負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチスロ稼働 パチンコ稼働 ふだんの稼働の様子

日常の稼働日記:遊タイム狙いを粛々と続ける。そのさきにはなにもない。

投稿日:2021年6月28日 更新日:

このところ記事の更新が滞っており、わざわざ見に来てくださっている方々にはお詫び申し上げます。

ぱちんこはいつもどおりのペースで打っていて、とくに「稼働が忙しくて更新する時間がない」というわけではないんですけどね。あたらしい台にはほとんど手を出さないので「○○を打ってきました!」系の記事は書けないし、パチンコ遊タイム狙いのことを書くとしても、どの台も「つまらねえなあ」と思って打ってるのでただ単に「引けた、引けなかった」というだけの話になっちゃうから、なかなか書く気になれない。

「カネのためにぱちんこを打つ」というのは基本的につまらないことであるのは今に始まったことではないんですけど、パチンコ遊タイム狙いが主戦となって以降、そのつまらなさ加減は圧倒的に増大。ロングATやARTを搭載した5号機パチスロを狙っていたときは、天井狙いであってもそれが終わるまでにはそれなりにドラマティックなことも起こりましたけどね、パチンコ遊タイム狙いはほんとにただ単に「連チャンした」「連チャンしなかった」というだけ。

・・・という愚痴はこれまでに何回も書きましたね。それはともかくとして、リアルな稼働内容を記した記事はけっこう読んでいただけるようなので、とくになんのドラマもなかったある日の稼働内容を。

パチスロのリセット狙いからスタート!

日常の稼働日記:たまには遊タイム狙いから離れて、好きな台で楽しんでみる! の記事のときと同じホールの、旧イベントデー。

ふだんはほぼ設定変更などせずほったらかし(のようにみえる)ホールですが、特定日だけはパチスロのリセットに期待できます。

バジリスクだの番長だのの人気台は稀に「全台系」の対象となり、あさイチは若い常連客たちがそのあたりの台に突進していきますが、私はそのケツから入場していつもの「獣王 王者の覚醒」へ。リセットされてれば美味しい・・・と1ゲーム目を回すとはっきりとガックン。

よしよし。店長ありがとう。できれば速攻でREG引いてそれが獣狩り(リセット時の1/4)というふうにうまくいってくれないか・・と打ち進めましたが、287Gまで来てチャンス目からBIG。299Gがサバチャン突入のチャンス(リセット時の1/4)なので、引くならそこまで行ってから引けよ・・・といったところ。そのBIGで肉2個で獣王モードには入らずヤメ。投資は貯メダル 552枚(46枚×12)、回収は233枚。マイナス 319枚。

 

次は「島漢」。有利区間ランプが消灯してたのでこちらもリセット濃厚。店長ありがとう。この台のリセット美味しいのに誰も打ちに来ないというヌルヌルな土地柄だから、私でもそこそこ稼げている。

リセット時は初当たり後と同様、約30%で連チャンモードへ移行。その30%がなかなか引けないんですけど、今回はヒット!73G目にキュイン!でBIG!

いちどBIGが引ければ3回目までは連チャン率75%!ここからはアツくレバーが叩ける100G間・・・だったのですが、残念ながら単発。100Gを抜けてヤメ。投資貯メダル92枚(46枚×2)、回収は138枚。プラス 46枚。

そういえば、この日ではないけど、先日この台で初めて「夢」ランプが点灯しましたよ。打ったことない人には「だからどうした」って話でしょうけどね、もうランプにLED入ってないんじゃないかっていうくらい、一度も点くの見たことなかったので喜びはひとしお。あさイチリセット時、77Gゾロ目のレバーオンでズドン!って点灯!

↑連チャンモードに移行して、ゾロ目ゲーム数での当選が選ばれて、そのなかのさらに3.1%(77Gだけ10.2%)のときに点灯する「夢」。激レアなわりには恩恵はBIG1G連だけ。ボーナス中もいちおう抽選されているけどそちらはさらにありえない確率。

(関連記事→パトランプ機の魅力を再確認!「島漢」実戦!

