負け組中年男が、自由な生き方と介護について考えるブログ。

パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ

パチスロ稼働 ふだんの稼働の様子

パチスロ「ニューパルサーSPⅢ」実戦! まさかの展開に・・・!

投稿日:

山佐のパチスロ新台「ニューパルサーSPⅢ」が導入開始。私の地域のいくつかのホールにも導入されました。

前作の5号機「ニューパルサーSP2」については何度か記事にしましたし、ニューパルは私にとっていろいろと思い入れのある台であることも書きました。

日常の稼働日記:「黄門ちゃま喝」&「ニューパルサーSP2」!ノーマル機の連チャンは最高にキモチいい!

「ニューパルサー」シリーズの人気がイマイチなことを憂う。その①~思い出編~

「ニューパルサー」シリーズの人気がイマイチなことを憂う。その②~実戦編~

そのニューパルの最新台。ここのところパチスロコーナーはほとんどシカトしている私であっても、とりあえず打ってみなくては・・・ということで、なじみのホールの新台初日に打ってきました!このホールは複数台導入の新台(今回は3台導入)にはいつも1台くらいは高設定くさい台があったりするので、ちょっとだけ高設定に期待して。負けてもまあ、どんな台なのかを体験できるだけでもいいや。

前作の演出を継承&進化。出玉性能も5号機に引けをとらない

「ニューパルサーSPⅢ」の詳細についてはここでは割愛しますが、

山佐 ニューパルサーSPⅢ 公式ページ

BIGボーナスの獲得枚数は最大259枚と5号機よりは当然少ないものの、設定6の出玉率は108.1%となっていて、5号機と比較しても遜色ない出玉性能になっていますね。

ニューパル28周年だそうで、2月28日はニューパルの日・・になったそうですがそれならその日には設置が始まらなきゃダメだろ・・・というのはさておき、どうやら前作同様に通常時の小役確率にそこそこの設定差(10枚役はフリー打ちで取りこぼしナシ。フラグによってベルを優先したりオレンジを優先して揃えたりと変化する)があるようなので、勝ちたい人にとってはそこも魅力的ですね。

10枚役の合算確率は設定1で1/7.19、設定6だと1/6.69。この程度の差では2000~3000G程度ではなかなか見抜けないですが、高設定が投入される可能性がある状況なら数えるべきですね。しかも前作と違って払い出しは10枚。これはデカい差です。

先述したようにこの日は新台初日、このホールは複数導入の新台なら高設定が投入された実績もたくさんある。愛用のカチカチ君を駆使して10枚役をカウントしながら実戦開始。

まずはFLASHモードでプレイ

前作と同様に、出目演出を楽しむ「NORMAL」、告知演出主体の「FLASH」、ドット演出と出目の絡みを楽しむ「DOT」の3つのモードを搭載。まずはFLASHモードで打ってみます。

このモード、けっこうな頻度でボタン停止時に予告音が発生します。これは前作にはなかったですね。これは小役に対応しているのか?・・・と思ったらそうではなく、第1停止で発生でチャンス、第2でも発生してさらにチャンスアップ、第3停止時にリーチ目が停止すればフラッシュで告知・・・ということらしい。

最初のボーナスは66G目、投資貯メダル92枚でBIG。第2停止まで予告音でカエルがテンパイしたので第3もカエルを狙ったら揃っちゃった。今回はBIGは7でもカエルでも揃うのか。そうすると前作のような、カエル揃いを蹴っ飛ばした出目なのに7BIG!とかいうのはないのね。出目的な深みはちょっと減るのかな。

さらに20Gでバウンドスタートロング発生。これはBIG確定。BIG中は1回だけベルを揃えて(左から押せば狙えば揃う。左はBAR、中右はカエルを目安にするとカンタン。狙わずに打ってもほとんど間違いなく一度はベルが揃うので、ベルが揃ったら次から逆押しにチェンジすればOK)14枚を獲得して残りは逆押しフリー打ちで259枚獲得できます。ベル揃い時に液晶の背景が変化。黄色が通常、緑は高設定示唆、赤は強い高設定示唆、白のまま変化しなければ設定4or6(設定5は存在しない5段階設定)が確定。

↑これは赤変化。

 

次は267Gまでもってかれたものの、すごい勢いでBIGを引いて行きます。しかも10枚役も設定6を上回る勢いでおちる。これはイケるんじゃないの?

