日常の稼働日記:「餃子の王将3 王盛プラス」&「ミリオンゴッド~神々の凱旋~」!

   

5月の収支まとめの記事→2018年5月のパチンコ・パチスロ収支

にて、6月はパチンコは「餃子の王将3 王盛プラス」、

パチスロは「ミリオンゴッド~神々の凱旋~」のリセット狙いが

立ち回りの中心になるかも・・・と書きました。

 

実際そんな感じの日々を送っていまして、

今回はある日の立ち回りの記録を。

といってもブログ映えするような派手なことはなにもありませんが。

ミリオンゴッド凱旋が(大半が)リセットされているホール

5月の収支記事でも書いた、

ミリオンゴッド凱旋がリセット傾向にあったホール。

今月になってもあいかわらずリセットされていて(全部ではない模様なので注意が必要なんですけど)、

現状ではこのホールが店選びの優先順位のトップとなっています。

 

もちろん凱旋がリセットされているというだけではメインのホールにはなりえない。

このホールがメインとなっている理由は、

今年に入ってからその面白さにハマったパチンコ

「CR餃子の王将3 王盛プラス」が

いつも甘めの釘でほったらかしになっているから。

 

まあ甘目といっても役物への飛び込みが1000円当たり30~33個程度、

回転数は1000円当たり2回をちょっと超えるくらい・・・

というくらいで、ものすごく甘いというわけではないけれど、

とにかく面白いし、ほかの客で埋まっちゃうことがあまりないので

凱旋などパチスロのおいしい台が出現したらパチスロへ

→パチスロが終わったら餃子へ戻る、

という立ち回りが可能なので。

そのホールでのある日の稼働内容。

リノと凱旋から攻めるも・・・そうそううまくいかない

昼くらいから行った日。

まずはたま~にリセットされている「リノ」が0ゲームでほったらかしにされていたので

打ってみるも、やっぱりダメ。マイナス47枚。

 

その数日前にはリセット台をつかんでいっきに1000枚くらいいったんですけどね、

ボーナス高確率中(という言い方はほんとうは正確じゃないけど)の

アツさ面白さはほんとに病みつきになりますね。

わが地域では再導入や増台したりするホールがチラホラあるんですけど、

正しい選択だと思います。

↑この揃い方が最も美しい!

 

で、凱旋のシマに行ってみると、本日362G、前日最終が243Gという台が。

ほぼリセットなのでこれはオイシイ。万が一据え置きでもなんとか、というところだし。

 

・・・当たり前のように途中で単発。

まあしかし、いつも言っているように天井は「保険」であって、そこを目指すものではないので、

途中で当たってくれるのは歓迎すべきことです。

 

投資 貯玉 376枚(47枚×8)

回収 255枚

差枚 マイナス 121枚

餃子の王将3の役物への飛び込みが改善!

で、いつも打っている「餃子の王将3 王盛プラス」へ行ってみると、

1000円当たり40個前後が役物へ飛び込む感じに。

役物への飛び込みはけっこう荒れるので、

軽々に「変わった」とは判断できないのですが

明らかにいつもと違う感じ。

どうせ役物にいっぱい入るけど役物の振り分けがキツくなっている(台の傾斜で役物の突破率はかなり変わると思われる)

というパターンなんだろ・・・

と思ってたら、それの判断がつかないうちに当たっちゃった。

投資は貯玉875個、役物への飛び込み150個目、8回転目。

 

いつも「超級」でプレイしていますが、

パトランプでプレイ→GO入賞時(保留点灯)なにも起こらず(コーテルくんの目も光らず)

→当該保留の消化開始と同時にパトランプがちょこっと回り、台枠がレインボーに光る

→当該保留消化終了くらいのタイミングでキュイキュイン!・・・

というはじめて体験するパターン。こんなのあるんだ・・・

 

後告知もある、という話は聞いていたものの、

GO入賞時になんのアクションもなく当たったのは初めて。

こりゃあまだまだ打ち込まなくては・・・。

↑保留で当たったときはこうなるもんだと思ってたら、そんなに底が浅くない。侮れない台ですね。

 

大当り中もエキサイティング

この「王盛プラス」は大当たり後は50回リミットの確変に100%突入。

50回(1回の当たりで上アタッカーと下アタッカーの開放が1回ずつ。それぞれ4個入賞で終わり)の当たりが終わるまで

ヒマ・・・という声もききますが、とんでもない話です。

 

大当り中にオーバー入賞を狙うのはかなり難しいですが、

電サポ中の止め打ちは効果絶大(電チューが開いたら一拍遅らせて2~3発打ち出し)。

スルーの具合や小当たり(餃子揃い)のヒキにもよりますが

今回の実戦ホールでは打ちっぱなしでは5100個~5200個なのに

止め打ちを実施すれば小当たりナシでも5500個くらい。

ほかのホールでは5900個くらいイケるので右はけっこう削られている印象ですが、

1回の当たりで300個は恐ろしい差です。

大当り中ヒマ、とか言わず、止め打ちに精を出すべきです。カンタンだし(ただし、ボーっと打ってると小当たりのときに打ち出しが遅れたりして損することもあるので注意)。

その後、凱旋と餃子を行ったり来たり

餃子の大当りが終わってから凱旋のシマを見に行くと、

今度は本日298G、前日26G前々日108Gその前は不明、で当たりなしの台が空き台に。

これは打つしかない、ということで餃子を即ヤメして移動。

 

・・・こちらもまたまた途中単発。まあ、すぐ当たったからいいけど。

 

投資 持ち玉255枚

回収 218枚

差枚 マイナス 37枚

 

で、さきほどの餃子はまだ誰も座ってない。

役物への飛び込みがよかったのはホンモノなのかどうか

まだ判然としないため、それを確認するためにも打たなくてはならない。

 

するとどうも役物への飛び込みはホンモノらしい。

1000円当たり40回以上の飛び込みをキープしたまま、

1875個(125×15)消費しヘソへの飛び込み334個、おかわり4回を含み22回転目で2回目の大当り。

「上級」モードも面白いじゃないか!

