日馬富士事件:失言横綱・白鵬が目撃証言を。いろいろ大丈夫か?

      2017/11/23

大騒動に発展している日馬富士の暴行事件。

相撲協会のみならず、大相撲という世界がかかえる暗部が

えぐり出されまくりそうな様相をみせていて興味深いので、

また記事にしてみます。

前の記事→相撲協会は日馬富士を解雇せよ

白鵬がまた軽々しく重大な発言。ほんとに口が軽いやつだな!

いろんな人がいろんなことを言っていて、

現時点ではなにが真実なのか全然わからないですが、

その場にいたモンゴル人力士の証言は

基本的に日馬富士を擁護するでしょうから

そんな証言はまったくアテにならない。

集団リンチ事件でその場にいた犯人側の仲間に証言をもとめるようなものです。

 

で、横綱白鵬がその場にいたことを認め、

日馬富士が暴行をしたことも認めた。

でも、「ビール瓶で殴ってません。瓶をつかんだけど滑り落ちた」

と発言したらしい。

 

・・・これから警察が捜査するという段階で

こういうことを言ってしまうところが、

これまで

「(不服な判定に)子どもでもわかる相撲」

「(八百長は)ない、としか言えない」

など、数々の軽はずみ発言を繰り返してきた

白鵬の白鵬たるところでしょう。

だから、相撲取りは相撲以外のことをベラベラしゃべるな、というのです。

 

素手で殴ったかビール瓶で殴ったか、なんてのは

警察や医者が本気で調べればいくらでもわかることであり、

この証言がウソだと判明したらどうする気ですかね。

「私の見間違いでした」でごまかすつもりか。

 

結局は、同胞である日馬富士の罪を小さくしよう小さくしよう

という意図がミエミエであり、これがほんとうかどうかは

ものすごく疑わしい。殺人事件の加害者が罪を軽くしたいばかりに

「殺すつもりはなかった」

「計画はしてなくて衝動的にやった」

「相手が失礼なことを言って怒らせた」

と弁解するのと同じですね。

身内の証言など信用できないのは当たり前で、

やはり警察がその場にいた人間全員から話をきかなければならないでしょう。

 

今の段階で「私はみた。ビール瓶で殴ってない」とか言っちゃって、

日馬富士が警察から事情を訊かれ、

他の人との証言の違いなどの矛盾を突かれ

「ビール瓶で殴りました」

とか白状しちゃったらどうするんでしょう。

その場合は、白鵬はじめモンゴル人力士たちが

口裏を合わせて『そんなにヒドイことはしてない』という流れに

持っていこうとしたんじゃないのか、と

疑われる事態となるのでは。

 

若い力士やその居酒屋の店員があとで

「白鵬関と日馬富士関に

『余計なこと言うなよ。ただのケンカだ。ビール瓶なんか使ってない、ということしておけ。』

と脅されました」

、とか言い始めたら面白いし

さらにヤバいことになりそうですが、

第三者である居酒屋の店員はなんと証言しているんでしょうか。

「貴ノ岩のほうも悪かった」ことにして日馬富士の罪を軽くしようとするな

暴行直前に、貴ノ岩のほうが日馬富士に対して失礼な態度をとったとか、

「もうあなたたちの時代ではない」と言ったとか、

貴ノ岩にも非があり日馬富士だけを悪く言うのは間違い・・

みたいにもっていこうとする言説が多く出ていますね。

 

まったく想像の域ですけど、

貴乃花親方の指導のもとでガチ相撲をやっている貴ノ岩からみれば、

星を回しあいながら優勝や地位や収入を得ている

力士たちはまさに唾棄すべき存在だったんじゃないか、と想像できます。

それが態度に出て、「あいつ生意気だ」となったんじゃないか。

師匠である貴乃花親方も現役時代、あまりにもストイックな相撲への姿勢が嫌われて

(巡業でもガチだった、という話もある)相当にイジメられたらしいし、

それと似たような状況なのではないか。

 

それにしても、仮に失礼な態度があったところで

それがどうした、という話じゃないですか?

 

高校や大学の野球部とかで後輩に暴力をふるったとかの事件で、

加害者の先輩が「あいつが生意気だったからだ」という言い訳をして、

それで罪が軽減されますかね。

それじゃあやむをえない、となりますか?

