負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチスロ稼働 パチンコ稼働 ふだんの稼働の様子

日常の稼働:パチンコ遊タイム狙い&ジャグラー!しばらくこのスタイルが続きそう。

投稿日:

私がここのところメインとしているホールのP店。

何度か書いているように、ここ最近になって急にジャグラーに力を入れだして、徐々にそれが客の方にも浸透してきて、休日や特定日などにはジャグラーコーナーがたいへんな賑わいをみせるようになっています。

夕方にジャグラーコーナーを覗けば、ほとんど必ず、高設定くさいスランプを描いている台を数台みつける。そこそこ稼働していれば低設定でも間違って爆裂する台があるもので、いつも全然出てないホールなら「ただの偏り」と判断するところですが、どうみても「たまたま」「偶然」ではない、と言えるくらいコンスタントにいつもいい反応の台が何台もあり、その状況がしばらく続いている。

そのかわりパチスロのほかのコーナーの出玉はメタメタ(ていうかそれ以前に全然客が座ってない)、パチンコの釘は基本的にガチガチ。しかしこれだけジャグラーを頑張ってれば「それでも仕方がないよね」と納得できる。それくらい出玉が以前とは違う感じ。

それで店の利益がどうなるのか知りませんが、これは賢い戦略じゃないでしょうか。勝ちにこだわる人が少ない、プレイヤーとしてのレベルが高くない、気前よく負けてくれる、そういう人たちが多いジャグラーコーナーの出玉を強化し、そういうお客さんを優遇するっていうのは、長い目でみれば絶対に店にとってプラスに働くのでは。そう考えるとカネのために打つ人間が群がる遊タイム機なんかはガッチガチにしておくのが正解なんでしょう。そのかわり海とかをアケてくれれば・・。

まあジャグラー大盤振る舞いもしばらく続けていれば、私のようにカネのためにパチスロを打つ人間がもっと群がってくるんでしょうが、ほかの6号機よりも設定推測は圧倒的に難しいし、ゾーンや天井狙いで美味しいところだけ持ってかれてヤメられちゃう、っていうこともないわけだし、ガツガツした人間が群がってきてもそれはそれでいいことなのでは?って思うんですけどどうなんでしょうか。

それはともかく、「パチスロはなにはなくともジャグラーを優先しなくては!」という、数年ぶりに遭遇する喜ばしい状況に。「ジャグラーで喰う」なんてのは夢物語、と常々言っている私ですが、ジャグラーで稼げるんならそれはなによりも嬉しいこと。そういうわけでここ最近の稼働は、パチンコ遊タイム狙いとジャグラー高設定狙いが中心となっています。そんなある日の稼働内容です。

宵越しが狙える台があればあさイチから出勤する

この日はあさイチから出勤。パチンコ遊タイム狙いのメイン機種となっている「真・北斗無双3」に宵越しで美味しい台があったから。

前日が194回転で当たりナシ。それ以前が、当たらずに271,0,0,23。その前が当たり後13回。

据え置きなら501回ハマリ。あと448回ハマれば遊タイム。このホールの無双3のリセットは体験したことないのでたぶん大丈夫。それにいつもそこそこ(18~20回くらい)は回るし。

前日大ハマリ閉店の台の場合はともかく、数泊の宵越しを狙うライバルは今のところいないので、ゆっくりと開店と同時くらいに行って、やはり楽々ととることができました。あとは粛々と打つだけ。

 

・・・

順調にハマっていったのですが、447回転目、つまり次の回転が終わったら遊タイム開始(のはず)のところでトキが「闘気覚醒」。おいおいやめてくれよ。しかしみたところアツくない展開で、おおハズレてくれそう・・・と思ってたら、最後のカットインがいきなりキリン柄の文字で「激流を制するのは静水!」。なんだよ・・いつもの「お灸をすえる必要があるようだな」じゃないのかよ。

これがやっぱり当たって444揃い。最後のカットインで突アツ、っていうパターンがあるのは嫌いじゃないけど、いやいやいや、ラスト2回転のところでそれやる?ムカつくなあ。

 

まあ仕方がない。こういう「もうちょっとのところで当たっちゃって天井恩恵を逃す」っていうのはたまには必ず起こることですからね。ここは「幻闘決戦」をなにがなんでも突破してほしい!