 

次は超絶クソ台「ガールズ&パンツァーG」。有利区間ランプは消灯している。これも誰もやりに来ないのか。まあクソ台だから仕方がない。1G目回してみると内部チャンスゾーン移行濃厚の1枚役だったので続行しましたがスカ。マイナス 46枚。

 

さらに、リセットされるであろう「天元突破グレンラガン」を打とうと思って行ってみるとこちらは先客が打っててすでに当たっていました。さすがにいつもいつもそこまでうまくいかない。

 

リセットが明らかに美味しい台はこれくらいか。最近の新しい台にもリセットにうま味のある台があるのかな。そのへんを勉強するのも面倒くさいっていうくらい、打つ気をそそられない台しかないんだなあ。

そういうわけであとは好きな台をちょこっと擦って、そのあとは他店へ遊タイム狙いの旅に出るとしよう。

「壇蜜」でプレミアム演出をエンジョイ!

で、「言い訳はさせないわよby壇蜜」へ。ここのところこの台のことを何度か記事にしてますけど需要はないでしょうねえ。

前から言うように、左リール第一停止でプレイすると1か所しか狙えないのでその意味では単調なゲーム性ながら、ジャグラー同様に「どんな出目でもペカる」のと、不意に襲ってくるプレミアム告知の楽しさもあり、私は気に入っています。「完全攻略で出玉率101.8%」にもチャレンジしたいですしね。

こんなところに高設定など入るわけないので適当に打ったらヤメよう・・と打ち始めます。24GでペカってREG。さらに24G後、トゥルルルルルル~っていうウェイト音がいつもより長くて、あ、こんなプレミアムもあんの~とビックリ。それが異常に長くて、ひょっとしてブッ壊れた?・・・と呼び出しランプを押そうと思った瞬間にリールが回って告知発生。

もうけっこう打ち込んでいるものの、まだまだみてないプレミアム告知がいっぱいありそう。ストップボタン押下で「イヤ~ン」っていうのはけっこう多いんですが、今回は「ウふ~ン」みたいなヘンな声も体験!それから、気のせいでなければ「ストップ音の遅れ」も。

あと、告知ランプ点灯タイミングの基本は「レバーオン」と「第3停止の指を離した時」で、その基本以外のタイミングでの点灯はビッ確?かな。リールが回って第2停止するくらいのタイミングでペカったり。

それはともかく出玉のほうはなかなか好調な感じに。ていうか高設定の可能性もありそう・・なんですが、もともと低設定でもボーナスが軽い台なのでこの程度では信用できない。もう圧倒的に引けてないと。

羽入賞時のボイス(発生しなければ高設定確定)も15回引いて全部「凄いです・・」だったし、このへんでいいかあ・・と1,829Gでヤメ。投資92枚、回収は680枚で、プラス 588枚。

 

翌日に確認したらこの後は誰かが打って結局低設定並みのボーナス出現率に落ち着いていました。やはり上振れだったのかな。

(関連記事→日常の稼働日記:たまには遊タイム狙いから離れて、好きな台で楽しんでみる!

こういうのがいいんだよ!パチスロ「言い訳はさせないわよby壇蜜」実戦! 前編。

パチスロには液晶も役物も要らない!「言い訳はさせないわよby壇蜜」実戦! 後編!

 

このあと、ホールの推し機種である「P大工の源さん超韋駄天」を擦り、貯玉1,625個を無駄遣い。なじみの店員さんが「今日は韋駄天を推せ、って店長に言われました!」って言うから打ったけど、この台大嫌い。大嫌いな台であっても、「打ってあげれば店員さんの点数になる」と思えば打っちゃうこともあるわけで、やっぱりパチ屋にとって店員さんが優秀であるかどうかっていうのは非常に大事なことなんですな。そこそこ回るがたいしたことないのでヤメ。好きな台なら粘ってもいいけどなあ。

韋駄天を切り上げ、ほかに打つ台も見当たらないので、ここ最近の遊タイム狙いのメインとなっている、P店へ移動します。

宵越しが狙えて重宝しているホール

P店。遊タイム搭載パチンコは、特定の機種や新台を除いてはほとんど据え置きであることがわかってきており重宝しているホール。稼働が少ないのが難点ではあるんですが、執念深くデータを収集すれば4泊、5泊での宵越しが狙えたりします。そこまでやっている人間はどうやら私だけみたいなので、そういうのは私がほとんど独占。そんなに多くは拾えませんけどね。

この日は到着時点では狙えそうな台はなし。ボーナス合算が1/110くらいで、1,500枚くらい持って帰った「ニューパルサーSP3」が空いていたので、それを打ちながら様子をみます。

