「スマスロ北斗の拳」は満席、「沖ドキ!DUO」も打てる状況の台はない。ほかのパチスロはほとんどゼロ回転。

ならば仕方がない。パチンコにも打つ台がなければ隣の店(といっても車で10分ほど)へとりあえず移動するか・・・と思ってパチンコのシマを見て歩きますと、4パチにはなにもなし。念のため1パチもチェックすると、「Pフェアリーテイル2」の1/199バージョンが本日307回転、前日最終が88回転という状況で空いているのを発見。

天井遊タイムは大当たり後558回消化後に発動します。たぶん据え置きだから、するとあと163回。1パチではこういうのがけっこう落ちている。ほかに打つ台がない状況なら1パチといえどもとりあえず天井をいただいておくべきか。そのあいだにスロットコーナーにも多少動きがあるだろう。

 

いつもどおりのボッタクリ釘に耐えながら打ち進めますと、打ち始めから156回、つまり天井寸前のところで当たり。この台は天井から電チュー当たりならラッシュ突入濃厚、ヘソ当たりは50%でラッシュなので、ここは「このクソ台が!」とムカつくところ。これが遊タイム搭載機の不人気につながったのは間違いないですね。当たったのにムカつかなきゃならない。早く当たっても天井後に当たっても恩恵はほとんど同じだから早く当たったほうが嬉しい!という仕様の台がもっと多かったなら、ここまで早く遊タイム機が廃れることもなかったかも。

しかしまあ1パチであれば天井寸前でカスのほうの当たりを引いてもとくにムカつかない。ハイハイ、いらないほうの50%ね・・・と気楽に演出を見ていたらこれがイイほうの50%で、図柄が777になってラッシュ突入。

どうせ駆け抜け・・と止打ちもテキトーに(1パチだとけっこうこれやっちゃう。ほんとうは低貸だろうが絶対にまじめに止打ちするべきで、こういうところがまだまだ甘いと自分でも思います)右打ち消化していきますと、意外にもそこそこ連チャン。2,000個大当たりの「スーパーフェアリーボーナス」を含み5連チャン(つまり厳密には6連)で4,887個獲得で終了。投資は貯玉2,340個だったから、プラス 2,547個。

いつも駆け抜けばかりだから、これでもまあまあと満足するべきでしょう・。

さてパチスロコーナーの状況はどうなってるかな・・と戻ってみますと、「沖ドキ!GOLD」に打てそうな台を発見。

沖ドキ!GOLD 343G あさイチの当たりが94G 1スルー

見つけたのは、朝から1スルー、現在がAT後343G、あさイチの当たりを94Gで引いてた台。94Gだから当然チャンスモードだった可能性はあります。343Gっていうハマリ具合はほんとうは不足ですが、これ以上を望むのは(おそらく)ほぼリセットされている現状ではムリ。ここで打つべきでしょう。

前から書いているようにこの「あさイチチャンスモードで当たってBに昇格したかもしれない台の、できるだけハマってる台」を狙うのが現時点での私の基本戦術。これでいちおう今のところはプラス収支をキープしているから、まあ間違ってはいないんだろうとは思っていますが、そもそも荒れる設計の台なうえに不確定要素が多すぎる戦術ですから、まだまだ「これでいいのだろうか」という気持ちが抜けない。

そもそもほんとうにリセットかどうかもわからない(据え置き天井っぽいところで当たる台を見たことがないのに対し据え置き天井をぶち破る台は何度も見てるし、となりにあるDUOも同じだから、まあリセットしてるんだろ、というだけ)し、200G以内に当たっててもそれがチャンスモードだったという保証もない、かりにチャンス→Bだったとしてもヒットする確率は約50%・・・となれば、やっぱり500とか600とかハマってる台だけを打ちたい、という気持ちになる。確実なのはAT後1,000Gでとりあえず当たる、ということだけですからね。なので1回当たってヒットしなかったら、Bであるという確信がないかぎりは基本ヤメ。ハマっている台を打つというアドバンテージのある状態からじゃないと打つのは恐ろしい。

まあそんなふうに腰の引けた勝負をしているから大きな結果がなかなか出ない、というのは自分でも感じているところ。実は読者の方から「大勝ちの経験がないからGOLDを信用できない、だから思い切った勝負ができないのでは?」というご指摘をいただいたのですが、それはたしかにあると思います。だから早いところまとまった勝ち(もちろん偶然ではなく狙った結果として)を得たい。そしてそれを長期にわたって積み重ねられれば、「自分のやってることは間違ってない」という確信を得ることができる。

しかしギャンブルで勝利するために重要なのは「不確定要素をできるだけ排除し、運に頼る部分をできるだけ減らす」ということだと思っているので、すると「沖ドキ!GOLD」はなかなか難しい台だという認識は変えられない。DUOのように「ここまで行けば必ず天国」っていうのがあればねえ・・

っていうのは何度か書いているからこのへんにしておいて、ともかくそう簡単にはいかないのが沖ドキ!GOLD。今のところはとりあえず少しは勝っているんだから、この戦術でコツコツ試行数を増やしていくべき。1年とか2年たったときにどうなっているか。

 

打ちますと、打ち始めから280G目、投資貯メダル322枚のところでチカ!やっぱりREG。そして3枚ベルとリプレイの応酬をくらい、50枚くらいで終了。そして静か~に、当たり前のごとく32Gをスルー!数枚しかメダルが残らなかったのでそのまま全部飲ませてしまい、マイナス 322枚。

まあ現金投資しないで済んだ(このホールは貯メダル再プレイ460枚まで)からOK。引ける引けないは運任せだから気にしなくていいとして、これの試行回数を増やすためにはいかに立ち回ればいいのか、そこが今後の課題です。

 

この時点で沖ドキ!GOLDのシマには打つべき台がないので、またほかのコーナーをチェック。するとこちらもぜひともメイン機種にしたい、「スマスロ北斗の拳」に液晶G数が616Gの台を発見。

北斗は基本的に天井狙いのみで立ち回っていまして、できればもっとハマっててほしいものの現実的に拾えるのはこれくらいがせいぜい。しかも貯メダル再プレイがもうあと138枚しかないしなあ。

とはいえ、「スマスロ北斗の拳」は「沖ドキ!GOLD」と同様、今後長~く付き合うことになるであろう重要機種。多少微妙であっても積極的に打って経験を積み重ねるのが得策。ということで打ちます!・・・

 

といったところで、長くなりそうなのでこのへんでいったん終わって、また次の記事で続きを書くことにします。余計なこと(前にも書いたようなこと)ばかりいっぱい書きすぎましたかね。

日常の稼働:現時点での個人的最重要機種!「沖ドキ!GOLD」「スマスロ北斗の拳」を攻略したい!(後編)。

-パチスロ稼働, パチンコ稼働, ふだんの稼働の様子
-, , , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.