「ミリオンゴッド~神々の凱旋~」3周年!天井狙い864台の実戦データ・・・3年目はまさかの大失速!

      2018/09/14

登場から丸3年、いまだに大人気、

高稼働(かどうかはホールによってかなり差がありますが)

を誇るパチスロ「ミリオンゴッド~神々の凱旋~」。

この台の天井狙いではざんざん稼がせてもらいました。

ミリオンゴッド凱旋1周年!天井狙い391台のデータをまとめてみた

天井を狙い続けて2周年!「ミリオンゴッド凱旋」実戦667台のデータをまとめてみた

が・・・3年目は大失速。

天井台が拾えないうえに・・・とにかく引けない

3年目(2017年5月1日~2018年4月13日までで集計)は、

実戦台数は186台。差枚数はたったのプラス 2,407枚。

1台当たりの差枚数はまさかのプラス 12.94枚。

 

拾えなくなって実戦台数が減り、それに伴い収支が伸びなくなるのは当然としても、

その前の2年間は1台当たりプラス 296枚でしたから、

この1年間はいかに引けなかったかがわかります。

狙い目は変えてない(700ゲーム以上ハマリの台)し、

拾えないからって妥協もしてないんですけどね。

SGGは突入回数です。天井到達時の単発率は「天井ループストックが0だったことが明らか」な場合のみカウント。上乗せがあった場合も天井ループが0ならそれも単発としてカウントしているため、実際に単発で終わった回数はもっと少なくなります。

 

いやあ~3年目はとにかく引けなかった。

まあ、それまでが引けすぎだった、ということでしょう。

もしくは、最初は知らないうちに高設定も打てていたのかもしれない。

 

SGGが12連続で単発とか、GOD間ハマリ3万ゲーム越えとか、

つらい展開がけっこうありました。

ずっと確率以上に引け続けていたGOD揃いも、

ユニメモによると本来の確率通りにほぼ落ち着いてきちゃいました

(↓最初の数か月間はユニメモをやってなかったので上記の収支表とは若干異なります)。

ミッション達成率は1年間で1%しか増えず(「デカミリ揃い」をやっただけ)。これ100%完遂した人いるんですかね。

「凱旋の天井狙いは勝てない」という思考に陥る人がいるのも無理はない

3年目はヒドイ成績になりましたが、しかしそれでもマイナスではなく、

700ゲームからの天井狙いで勝てる・・・という認識は

いささかもゆらぎません。

 

が・・・

これまで、「凱旋の天井狙いは勝てない」という人がいるのは

試行回数が足らないか妥協しているからだ・・・と何度か書いたのですが、

今回3年目の収支を見直してみて、

「勝てない」と思い込んでしまう人がいるのも無理はないな、と痛感しました。

 

私のような人間だから(拾えないと言いつつも)1年間で186台も打てていますが、

ふつうの人が天井狙いに徹したらこんなに打てないわけで、

186台も打つのには4年も5年もかかるでしょう。

それだけの時間がかかって、しかも引けずにこの成績・・・となれば、

「勝てない」という気持ちになるのも当然・・・

 

でも、トータルで勝てるのは間違いないので、

勝ちたいならやるしかない。

何度か書いているように、

天井に近い台は高設定台と同じようなものなので、

天井狙いに徹して負けるのはもうしょうがないことです。

パチスロで勝つにはそれしか方法がないのですから。

完全撤去まで追いかける

オイシイ台がなかなか拾えない状況になって久しく、

稼ぐためのメイン機種、という位置づけは

私の中ではすでに終わりつつある・・のですが、

完全撤去までは追いかけ続けるつもりです。

天井のオイシサもさることながら、

その完璧なゲーム性は

どれだけ打っても飽きることはありえません。

よく行くD店などは、20スロの凱旋には誰も座ってないのに

5スロの凱旋は満席とかになっていて、

出玉性能だけでなくゲーム性そのものが支持されていることがよくわかります。

個人的には、GODシリーズはこの台で完成された・・・と思っているので、

よくわかんない続編はやめてほしいと思いますね。

ホールから完全に消えちゃうその日まで、

その素晴らしいゲーム性を堪能しまくるつもりです!

 

2018年9月13日 実戦記事を追加しました→ここ最近大失速中の「ミリオンゴッド~神々の凱旋~」にて久々の胸アツ展開!収支改善のキッカケとなるか?

おすすめ記事:

 - パチ・スロ収支, パチスロ稼働 , , , , , , , , ,