すごくいい反応が続き、最初の1000Gまでで10枚役が155回(1/6.45)。BIGが11回!出玉は2000枚弱に!9回目のBIG後、液晶にさりげな~く銅色のトロフィーが出現。これは設定2以上確定。まあ新台初日に1じゃあ困りますしね。

1000まで回してREGが1回。ボーナス確率の設定差はBIGが少なくREGにはそこそこある・・という設計なので、これは不安材料ですが、小役が良好で出玉もついてきているならヤメる理由はゼロ。

 

しかし・・・先述したボタン停止時の予告音はもうちょっと発生頻度を減らしたほうがよかったのでは。バウンドスタートくらいに「発生したら激アツ」くらいにしておけばよかったのに。たしかに第2まで続けば「第3停止はどこを狙ってみようかな」というドキドキを味わえるのはいいけど、あまりに頻度が多くて期待度が低いとそんなドキドキも薄れる。

それに、今回打った限りでは、ボーナスにバウンドスタートや予告音が絡むのが多すぎじゃないのかな、と感じました。いきなりリーチ目でフラッシュで悶絶、っていうのが8割くらいっていうバランスにしてほしかったなあ。

早々に高設定が確定しちゃった!

・・などと考えていると、ついに来ましたハマリ。しかしそれも588Gで済んでREG。

さらにREG、REGときて、その4回目のREG後になんと!金色のトロフィーが出現!設定4or6が確定!

ここに至っても10枚役の勢いがまったく落ちてこないから4くらいはあるんじゃないか、と思っていましたがこれは嬉しい。これで徹底的に粘ることが確定。

できれば6であってほしいなあ~と欲が出てきたところでしたがちょっと停滞。BIG間956GハマってようやくBIG、そして次のBIG後に・・・

なんとなんと、設定6確定の虹トロフィーが出ちゃった。ピキューンとか音が出るわけでもなくひっそりと。前作のプラネット(456確定)は偉そうにゆっくりと音を伴って出てきたのに。あまりにひっそりすぎて見逃すこともあるかも。

あれれ~。使いますか設定6。この時点で1992G、ボーナスは合算で17回、合算確率は1/117.17。10枚役は設定6を上回る317回(1/6.28)。REGが少ないだけで高設定の香りがプンプンだったものの、ほんとに6だとは。

これはもう二度とないであろう好機。この機会にニューパルSP3をたっぷりと堪能したい。体力ギリギリまで頑張る決意をします。

しかしこの後延々とBIGが引けず停滞することに。2500Gほど回してちょっと休憩。その後は「DOT」モードでプレイしてみます。

↑契機役は状況から確認もしくは推測できたもののみ。

DOTモードはちょっと進化!

DOTモードに変更してからもしばらくハマリ。422G目に新演出「壁スクラッチ」で7匹カエルが揃ってREG。

次のボーナスは「右チラ」カエル(リプレイ対応)発生で角チェリーが止まって矛盾でREG。

次がようやくBIGで、下からカエル(ハズレ対応)で角チェリーという矛盾パターン。

今回たまたまかもしれないけど、DOTモードはこういう矛盾で察知する入りパターンが多くなった気がしますね。「壁スクラッチ」(ハズレ含む全役対応)のほかに「左チラカエル」「波紋」も新たに追加されており、それが払い出し小役orボーナス。これら演出発生時に小役否定で2確・・というパターンも多かったです。下からカエルでリプレイ揃いでリプレイ重複、なんてのもあったり。楽しいじゃないか!