小役をカウントしながら打つも、なんと最初の100G間ほどで10枚役はたったの1回。こんなことあんの。その後何度かボーナスを引いたものの、小役の出現率は上がってこないし、トロフィーなんかももちろん出ないし、こりゃあダメだな・・・と思ったところで、遊タイムが狙える台が空き台になったのを発見。ニューパルはヤメ。マイナス 206枚。

遊タイム狙いのメイン機種「真・北斗無双第3章」

北斗無双第3章が大当たり後501回転で空き台に。このホールの無双3はいつも1000円あたり19回ほど回ることが多いので、これくらいでもOK。

遊タイム狙いの現時点でのメイン機種となっている無双3。でも、だんだん稼働が減ってきてなかなか拾えなくなってきていますから、これはなかなか貴重。

打ちますと、あれえ、今日はあまり回らない。ひょっとしてシメたかな・・・と釘を凝視していますと、打ち始めから9回転目に別にアツくもない展開からユリアエピソードに発展。この流れはけっこうハズレるので期待しないでレバーを倒すと大当たり。しかし幻闘決戦はスカ。投資貯玉375個、回収は463個。プラス 88個。

 

そうこうしているうちに、同じ無双3がもう1台空き台に。今日大当たりなしで260回転。収集しておいた過去データを参照してみると、前日が0、その前の日が0、その前が34、その前が67,その前が大当たり後134。

ということは、宵越しが合計で235。本日が260だから、あわせて495回転。据え置きであればあと454回転で遊タイム突入。ふつうに回ってくれれば打ちごろ。ということで打ちます。

 

・・・・あれれ~。こっちもあまり回らない。やはりシメたのか。1000円あたり17回弱といったところで推移。パチンコを打つならこのあたりには敏感になるべきだと思うんですけど、体感的にももちろん収支的にも、1000円あたりで19回っていうのと17回っていうのでは全然違います。ふだんがそこそこ回っているだけに、かなりイライラする。

しかしまあ、12回とかいうレベルでないかぎり、打ち始めたからには最後まで打ち切るしかない。打ち進めますと、打ち始めから421回転、据え置きなら天井まであと33回転というところで赤保留からケンシロウがデビルリバースをブッ倒して大当たり。打ち始めて早々に金ジャギとか究極無双とか出たときはハズレたのに、ここまで来てこの展開で当たるのかよ。

ここは無双闘舞に入ってくれないと気が済まない。でもどうせ・・・という心境でいつもの無法者&アミバ&ジャギを選択。順調に最後のジャギまで行って、ハイハイ、終わりね~と帰り支度をしてたら、「あたしのようなババアもいるのよお!」と「デカい婆あ」が出現!やった。

「デカい婆あ」などの☆5つのプレミアムキャラ出現は実戦上10ラウンド大当たり濃厚。これはうれしい。さてここから50連くらいしてくれないか・・・

 

・・・

これが初当たりを含め16連。まあものすごくはないけどこれくらいで満足するべきでしょう。獲得は9,729個。投資は持ち玉463個と貯玉2,125個と14,000円なので、差玉はプラス 3,641個。

 

う~ん、この台は2021年上半期に最も打った台であり、収支への貢献も多大なものがあるんですけど、こうして記事にしても、「ここが好き」とか「ここがよくできてる」とか、特筆するべきものがなにも見当たらないんですよねえ。右打ち中は止め打ち(電チューチャッカーに玉が入ったら打ち出しヤメ、するとほぼ保留が3個たまるのでそれを消化するまで打ち出さず待つ)で少しは節約できますけど、その作業自体は別に楽しくもなんともないし。無双闘舞中の演出は多彩で面白いといえば面白いけど、そこに至るまでの長~い過程がつまらなさすぎる。

 

といったところでこの日の稼働は終了。

収支は、

パチスロ・・・プラス 63枚

パチンコ・・・プラス 2,104個

金額に直すと、プラス 7,623円となりました。

 

打ったことそのものが失敗だったという台選びは(壇蜜はちょっと微妙か)なかったけど、収支はイマイチ伸びず。まあふだんの稼働のほとんどはこんなものです。たまに来る爆裂まで、いかに大負けせずに済ませるか、というのが重要であるので、このように手堅い稼働を粛々と繰り返すだけ。面白くもなんともないし、それを続けた末に残るものはわずかなカネ(それも生活に消える)だけ。不毛だなあ。その不毛な行いを続けないと生きていけないっていうのも悲しいなあ。

-パチスロ稼働, パチンコ稼働, ふだんの稼働の様子
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.