・・・

すると、チーム選択のところで「キュイキュイキュイン」と確定音が鳴ってくれて勝利確定。ああよかった。ここで突破できずに単発だったらやりきれなかったところ。

さあ50連くらいしてくれ!と気合を入れつつラッシュを消化。どうせ激ショボで終わるんだろうけど。

・・・

・・・

これが初当たり込みで合計7連で終了。イマイチだなあ。しかも悔しいことに7ラウンドや10ラウンドは一度もなし。1回は直撃当たりで3ラウンド。通常時にはちっとも引けないくせになぜラッシュ中には引けるのか。いや引けるのはいいんだけどやっぱりなんかもったいない。

獲得は2,722個。投資が貯玉2,500個と14,000円だから、差玉はマイナス 3,278個。

天井寸前で当たって悔しかったけどラッシュには入ってくれたからヨシとしましょう。ここで次の台へ移動します。打ってる途中で何度かほかの台の状況もチェックしていたので、次に打つ台はもうみつけてある。

野生の王国GO 据え置きなら455回ハマリ

ニューギンの「野生の王国GO」。今日はまだ0回転、前日は157回転で当たりナシ、その前は当たり後298回転。

この台は低確率800回転消化で1,000回転の時短に突入します。オーソドックスな確変ループタイプなのでデータカウンターの数字が800になれば遊タイム、と判断できますからわかりやすく、800という浅い天井で狙いやすい。右打ち中の大当たりでも半分は3ラウンドなので出玉瞬発力はイマイチですが、通常大当たり後は必ず120回転の時短がついたりして、わりと安心して打てるスペック。けっこうお世話になっています。今のところ24回打ってプラス 54,407個と、そこそこ結果が出ています。

勝ってはいるものの難点が。バラエティの不人気台なだけに釘はいつも激渋だし、海物語みたいな見た目と裏腹に、やたらと疑似連とかしたりしてゲーム進行はものすごく時間がかかる。そのうえ「あまり面白くない」っていうのがねえ・・。

釘がヒドイ(いつも1,000円あたり15~16回ほど)のはわかっているから、あと345回転っていうのはほんとうはまだ浅いのですが、とりあえずさっきの無双3で得た持ち玉もあるし。打っちゃいます。

 

・・・

相変わらずのヒドイ釘。しかもやっぱり面白くないんだなあ。まあニューギンだから仕方がないんですけど、せっかく海物語チックなシンプルなゲーム性なんだから、リーチとかももっとシンプルにすればいいのに。それでは海に勝てない、ということなのか。

いちいち疑似連するのも嫌だし、アツい予告が絡まないとほぼ当たらないっていうのがダメ。今回は後述するように初当たりが「パンダボーナス」(3ラウンド確変)で、リーチハズレからパンダ登場で当たったんですけど、激寒展開からこういうのがいきなり来てくれればエキサイティングなのになあ。パンダで当たるときもやっぱりアツい予告が絡むのが常になっている。そのへんがいかにも「センスねえなあ。開発陣はパチンコ嫌いなんだろうなあ」と思わせる。

 

打ち始めから318回転目、もうちょっとで遊タイム発動というところまで持ってかれてパンダボーナス。この台は遊タイム以前に当たっても遊タイム中に当たってもラウンド振り分けにちょっと差があるだけなので途中で当たるのはOK。遊タイムは1,000回で、必ず当たりが引けるわけではないですしね。

確変突入。しかし40回転目に通常当たりを引いちゃいます。そこから時短120回を駆け抜けてヤメ。この台は時短中の演出も嫌。いちいち煽っといて結局リーチもしないっていうのが多すぎるよ。ハマリ台がけっこう拾えるから打ってるけど、できれば打ちたくない台。右打ち中の止め打ちが簡単で効果大なのだけは評価できるかな。

 

野生の王国GOは投資持ち玉2,722個と9500円、回収は825個。マイナス 4,272個で終了。

ふたたび無双3。それから1パチへ。

次にまた北斗無双第3章へ。昨日までが255、100、88とハマっていた台。少し回されたら打とうと思ってマークしていたら、57回転回されて空き台になっていました。

据え置きなら500回ハマリ。ここは打たなきゃダメ。

 

・・・

打ち始めから214回転目に一撃当千チャンスから大当たり。しかし残念ながら「幻闘決戦」は敗北。投資持ち玉825個と9,000円、回収は394個。マイナス 2,681個。

 

ここで4パチには打つ台がなく、ジャグラーコーナーはよさげな台はいくつかあるもののいずれも遊技中。帰るか・・・でも帰るまえに1パチもいちおうチェック・・・してみたら、リング呪いの七日間2が654回ハマリ。データカウンターには74回転のSTが含まれているので、それを引くと580回。あと305回で遊タイム。

いまのところほかに打つ台ないし、これ打ち終わって何もなければ帰るのもいいか・・と打つことに。

4パチならとても美味しい台だけれども、1パチだとモチベーションが上がってこない。しかも死ぬほど回らないし。はやく当たってくれ・・と願いつつ打ちますと、打ち始めから119回転のところで「ラッキーパトチャンス」から「超貞子ボーナス」!

