2017年のせどり成績・・・もはやただの趣味に。

   

先日、確定申告を終えました。

早め早めに終わらせよう・・と思いつつも

諸事情により今年から母の分も確定申告が必要となったりして、

面倒くさくてついつい期限ギリギリになってしまいました。

今回は、税務申告の上では私の本業としている中古CDの販売、

せどりに関して1年間を振り返ってみます。

ていうか全然頑張ってないので振り返ったところで

たいしたこと書けないんですけど、その反省も含めて。

儲けはほとんどなし

中古CDをAmazonマーケットプレイスにて商っていますが、

昨年に比べ大幅な減収に。

2016年のせどり成績をまとめました

ここからさらに荷造運賃などの経費を引きますから、

詳細はここには書きませんが儲けはほとんどないです。

販売したのはほとんどCDで、たったの497点。

金額的にはパチンコ・パチスロが本業で

せどりは小遣い稼ぎ、ということになっちゃうんですけど、

誰かから職業を訊かれたときに

「パチプロ」と答えるわけには

なかなかいかないし、

パチンコ・パチスロはとにかく不安定なので、

せどりは細々とでもとにかく続ける必要があるのです。

環境の変化についていけてない

2012年ころには売上が500万以上あったのに、

今年に至ってはこのていたらく。

まあしかし、せどり、ネット通販の世界は変化が目まぐるしく、

私がAmazonでの出品を始めた2011年当時とは

かなり様相が異なるわけで、

私はその変化に適応しようという努力を

全然していない(というか、できていない)ので

儲からなくなったのも当然といえば当然かな、と。

 

私はブックオフで買ってAmazonで売る・・ということから始めましたが、

当時はその手法でバカみたいに儲かりました。

ブックオフの値付けはネットでの相場をまったく参照してなかったし、

とにかく安かった。

さらにAmazonも(今に比べれば)

出品者にやさしく、

手数料も安くて

1円で出品しても利益が出ましたね。

配送もヤマト運輸のメール便をつかって

非常に安く遅れました(厚さ1センチ以内が80円でしたので、ムリヤリ1センチ以内になるように梱包したり)。

 

しかしいまはその手法ではムリ。

私も最近はブックオフにはあまり行かず、

ネットでCDを仕入れてネットで売る、

というかたちに移ってきていますが、

どのようにすれば時代に適応して

もっと儲かるか・・・

ということを追究したりする

モチベーションが沸き上がってこないのです。

だから、このブログにもせどり関係の記事がほとんど書けていません。

もうほとんど趣味です。

 

自分が聴きたいものを見つけたら、

利益を出せそうなものか、

これから価格が上がりそうなものか、

ということを勘案して

OKであれば仕入れ、

自分で聴いてからAmazonで売る・・というだけ。

売るほうも買うほうも、選択肢がものすごく多くなった

昨年、いよいよ私もスマートフォンを買い、

成長著しいフリマアプリ、メルカリを使ってみた・・という記事を書きましたが

いろいろ話題のフリマアプリ「メルカリ」をつかってみた

仕入れをするということにおいてはよく使っています。

フリーマーケットなので

ゴミみたいなものをバカみたいに高い値段で出品している人も多いんですけど、

たま~にものすごく貴重なものを

信じられないくらい安く売っている人とかもいて、

なかなか侮れないです。

 

メルカリは、売るにしても

Amazonで売るより手数料が圧倒的に安いので、

Amazonで売ったら儲けが出ないようなものは

そっちで売ってみようか・・・

とも思っているのですが

なかなか試す気になりません。

 

ネット通販の世界はどんどん進化して、

買うにしろ売るにしろ選択肢がどんどん多くなってきているので、

なんでもかんでも試してみればいい、のはわかっているんですけどね。

パチンコ・パチスロも含め時間の使い方を見直し、

今後は新しいことに取り組んでいかなくては・・と思っています。

 

来年のこの時期には、

「パチンコ・パチスロで勝てなくても生活できる目途がたってきたぜ・・・」

という記事を書けるように

努力していくつもりです。

おすすめ記事:

 - CDせどり ,