ここでちょっと気分を変えてみようかなと思い、

「上級」でプレイしてみることに。

なんでもないときにBGMが流れているのはちょっとウルサイけれど、

とりあえず1回当たるまでやってみよう・・・・

 

知らなかったんですが、「上級」モードは

図柄変動中に大当りか否かわかっちゃう裏ボタンがあるんですね。

変動中に左ボタンを押すと左にとまる図柄が7セグに表示され、

右ボタンを押すと右にとまる図柄が表示される。

これは完全告知で、矛盾で大当たりとかいう逆転パターンはないらしいです。

 

「上級」モードで打ちたいなら、これは活用しなくてはならないでしょうね。

リーチ演出がやたらと長いので、

それが終わるのを待っているとおそろしい時間のロスになる。

早々にハズレるのを察知できれば、すぐに次を狙って打ち出しを開始できるわけです。

 

この台の場合、大当たり後に打ち出した玉はすべて無駄になりますから、

無駄玉を減らす&時間効率アップのためには原則先告知の「超級」一択・・・なのですが、

この機能を搭載しているおかげで「上級」も打てますね。

 

で、「上級」で打っていると、ボタンを押しても延々と

「12」とか「34」とかばっかり。

100回とかハマるのやだなあ~と思いつつも、

役物へはとにかく飛び込むのでひたすら打ち続けます。

 

すると7625個消化、(おかわり4回含め)68回転目。

変動開始後右ボタンを押すと、

「3」が出現!!!!

 

あれえ・・・さっきまで右は全部偶数だったのに。

これはひょっとして・・・おしっこが漏れそうになりながら左ボタンを押すとそこも「3」。

7セグに「33」が揃って、キュイン!!

 

右ボタンで奇数出現は確定ですかね。

シレ~っと奇数が出現するのはかなり気持ちイイ。

「上級」も面白いじゃないか!!

ボタンを押すと当たりかハズレかわかっちゃうなんてつまんねえだろ、

という人もいるかもしれませんが、

くだらん煽りと期待薄のリーチ演出をしょっちゅう見せられるのにウンザリ

している人には、これは最高の機能でしょう。

やはりパチンコには余計な演出は必要ない、とよくわかります。

 

ここで凱旋のシマに目をやると、

795回ハマっている台が空き台に。

う~ん、餃子がいい調整であるのは間違いなさそうだし、

ここで凱旋に移動して餃子が埋まっちゃったら嫌だな・・・

とも思いましたが、それならそれで今日はヤメでもいいかな、

ということで凱旋へ移動。

 

・・・またまた速攻で当たり単発。

しかし単発終了後が神殿ステージ。

これで引っ張られて当たらず終わり・・・というのが

凱旋を打っていて最も嫌なパターン・・・

でも今回は運よく当たってくれて、

そのGG中に黄7が5連で1セット上乗せ。

都合3回のGGで698枚。

凱旋の天井狙いを3回もやって現金投資なしで済み、

まあよかったんじゃないでしょうか。

 

投資 持ち玉218枚

回収 698枚

差枚数 プラス 480枚

 

で、餃子のほうは・・・誰も座ってない。

あれほど面白い台がよく回る釘で放置されてるのに誰も座らないとは・・・

もうちょっと頑張ってみるか、ということで餃子に戻ります。

すると625個消費、おかわり4回を含め10回転目で当たり。

今度はいつもの「超級」のバットが快音を響かせてくれました!

 

その大当たり終了にて即ヤメ。

時間はまだありましたがこの台は

光がまぶしくて体力的にキツイ。

 

結局餃子の王将3はこの日、

 

投資 貯玉875個

回収 12442個

差玉 プラス11567個

 

となりました。

 

それにしても・・・面白いなあ。

天龍インフィニティと並び、まさにパチンコの醍醐味を堪能できる台。

光が目にやさしければ毎日打ち倒すのに。

 

というわけで、

この日のトータル収支は

 

パチスロ プラス 275枚

パチンコ プラス 11567個

で、金額にするとプラス 47,381円となりました。

 

まあ、この日の餃子はデキすぎでしたね。

ほかにも長時間粘った日はあるんですけど、

100回ハマりは当たり前のように喰らいます。

確率的には100回ハマりは珍しくもなんともないけれど、

この台の場合はそれだけ回すのに非常に時間がかかるので、

ハマっているときの「クソハマリ」感はけっこうキツイ。

・・・でも、面白いから明日も打ちます!

おすすめ記事:

 - パチンコ稼働, ふだんの稼働の様子 , , , , , , , , , ,