 

平幕が横綱にそんな態度をとったら暴行されてもしょうがない、

なんて、それこそ横綱横綱いうけれど何様のつもりだよ・・・という話では。

横綱なんていったところで

たかだか日本相撲協会という小さな組織が「いちばんつよい」と認定した、

ただ相撲が強いだけの世間知らずの若者、というだけじゃないか。

チヤホヤされるのは、横綱と近くなっておけば得をする、とみんな思っているからであって、

自分自身がエライからじゃあない・・・ということを、

もうすぐ日馬富士も思い知ることになるでしょう。

 

そこまで言わずとも、横綱本人に

「横綱なんていったところで俺もまだまだ未熟者」

という謙虚な心がないから

「横綱である俺に向かって・・・」

という気持ちになって暴れちゃったりするわけでしょう。

 

もちろん、事の経緯は究明されるべきで、

貴ノ岩が日馬富士を挑発したとかいうことが

あるんならわかりませんが、

「貴ノ岩も悪い」という方向に話をもっていくことで

日馬富士の罪を軽くしようとする動きは

みていてなんか気持ち悪い。

学校のイジメについて「イジメられるほうにも原因がある」

とかぬかす奴と同じレベルの愚かしさを感じずにはいられません。

問題を貴乃花親方にすりかえようとする意図は

で、被害者の貴ノ岩の師匠である貴乃花親方の行動が

いろいろ憶測を呼んだりしていますね。

なんで協会に報告しなかったんだ、とか、

診断書によれば実はそんなに大怪我じゃないのになぜ休場なのか、とか。

 

ここらへんにも陰謀のニオイがプンプンしますね。

「内容が異なる診断書が2つあるのはなんで?」

とかマスコミはいかにもおかしいことのように書いてますが、

頭のケガというのは日にちが経つにつれて症状が変わってくるもので、

診断した日付が違えば内容が異なるのは当たり前なのに。

 

貴ノ岩は翌日ピンピンしていた・・・なんてのも、

頭のケガは数日後、数週間後、数か月後が怖い、ということを

知っていればそんなことが問題にされるはずもないのですが、

なぜかこいうことが「謎」として報道されちゃってる。

 

なんというか、相撲協会はこの機会に

うざったい貴乃花親方を徹底的に失脚させたいので、

「貴乃花親方がおかしい」という情報をマスコミにリークしているんじゃないか

という気しかしません。

 

貴乃花親方の真意ははかりかねますが、

まあつまり協会は信用できないから

いちおう第三者である警察をいれて、

日馬富士(もしくは伊勢ケ浜親方)とサシで

白黒はっきりさせようとしただけでは。

どっちにしろ、貴乃花親方がどうだろうと

日馬富士の罪は変わらないし、

手塩にかけて育てた弟子をブッ壊されそうになったとなれば

なんだかよくわかんない行動をとるほど激怒するのは当たり前。

とにかく警察はきちんと捜査していただきたい。

 

それから、協会の「危機管理委員会」と称するなんだかよくわかんない組織?が

調査をしているようですが、

しょせん身内(というか、協会の意図に左右されるのは間違いない)

なので、これも信用できませんね。

委員長は元検事ですが、法律家なんてのは雇い主の望むような結果を導き出すために

仕事をするんであって、この委員会が公正な調査結果を目指すとはとても思えません。

協会や日馬富士に都合良く、貴乃花親方や貴ノ岩には都合が悪い

情報をリークしまくるでしょう。

余計なことせずに警察にまかせておくべき。

(11/19追記:「相撲協会が日馬富士から聴取」という報道がありました。しかし、身内(の依頼を受けた法律家)が加害者を聴取したところでなんの意味もない。容疑者の親が「息子はこう言っています」って言ったってそんなもの誰が信用するか。日馬富士と協会に都合のいい話しか出てこないに決まってるんだから、警察にすべてまかせておくべき。そうしないと、ますます世間の協会への不信は深まることになるでしょう。そうなるのがみえていたから、貴乃花親方は協会抜きでやろうとしていたんじゃないのか)

 

今後どんな動きになるか注目したいです。

続き→日馬富士事件:貴乃花親方批判の気持ち悪さが凄い

おすすめ記事:

 - 大相撲 , ,