ここ最近大失速中の「ミリオンゴッド~神々の凱旋~」にて久々の胸アツ展開!収支改善のキッカケとなるか?

      2018/09/14

2015年4月に登場したパチスロ「ミリオンゴッド~神々の凱旋~」。

神秘的で硬派でカッコいいビジュアルや液晶演出やサウンド、

出目と液晶演出の絡みの絶妙さに唸らされることも多いパチスロとして完成された素晴らしいゲーム性。

そのうえ天井性能は強力、高設定の出玉性能も高い・・ときていて、

私にとって自分史上もっとも稼がせてもらった台のひとつとなりました。

当初の勝ちまくりがウソだったかのような失速

最初の2年間くらいはもう勝ちまくり。

ミリオンゴッド凱旋1周年!天井狙い391台のデータをまとめてみた

天井を狙い続けて2周年!「ミリオンゴッド凱旋」実戦667台のデータをまとめてみた

 

天井がオイシイ、ということが浸透していなかったこともあり、

パチ屋に行けばほとんど天井が狙える台に巡り合える・・・

っていうくらいのもので(打ち始めゲーム数は700G以上ハマりに設定。これは今も同じです)、

ひたすら凱旋ばかり打っていました。

パチ屋で凱旋以外の台を打っていると、なじみの店員さんに

「凱旋、空き台ありますけど・・・(今日は打たないんですか?)」と声をかけられたくらい。

きっと、「ゴッドハイエナオヤジ」とかあだ名されていたことでしょう。

 

しかしそんなオイシイ状況がず~っと続くはずもなく、

だんだん天井台が拾えなくなってくる状況に。

それに合わせるかのように収支的にも失速。

もちろん天井しか狙ってないのでマイナスにはなってないけれど、

「めちゃめちゃ勝てる」ということはなくなっちゃいました。

「ミリオンゴッド~神々の凱旋~」3周年!天井狙い864台の実戦データ・・・3年目はまさかの大失速!

 

ちなみに2018年の、この記事にしるす実戦の前の時点までの成績は

105台、プラス 11,729枚。

そんなにヒドくないじゃん、と思われるかもしれませんが、

これまでの勝ちまくりと比較すればもうどうしようもない落ち込みよう。

それに、どうしても現金投資が多くなるので、

換金ギャップを考慮すれば収支的にはマイナスかも。

 

ここ最近は凱旋に座ると

「どうせなにも引けないんだろ」

「どうせ天井寸前で単発なんだろ」

「どうせ天井まで持ってかれて単発なんだろ」

というマイナスな気持ちを、

「いやいや、トータルでは絶対に負けるはずがない台しか打ってないんだから大丈夫!」

と自分に言い聞かせて打ち消す、という

メンタルを整える作業が必要になっています。

 

そんな感じでしたが、

先日久しぶりに胸がアツくなる展開が出来しまして、

これを機に右肩上がりになってくれないかなあ~という期待をこめて、

記事にしてみます。

当日469G、前日最終149Gの台

数か月前には凱旋をほとんど全台リセットしていたホール。

ここのところはリセットと据え置きが織り交ぜられている感じで、

そこらへんはちょっと読めません。

 

そのホールで、

今日が当たりなしで469G、前日の最終が149G、という台を発見。

こいつはちょっと迷うなあ。

リセットならオイシイ、据え置きならちょっと厳しい。

いまのこのホールの状況では「リセットでも据え置きでもイケる」という台しか打てない・・・のですが、

いま来たばかりでまだ貯玉再プレイ分を使ってない(47枚貸し、貯玉再プレイは上限517枚)し、

リセットである確率を考えれば万一据え置きであったとしても

それくらいのリスクは負うべき・・・という考えに至り、打つことに。

速攻でSGG! どうせ一度も揃わずに終わるんだろ・・・

510ゲームでリセット仮天井とかいう幸運な展開がたまにはあったりしないのか・・・

と思いつつ打ち始め。510は当然スルーし、

投資が432枚、もうすぐ現金投資・・・になるところで

「遅れ」が発生。

 

出現頻度の割には期待度の低い「遅れ」。

どうせ特殊リプなんだろ・・

とポンポンポンと押したら

なんと今回は赤7でした。

 

7月に引いて以来久しぶりのSGG。

どうせ・・・という気持ちで消化していると

やっぱりなにも来ない。

10ゲームくらいを過ぎても逆押し煽りすらなく、

こうなったら煽りなしで終わってほしい・・・

そう考えているとたいがい最終ゲームとかに煽りが発生してスカ、

という流れになるのがならいですが、今回は無事に逆押し煽りなしで終了。

 

みなさまご存知でしょうが

SGGが赤7揃いなし、逆押しナビでの煽りなし、GOD揃いなし、SGG-EXへの移行なし、メデューサモードなし・・・

で終わると、50%or75%継続のループストックに当選。

継続率の振り分けは3/4で50%継続のほう、

1/4で75%継続のループストック・・・となります。

 

まあ、50%ループなら1/2はストックなし、

万が一75%ループが選ばれても1/4はストックなしで終わるわけで、

この状況は何度も経験したけれどここから爆連したことはないです。

せいぜい1個か2個のストック。

なので、1個くらいあれば御の字、というくらいの気持ちでした。

 

余談ですが・・・SGG中のBGM「Vertical Running RED 7」はパチスロ史上まれにみる名曲。

書いた人は間違いなく天才。完璧な曲ですね。文句のつけようがない。

これ1曲のためにサウンドトラックを買う価値はありますね。

あと、ホールではちょっとよく聴こえないけれど、ネオ・クラシカルメタルっぽいG-STOPのBGMもめちゃくちゃカッコいい。

ユニマーケット 【増産決定・9月中旬発送予定】【CD】ミリオンゴッドオリジナルサウンドトラック

またまた速攻でSGG! 3ゲーム遅いよ!