↑写ってないけど直前には左からカエルがチラ。期待しないでハサミ打つと小役否定で2確。中リールはどこを止めてどんなリーチ目を出してやろうか!

 

どうやら「波紋」はボーナス期待度が高いらしい。ほかにPUSHボタンを押すor連打するというのも追加されたようですが今回は未確認。

イイね。演出とリール出目の矛盾で入りを察知、っていうのが多いのは大歓迎。演出発生頻度はもう少し減らしてもよかったかな。

そんなことを考えているうちにまたまたBIGがドンドコ引けはじめ、出玉は伸びていきます!

 

よしよし。このまま伸びればひょっとして5000枚に届くんじゃね・・・というところで、あとは「NORMAL」モードでリーチ目をたっぷりと楽しむことにします。

それにしても、ボーナス後のケロットトロフィーはやたらと出現しますね。これは設定6だからなのか、たまたま偏っただけなのか、それとも一度出たら出やすくなるのか。もうしょっちゅうっていうレベルで虹だの金だのが出現。高設定ならけっこう出やすいのなら、他人が打っている台のボーナス後は(あくまでもさりげなくチラっと横目で)ピーピングするのが有効になるか。

やっぱりニューパルはリーチ目で入りを察知したい!そして出玉は・・・

NORMALモード。私はやっぱりこのモードで楽しみたい。

というのは、リーチ目が停止してその画像が網膜に写り脳が入りを理解した瞬間のエクスタシー、それを最もキモチよく感じるためには、やっぱり告知って邪魔なんですよね。静か~にさりげなくリーチ目が停止するのが一番キモチいい。

↑こういうリーチ目はごくまれに落ちてたりします。ヤメるときはPUSHを押してボーナスチェックを忘れずに!

 

NORMALモードはさすがにボーナス時に演出が絡んでくることは少ない。やっぱり私はこれがイイ。

リーチ目をたっぷりと堪能しつつ、6000Gを超えたくらいの時点で出玉は4000枚を余裕でオーバー。そろそろオッサンスロッターの体力も限界に近づいてきて、ここでBIG連してくれれば5000枚超えも・・・といったところでしたが・・・

 

最後の最後にBIG間で1317Gハマリ。そして408GハマってREG。そのREGでケロットがウインクする違和感演出を拝みましたが、違和感演出はビっ確にしてほしかったなあ。

7960Gでついにオッサンの限界がきてヤメ。スランプが下ったところでヤメるのは気分が良くないけど、たっぷりとリーチ目を堪能できたからヨシ。

3,410枚を流して終了。差枚はプラス 3,318枚!

ボーナス後のトロフィーはなんと15回も出現。ボーナスが62回だったから4回に1回は出たということか。こんなに出るもんなの?やはり一度出たら出やすくなるのかな。

10枚役は最初から最後まで設定6の確率くらい、もしくはそれを上回るくらいで推移。ボーナスも設定6を少し上回るくらいのヒキで、スランプもまさに「ザ・高設定」になりました。最後のハマリが惜しい。

 

設定6を打ってしかもちゃんと出たんだから当然といえば当然だけど、楽しめました。

ものすごく出たとしてもただ単に「儲かって嬉しい」っていうだけで「別に面白くもなんともなかった」っていう台もいっぱいありますからね。それを考えると、50をすぎた私が夢中になって1日打ち切れたのはやっぱりニューパルのゲーム性が完成されているから、だと思うんですよね。

FLASHモードの予告音の頻度が多すぎたりとか、BIGが7でもカエルでも揃えられるようになったりとか、ちょっとやめたほうが良かったのでは・・・っていうところもあるにはあったものの、これは悪くないデキじゃないでしょうか。もう設定6にありつけることはおそらくないだろうけど、もし万が一またあれば、また記事にしてみます!

-パチスロ稼働, ふだんの稼働の様子
-, , , , , , , ,

Copyright© パチスロとせどりで認知症の親を養うブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.