早く当たってくれたもののこれが単発で、1,384個獲得で終了。投資は貯玉540個と1,600円なので、差玉はマイナス 596個。

 

今日はあまり引けなかったなあ。仕方がない、もう帰るか。帰る前に再度ジャグラーコーナーをチェックします。

マイジャグラーⅣのREG先行台が空き台に!

するとようやく打つべき台をみつけます。

マイジャグラーⅣが1,583G回されて、BIGが6回、REGが12回。ボーナス合算出現率は1/87.9!

 

うむ。回転数はまだ少ないしここから沈む可能性もまだまだあるけれど、これだけREGが先行していて、しかもBIGもそこそこ引けてる台。加えて、日常的に高設定くさい台がたくさん出現するこのホールの状況も鑑みれば、ほんものの高設定である可能性もある。これは追わなくてはならないでしょう。

 

すると6G目にペカ!でREG。さらに237G目、追加投資276枚でREG。

これは冷静にとらえれば幸先のいいスタートなんですけど、いつもいつもREGに偏るだけで実収支がなかなか上がらない状況が続いているので、ちょっとだけ「ま~たBIG引けずに撃沈かな~」と嫌な予感。

と思ってたら120G目にペカ!次ゲームレバーオンするとフリーズしてGOGOランプが「縁取りGOGO」に変化!待望のBIGです!

さらに58Gでまたまたプレミアムの「回転GOGO」!でBIG !

そこからハマリ知らずでBIG連打!計7回もBIGが引けてドル箱突入!

 

やった。これは本物の高設定の可能性もある?と色めき立ちます。いちおうブドウも数えて、出現率は1/6を少し上回るくらいで推移。まあブドウはあまりアテにならないので。あくまでもオマケ。

 

徹底的に粘る覚悟をして打ち進めますと、ハマることなくポンポンとボーナスを引きます。さすがにBIG連打は止まって、出玉増加のスピードは鈍化したものの、とにかくハマらない。途中、めったに見られない「BAR揃い」も降臨!これに設定差があれば面白いのに。

↑すごい違和感!中段チェリーがドーン!でもカッコいいけどこれも最高!完全告知マシンでありながら、出目で魅せる、という部分も怠りなく練られているところはハナハナ同様、さすがとしかいいようがない。

 

最後にちょっとBIG間でハマって出玉を削られたところで時間切れ。1,723枚を流し、差枚はプラス 1,401枚!

 

前任者と合わせて3,866G、BIG18回,REG21となりました。思いっきり高設定くさい感じに。

ブドウ出現率は結局低設定域の数値になりましたが、いつも言うようにブドウで設定推測をするのはほぼ無理なので、気にする必要はあんまりない。やはり設定推測のメインとするのはREG出現率、そしてあくまでも参考としてブドウをカウントするのが良いでしょう

いやしかし、コンスタントにペカペカするジャグラーは楽しいなあ。かつて4号機時代にニューパルサーや北斗の拳が爆発的にヒットしたとき、「ホールのパチスロコーナーはほとんど全部がそれ」しかないっていう状況が出現しましたけど、6号機オンリーの時代にはもうパチスロコーナーは全部ジャグラーでいいんじゃないか、っていう気さえしてくる。そう考えると、ジャグラーが出てない店ってのはほんと行く価値ないなあ、としか。

ジャグラー登場当初には「こんなもんのなにがおもしれえんだよ」と思ってた私が今や完璧にジャグラー信者。変われば変わるものです。若いときにはこの面白さが理解できなかった。青かったなあ。

「ジャグラー」は、なぜ面白いのか。~前編~

 

で、この日の収支は、

パチンコ・・・マイナス 10,827個

パチスロ・・・プラス 1,401枚

金額に直すと、マイナス 13,218円となりました。

 

まあパチンコは引けなかっただけだし、パチスロは大好きなジャグラーで結果が出て、いい稼働ができたと満足。しばらくはこんな感じで、遊タイム狙いとジャグラー高設定狙いを並行してやっていくことになりそうです。

-パチスロ稼働, パチンコ稼働, ふだんの稼働の様子
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.