SGGが終わってGGスタート、その3ゲーム目、

ドか~ンという炎演出から

太陽の戦車が出現、そこから「3」が浮かび上がりました。

おおお・・これは遅れよりは期待できる。体感的には期待度50%くらいでしょうかね。

 

過去にはここから左リールが「青・GOD・黄」停止、

あれぇ~?と思ったら液晶左には「V」、

「V31」が揃ってGOD揃い・・・という体験もしていて、

こういうふうに液晶と出目でビックリできるところが素晴らしいところ・・・

↑今回の画像でないけれど、第3停止押しっぱなしで撮影。レバーオンでペオン!で悶絶とか、このように出目と液晶で卒倒とか、GOD揃いひとつをとっても完璧に練られている台ですね。

 

で、ちょっとだけ期待して今度は慎重に赤7を目押し。

すると揃っちゃった。

なんだよ・・・3ゲーム早く引いてればSGG-EX突入だったのに。遅いよ!

という気持ちも沸き上がってきましたが

しかし最低1個の上乗せ。

1回でいいから赤7揃ってください!と消化するも16G駆け抜け。

今度は逆押し煽りが2回発生。いつもどおりです。

 

これで最低2連が確定。

投資は432枚で済んでいるので、

ふつうに15枚役がひければプラス収支で終われるかな・・・

2連目にまさかの展開が

で、2連目がスタート。

これがポセイドンステージ。

おおお・・・やった。最初のSGGでストックされたか。

まあ、どうせストックは1個、3連で終わりなんだろうけど、だとしてもとりあえずプラスで帰れる。

この「プラス収支が確定」するときがドーパミンが放出される瞬間。

 

よかったよかった・・・と幸せな気持ちで打っていると、

あのスピーディなポセイドンステージBGM

「Aquarius 4V8」が突然停止。

 

音が止まった瞬間に「???」となり、

そこから事態を把握して「・・あああ・・・きたあ・・・」となるまでの

「間」がほんとうによくデキていますよね。

自分の頭の中で脳汁がドパア~っとあふれ出るのを感じた瞬間に、

「A~mai~zin~grace~」という美しい歌声が。

 

まだ2連目なのに。

1~4連目に「Amaizing Grace」が流れた場合は

残りGGストック10個以上が確定。

天井からこうなったことは何度かありましたがそれ以外では初めて。

 

これだけのストックを獲得したとなると、

やはり逆押し赤7煽りなしで終わった初回のSGGで

爆乗せした・・・と考えるのが自然。

75%ループなら、ものすごく確率は低いけれども

間違って20個くらい乗っても不思議ではない。

まあ、私のようなマイナス思考の人間は、2連目にアメグレが流れたんなら

どうせ12連で終わるんだろ、と考えちゃうんですけどね。

なにが幸いするかわからないのがパチスロの面白いところ

しかしこの日は違いました。

途中黄7が5連して上乗せ、

16連目がVVV揃い。

じゃあ18連で終わるんだろ、と思ってたら

19連目にまたVVV揃い。

みえているストックが終わり、ハイハイ、終わりなんでしょ、というタイミングで

VVVが揃うからたまりませんね。

そのあたりのさじ加減も実に絶妙。

 

「VVV」の出現率はけっこう高く、

「VVV」が出ないと爆連への期待度が少し低くなる、

というところはちょっとだけ不満なんですけど、

過去には天井から23連もしたのに一度も「VVV」もアメグレもなし、

なんてこともあったりして、仮に「VVV」が出なくても爆連の期待を持続できるところは素晴らしい。

 

で、20連目にまた黄7が5連して上乗せ、

22連で終了しました。

SGG以降は上乗せをあまり引けなかったけど、

これだけ継続すれば上出来。

6,861枚を流し、差枚数はプラス 6,438枚。

 

さっきは2回目のSGGを「3ゲーム遅いだろ!」

と文句を言ったけれども、

あれが3ゲーム早くてSGG-EXになってたらこんなに連チャンしたかどうか

(SGG-EXはこれまで5回くらい入ったけど爆裂したことはほとんどなし)。

 

引くタイミングが悪かったり、ヒキそのものが悪かったりしても、

そのおかげで結果が大幅に良くなったりすることも

あるのがパチスロの面白いところ。

 

ともかく、久しぶりのビックリ展開でアツくなれて楽しめました。

これを機会に凱旋の収支が上向きになってくれれば・・・

といったところで、今回はこのへんにしておきます。

撤去までにぜひともまたこういったドヤ記事を書きたい!

おすすめ記事:

 - パチスロ稼働, ふだんの稼働の様子 , , , , , , , , ,